ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 コチア青年連絡協議会(前田進会長)が7月に発行した『コチア青年会報』第43号には「わが故郷ブラガンサ・パウリスタ」(永松通一みちかず)という名文が載っている。1964年着の著者は最初の4年間をここでバタタ作りをしながら過ごした。50キロの痩せっぽちだった体格が農作業でみるみる逞しくなり、たった半年で65キロに。60キロの芋袋をどんどんトラックに積める様になった。義務農年を終え、出聖してコチア組合の倉庫でバタタ売りに転じた。「インフレがひどくなり、農業は全く儲からなくなった。バタテイロを続けずにサンパウロで商売を始めてよかったと思う。パトロンの山本さんの家も55年前に着いた時と同じように有って、未亡人と息子が住んでいる」。そして最後が文学的だ。「ブラガンサの山々はいつも青く、空は大きく、正にそこは故郷である」と締めくくる。聖市に住むがゆえにブラガンサが「故郷は遠きにありて思うもの」となっている。

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2019年4月3日 大耳小耳  1938年に創刊した短歌誌『椰子樹』(椰子樹社、多田邦治代表)の第380号が3月に刊行された。イビウナの瀬尾正弘さんの「元祖となりぬ」10作の先頭には《それぞれに大望いだき移住せしコチア青年二千五百人》。たしかに子孫からすれば、一世は全員元祖だ。《移民老い縦書読者消え失せてつ […]
  • 大耳小耳2017年2月9日 大耳小耳  コチア青年『会報』第37号が1月に発行された。「二世夫人から見たコチア青年」と言うコーナーを見ていたら《結婚前は「新婚旅行はリオに行こうネ」と話していましたが、結婚式のあくる日から畑が忙しく、バーゼンの収穫です。今でも口にすると「お前は日本に何回といったろう」と言います。私は […]
  • 大耳小耳2018年1月10日 大耳小耳  「コチア青年会報」第40号が手元に届いたので見ていたら、移民110周年記念事業として米州開発銀行から支援を受けて、「コチア青年環境保全教育センター」を建設する計画があると書かれていた。どうやら国士舘スポーツセンターの青年の広場に「集会場」を建設する案が、「林間学校」に拡大し、 […]
  • 大耳小耳2016年10月12日 大耳小耳  先日の日曜日、リベルダーデ広場のフェイラ内で中国の伝統音楽のようなものが聞こえ、黄色いTシャツを着た中国の宗教「法輪功」が列になって現れた。宣伝を兼ね、自国で信者が受ける迫害への抗議活動らしい。弾幕を掲げビラを配りつつ練り歩く光景は人目を引く。不思議そうに見る周囲の人々は、差 […]
  • 大耳小耳2016年11月5日 大耳小耳  コチア青年の古希・喜寿・傘寿合同祝賀会では、記念品としてお盆やすし桶が該当者に贈られた。前田会長によると、7~8年前は湯飲みや花瓶だったそう。「安っぽいしねえ。すし桶とお盆に変えたら反応も良かった」と笑った。普段使いできるものも良いが、「そこでしか貰えない物」も良い。島根県人 […]