ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 ジョアン・ドリア・サンパウロ市市長が13日、大統領選出馬の噂が強くなっているエンリケ・メイレレス財相をけん制する発言を行った。ドリア氏曰く、「メイレレス氏は国の経済を向上させることだけに集中してほしい」とのこと。だが、これは明らかに、自身が大統領選に出馬した際に強力なライバルとなりうる同財相を意識したものだ。メイレレス氏は低迷する一方だった景気を快方に向かわせた手腕を評価する声がある上、政界以外の金融業界出身ということで、政界に不信感の強い国民が安心する要素もある。企業家出身のフレッシュさが買われているドリア氏には目の上のたんこぶと言ったところか。
     ◎
 民主運動党(PMDB)は13日、長きにわたってテメル大統領最大の側近として知られていたジェデル・ヴィエイラ・リマ氏を60日間の党員免職処分を下した。やはり、先週、同氏に関係のあるアパートで見つかり、世間に衝撃を与えたあの札束の山は、国民にわかりやすく不正を物語っていたため、党に対する世間のイメージを大きく落としてしまったか。ただ、この件があっても完全に除籍にならないところは、そうすることによって罪悪感を覚える政治家がいるためか。
     ◎
 サッカーのリベルタドーレス杯準々決勝第1試合が13日に行われ、ブラジル勢同士のグレミオ対ボタフォゴは0対0の引き分け。サントスは敵地エクアドルでの対バルセロナ・グアヤキル戦に1対1で引き分け。第2試合は共に20日に行われるが、サントスが勝てば、準決勝はブラジル勢同士になる。がんばってほしいところだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2018年7月18日 東西南北  テメル大統領と上下両院議長がいずれも職務で国外に出たため、カルメン・ルシア最高裁長官が17、18日に大統領代行を務める。同長官の大統領職代行は3度目だ。一部の国民は、カルメン氏が最高裁長官としての業務を遂行できない間の代行が予想されるトフォリ副長官が、逮捕中のルーラ元大統領を […]
  • 東西南北2018年5月24日 東西南北  本日報じたように、出馬を諦め、後継大統領候補としてメイレレス前財相に期待したテメル大統領。本来ならトップ・ニュースのはずだが、事前から噂が立っていたことも手伝い、報道の扱いは小さいものに。それよりも、トラック業界の起こしたデモによる混乱の方が、報道陣も国民も関心が高いという結 […]
  • 東西南北2018年3月24日 東西南北  22日の最高裁がルーラ元大統領に対し、4月4日までは逮捕されない事を保証する暫定令を出した際、「本人のせいではない裁判の遅れで元大統領が束縛されるべきではない」と言った判事が居たとか。第4地域裁での2審で有罪とされた被告は皆、2審後の刑執行との原則に従っているのに、期間限定と […]
  • 東西南北2018年3月20日 東西南北  18日付エスタード紙によると、テメル大統領は10月の大統領選に再選を目指して出馬することをほのめかしたとか。最終決定は6月だが、ここまで進めてきた自分の政治を継続して行いたいということか。もっとも、支持率が10%に満たない状態では、キャンペーン中の選挙放送の時間が豊富にあると […]
  • ブラジル社会面座談会=ざっくばらんに行こう!=大統領選挙の勝敗を占う=独断と偏見でズバリ!勝者はだれか=サッカーW杯との深い関係?2017年12月29日 ブラジル社会面座談会=ざっくばらんに行こう!=大統領選挙の勝敗を占う=独断と偏見でズバリ!勝者はだれか=サッカーW杯との深い関係?  2018年は大統領選挙の年――。独断と偏見による激論で、ブラジル社会翻訳面記者と編集長が紙上座談会でズバリ勝敗を占った。ラヴァ・ジャット作戦が進展する中で、2015年末にはジウマ大統領の罷免審議がエドゥアルド・クーニャ下院議長(当時)によって始められ、2016年8月には罷免が […]