2018年9月27日の記事一覧

イベント情報

EXPOSIÇÃO   BIENAL DA CERÂMICA Onde: Centro Cultural Olido (Av São João 473, 1 andar, Centro, São Paulo/SP) Dia 29/09 das 15h às 19h Coquetel de Abertura. Até 0 ...

続きを読む »

《ブラジル》ボウソナロ氏=外務省に前妻の保護申請記録=「殺すと脅されている」=現在は既に示談成立も=29日には大規模抗議運動

25日付フォーリャ紙より

25日付フォーリャ紙より  極右大統領候補のジャイール・ボウソナロ氏(社会自由党・PSL)の前妻が、「(同氏から)殺されるのを恐れてノルウェーに逃げている。かくまってほしい」と要請した記録が外務省にあり、当時の在ノルウェー伯国大使館担当者がその電報を打ったことを認めていたことが25日に判明した。29日には全国で、同氏に対する女性 ...

続きを読む »

《ブラジル》連警がラヴァ・ジャット55弾を敢行=前パラナ州知事の弟ら逮捕=国道の事業巡る不正疑惑で

 連邦警察が26日、パラナ、サンタカタリーナ、リオ、サンパウロの4州で、ラヴァ・ジャット第55弾の「第2統合作戦」敢行と同日付現地紙サイトが報じた。  同作戦は、パラナ州内を走る連邦道で「統合環状線」と呼ばれる高速道の運営などに携わるコンソーシアム六つを巡る不正を告発している。 ※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 ...

続きを読む »

《ブラジル》テメル大統領=3件目の起訴を免れる=ドッジ検察庁長官が発表

26日のテメル大統領(Rogério Melo/PR)

26日のテメル大統領(Rogério Melo/PR)  連邦検察庁のラケル・ドッジ長官は25日、民主運動(MDB)に関する組織的汚職容疑へのテメル大統領の関与についての捜査を打ち切ると発表した。25日付現地紙が報じている。  この捜査は、大手建設会社のオデブレヒト幹部が、ラヴァ・ジャット作戦の報奨付証言で語った内容に基づいてい ...

続きを読む »

ベネズエラ=「倒そうと思えばすぐ」=トランプ大統領が語る

 米国のトランプ大統領は25日、国連総会の席で、ベネズエラ政府に関して、「軍事的に政権を倒そうとすれば、すぐに倒せる」との発言を行った。26日付現地紙が報じている。  同大統領は、ベネズエラのニコラス・マドゥーロ大統領の独裁政治に関し、「あの国はすごく弱体化しているから、軍事的に倒そうと思えば早く倒せる」と発言した。 ※このコン ...

続きを読む »

Faap構内に侵入者=教室に軍政支持の落書き

 サンパウロ市のアルマンド・アルバレス・ペンテアード大学(財団、Faap)で、何者かが構内に侵入し、教室内に軍政支持などの落書きを行ったと26日付現地紙サイトが報じた。  落書きがされていたのはコミュニケーション関係の講義が行われる教室で、黒板や壁に軍政や人種差別を支持する内容の落書きがなされた。  この教室には同性愛者や両性愛 ...

続きを読む »

東西南北

 このところ、ネット上では、ジャイール・ボウソナロ氏に対するアンチ運動「エレ・ノン」が活発化しているが、それに対するボウソナロ氏支持者の暴力的行為もエスカレートしている。24日には、フェイスブックで「ボウソナロ氏に反対する女性の会」を管理しているマリア・トゥカ・サンチアゴさんが、銃を持って武装した男性3人に襲撃された。また、人気 ...

続きを読む »

「こどものその」が還暦祝う=60周年祝賀会に約400人=日本からも祝いに駆けつけ

園生と一緒にケーキカット

 社会福祉法人「こどものその」(頃末アンドレ理事長)が1958年9月1日の同園の発足から60周年を迎え、先亡者追悼法要と創立60周年祝賀会を同施設で行った。日本から出席した学校法人大乗淑徳学園理事長、浄土宗大巌寺住職の長谷川匡俊師、淑徳大学総合福祉学部の米村美奈教授、社会福祉法人マハヤナ学園理事長の菊地悦子さんのほか、園生約70 ...

続きを読む »

勝ち負け巡るそれぞれの思い=二分したアサイ移住地=(4)=谷田氏、勝ち組系日語学校設立

熊田さんは時折強い口調で話した

 兄の破談から10年後、結婚するはずだった相手の母親から謝罪を受けた。その一家は日本に行って敗戦を知った。アメリカに占領されている沖縄を見て、家長は泣き崩れたという。そのときすでに熊田さんの兄は別の女性と結婚していた。  熊田さんは「勝ち組とは、話にならないことを本気にした連中のことだ」と言い放つ。ただ、記者が「勝ち組の心情を理 ...

続きを読む »

■ひとマチ点描■『ガイジン2』のばっちゃんが90歳

家族と共に誕生日祝う小野あやさん

 『Gaijin―Ama‐me como Sou』のチトエ役を演じた小野あやさん(山形県米沢市)が8月19日に90歳を迎え、家族や友人と元気に祝った。  小野さんは1928年8月14日、5人兄弟の末っ子として生まれ、1930年に家族と渡伯した。聖州カフェランジア市に入植後パラナ州サバウジア市に移り、現在はロンドリーナ市に住んでい ...

続きを読む »