ホーム | 2018 | 6月 (ページ 20)

6月 2018の記事一覧

「すごく美味しくなった」=広島式お好み焼き大盛況

青年部員が流れ作業で次から次に作ったが、30人以上の列が出来た

 ブラジル広島文化センター(平崎靖之会長)は『第3回お好み焼き祭り』を6月10日午前11時から同センターで開催し、午後3時までに約500枚が売れた。  前日からキャベツやネギを切って仕込み、当日も青年部員ら20人が元気な掛け声を上げながら焼いていた。1枚27レアルだが飛ぶように売れ、流れ作業で次々に作ったが、正午には30人以上の ...

続きを読む »

サントアンドレの功労者を表彰=20日、市議会で移民記念式典

(右から)来社した喜納会長と宮岡副会長

 聖州サントアンドレ市議会が『日本移民とその子孫の日』の記念式典を、20日午後7時から同市議会(Praca IV Centenario, 2, Centro)で開催する。  長年サントアンドレ日系連合会の会長を務めた宮岡康雄さんと同連合会傘下団体のウチンガ日本人会会長を務めた大城マリオさんが表彰される。  案内のため来社した同連 ...

続きを読む »

6月の青葉祭り=はらこ飯にひじき飯も

 リベルダーデ区の宮城県人会は、青葉祭り(青葉健康生活協会)を16日午前7時から、同会館(Rua Fagundes, 152)で開催する。  農業婦人部ADESCの農産加工食品、各種バザーのほか、イビウーナ、カッポン・ボニート市などの有機野菜や薬草のナメカタ、兵庫県産のりなども販売される。  昼食時には3階のテラスでイカ焼き定食 ...

続きを読む »

大耳小耳

 日本人のジャーナリスト、Willie Whopperさん(ペンネーム)による「日本におけるブラジル音楽の歴史、1938年から2018年」と題された講演が、19日午後7時半から「SECS Centro de Pesquisa e Formação」(Rua Dr. Plínio Barreto, 285 – 4º a ...

続きを読む »

第59回海外日系人大会の宣言=世界各地の日系レガシーを共有し、日系の連携を深め広げます

パネル・ディスカッションの様子

 私たち、第59回海外日系人大会(2018年6月6日開催)に世界各地からハワイに参集した日系人は、『世界の日系レガシーを未来の礎に-ハワイ元年者150年を祝って―』を総合テーマに討議し、以下の6項目からなる決議を本大会の成果として宣言いたします。 《1》【日系レガシー】正直、勤勉、協調、感謝の心(おかげさまで)――私たち海外日系 ...

続きを読む »

《ブラジル》4月の小売業は3月比で微増=事務用品、燃料が牽引

 ブラジル地理統計院(IBGE)は13日、4月の国内月次商業調査の結果を発表。それによると、4月のブラジル国内の小売業の総売上は3月比1%増で、3月に記録した前月比1・1%増に続く伸び幅となった。  今年4月の小売業の売上は、昨年4月と比べても0・6%増え、2月から4月までの3カ月間の累積では0・7%増となった。今年に入ってから ...

続きを読む »

《ブラジル》W杯の経済効果は203億レアル?=6千万人が関連商品やサービス利用

 クレジット保護サービス(SPCブラジル)と全国商店主連合(CNDL)が全国の州都と首都で行った調査によると、ブラジル国内では6千万人がワールドカップ(W杯)関連商品を購入したり、サービスを利用したりすると見られ、その経済効果は203億レアルに上る見込みである事が判明した。  18歳以上を対象としたアンケート調査に応じた回答者1 ...

続きを読む »

《ブラジル》最高裁小法廷=マッジ農相の嫌疑を地裁送りに=「裁かれるのは最高裁でだけ」の法的特権の適用条件狭める

小法廷で報告官を務めたルイス・フクス判事(Fabio Rodrigues Pozzebom/Agencia Brasil)

小法廷で報告官を務めたルイス・フクス判事(Fabio Rodrigues Pozzebom/Agencia Brasil)  連邦最高裁判所(STF)第1小法廷は12日、「要職者はSTFでのみ裁かれる」との法的特権(foro privilegiado・FP)の適用条件の幅を狭め、現職大臣たちも「任期中に犯した、職責と関わりのある ...

続きを読む »

サンパウロ州で再び水危機到来?=カンタレイラの水位低下=全水系で先回水準下回る

 サンパウロ州の水がめであるカンタレイラ水系始め、主要5水系の水位が2014/15年の水危機前を下回っており、新たな水危機に陥らないためには水源確保や節水などの努力が必要と13日付現地紙が報じた。  12日現在で比べた場合、カンタレイラ水系の貯水量は45・7%で、水危機前の13年同日の58・9%を13・2%ポイント下回っている。 ...

続きを読む »

W杯開幕=盛り上がりに欠くブラジル国内=セレソンは有力な優勝候補だが

活躍の期待されるネイマール(Lucas Figueiredo/CBF)

 本日14日より、サッカーW杯のロシア大会が開催される。ブラジル代表(セレソン)は有力な優勝候補だが、ブラジル国内の盛り上がりは今一つと、12、13日付伯字各紙、サイトが報じている。  今年のW杯は、自国開催だった14年以上に盛り上がりに欠け、国内のスポーツ関係の店ではグッズが大量に売れ残る状況が続いている。  それを裏付けるの ...

続きを読む »