2018年8月16日の記事一覧

《ブラジル》流れ弾受け、妊婦が死亡=緊急手術で生まれた子供も重体

 エスピリトサント州州都ヴィトリアで14日午後、自宅でテレビを見ていた妊婦が、流れ弾を頭に受け、病院に運ばれたが死亡。緊急手術で生まれた子供も重体だ。  妊娠7カ月のパメラ・ソアレスさん(23)は、事件当時、自宅でテレビを見ていたが、銃声が聞こえたため、そばにいた甥を守ろうとして、彼を床に押し倒したものの、自分自身が頭部に被弾し ...

続きを読む »

《ブラジル》パイプカット手術実施件数が増加中=家族計画への意識の高まりと、不況も影響か?

 2011年から2017年までの6年間で、ブラジルでは、精管結紮切除術(パイプカット)の年間実施件数が4万700件から5万8千件へと、42・5%も増加した。その背景には経済的理由があるとされている。  この現象は、公立病院でも私立病院でも変わらない。ブラジル国民が無料で治療を受けられる統一医療保健システム(SUS)では、実施件数 ...

続きを読む »

《ブラジル》ボウソナロ氏が当選後の政策大綱を発表=4省を統合して新経済省に=ペトロブラスは民営化とも=不安視される社会保障は?

ボウソナロ氏(Miguel Ângelo/CNI)

ボウソナロ氏(Miguel Ângelo/CNI)  大統領選で高い支持率を記録しているジャイール・ボウソナロ氏(社会自由党・PSL)が14日、自身が政権をとった場合の政策大綱(ガイドライン)を発表。経済関係の4省を統合し、ペトロブラスなどの公社は民営化し、最低所得を保障するための社会福祉政策は維持するなどとした。15日付現地紙 ...

続きを読む »

《ブラジル労働市場》時短契約の件数が伸びる=改正労働法の影響強く=損をするのは労働者だけ?

昨年の労働法改正で、ブラジルの労働市場は大きな影響を受けた。(参考画像・Alan Whithe / Fotos Publicas)

昨年の労働法改正で、ブラジルの労働市場は大きな影響を受けた。(参考画像・Alan Whithe / Fotos Publicas)  昨年11月に改正労働法が発効して以来、新たに労働者を雇い入れた職種の4分の1は、「インテルミテンテ」と呼ばれる、短時間、または少ない日数での雇用形態を用いている事がブラジル労働省のまとめで分ったと ...

続きを読む »

パラグアイ=ベニテス新大統領が就任=テメル大統領も式典に出席

就任式で演説するベニテス新大統領(右端)と南米諸国の首脳達(Cesar Itiberê/PR)

 15日、パラグアイでマリオ・アブド・ベニテス新大統領の就任式が行われ、ブラジルからもテメル大統領が出席したと同日付ブラジル国内紙サイトが報じた。  ベニテス大統領は4月の選挙で当選したが、得票率は46・49%で、42・73%を獲得したエフライン・アレグレ氏との得票差は僅か9万5千票余りだった。  これもあり、就任式挨拶では、「 ...

続きを読む »

ユニセフ=「ブラジル人の子供の6割が貧困に苦しむ」と発表=金銭面だけでなく人権侵害も

泥の中、裸足で遊ぶ子供(参考画像・Valter Campanato / Agencia Brasil)

 国連児童基金(ユニセフ)が14日に発表した研究結果によると、ブラジル人の子供、青少年の60%は経済的貧困または人権を侵害されている意味においての「貧困状態」にあることが分った。15日付現地紙が報じている。  ユニセフは、家庭の収入だけでなく、情報へのアクセス環境、教育、幼児・児童労働からの保護の有無、住居や衛生環境なども調査し ...

続きを読む »

《ブラジル》最高裁第2小法廷がPP党首の告発を棄却=またも政治家に甘い裁定

 最高裁第2小法廷は14日、進歩党(PP)党首のシロ・ノゲイラ上議の収賄容疑に関し、同裁でのラヴァ・ジャット作戦報告官のエジソン・ファキン判事の意向に反し、「証拠不十分」として告発を取り下げる判断を行った。15日付現地紙が報じている。 ※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 → ログイン.  会員登録はお済みですか? ...

続きを読む »

東西南北

 14日、イタリアのジェノヴァで橋が落ち、15日までに39人が死亡した事故は世界的に報じられた。ブラジル紙でもショッキングな写真つきで伝えられたが、その橋を建設した企業は、ブラジルの高速道建設にも関与しているという。その企業はイタリアのアトランティア社会で、ブラジル企業のベルチンと「ABコンセッソンエス」というコンソーシオを組み ...

続きを読む »

いよいよ、選挙運動が開始!=一体どうなる?大統領選挙=誰が〃未来の大国〃のトップに=聖市在住=駒形秀雄

 この国のこれからの命運を決めかねない総選挙、中でも大統領選挙は重要です。その公式の選挙運動が今日16日から始まります。  立候補届け出は15日に締め切られ、「我こそは」というツワモノが、正・副13組参加となりました。今日から正式に選挙文書の配布や街頭宣伝も許可されるので、街中も騒がしくなることでしょう。  この〃未来の大国〃の ...

続きを読む »

クリチーバを環境都市に=パラナ州元局長の中村矗さん=豊かな市民生活に大貢献

中村さんと「針金オペラ座」

 多数の公園を配置して環境に配慮するなど優れた計画都市として国連でも称賛されたパラナ州都クリチーバ市。その発展に大きく貢献したのが1970年に渡伯し、市環境局長を務めた中村矗(ひとし)さん(73、兵庫県)だ。後にパラナ州環境局長になるなど、戦後移民でありながら目まぐるしくブラジル社会で活躍した中村さん。その経歴やブラジル社会にお ...

続きを読む »