2018年9月28日の記事一覧

息子を守ろうとした父死亡=家族の面前で強盗に撃たれる

事件について報じたG1サイトの記事の一部

 26日夜、リオ市北部のリオ・コンプリード区で、強盗に銃を突きつけられた10歳の息子を助けようとした調理師のフランシスコ・ヴィラマル・ペレスさんが、家族の面前で射殺される事件が起きた。  妻のコンセイソン・ヴェラス・ドス・サントスさんによると、ペレスさんの息子が近所の店先で携帯電話のゲームを楽しんでいたところ、強盗が来て、頭に銃 ...

続きを読む »

《ブラジル》最高裁=選挙人登録抹消者の投票認めず=全国で340万人相当=大半が貧しい地域に集中=ハダジにはやや不利な展開

バローゾ判事(Fellipe Sampaio/SCO/STF)

バローゾ判事(Fellipe Sampaio/SCO/STF)  26日、最高裁大法廷で、選挙人登録の更新を怠った有権者340万人の今年の選挙での投票権に関する審理が行われ、判事投票7対2で認めないことが決まった。選挙人登録が抹消された有権者は全有権者の2・4%ではあるが、ブラジル北東部に多く、同地域に強いフェルナンド・ハダジ氏 ...

続きを読む »

ブラジルとベネズエラの外相が会談=昨年末の大使追放事件後初=国連総会の合間を縫って 

国内外の反対を押し切って行った制憲議会の議員選挙の成功を祝うマドゥーロ大統領(2017/07/30、Governo da Venezuela)

国内外の反対を押し切って行った制憲議会の議員選挙の成功を祝うマドゥーロ大統領(2017/07/30、Governo da Venezuela)  ベネズエラが昨年12月に、カラカス駐在だったブラジルのルイ・ペレイラ大使の国外追放を発表して以来、初となる両国外相会談が27日に米国で開かれる事になったと27日付ブラジルのニュースサイ ...

続きを読む »

《リオ州知事選》ガロチーニョが出馬失格に=支持率2位もFL適用により

 27日、高等選挙裁判所(TSE)が、リオ州知事選に出馬している元同州知事のアントニー・ガロチーニョ氏(進歩共和党・PRP)に対し、満場一致で出馬登録を差し止めた。同日付現地サイトが報じている。  ガロチーニョ氏は、妻のロジーニャ氏がリオ州知事だった2005~6年に州局長をつとめていたが、その際に保健局の公金2億3440万レアル ...

続きを読む »

《ブラジル》ボウソナロ氏の次男が同性愛者拷問写真掲載=リオ市議会でも大問題に

 リオ市議会は27日、前日に自身のインスタグラム上で同性愛者を拷問した写真をあげた上、侮蔑語を述べ、軍政時代の拷問を容認する書き込みを行った、カルロス・ボウソナロ市議を倫理委員会にかける決断を下した。同日付現地サイトが報じている。  カルロス氏は大統領候補のジャイール・ボウソナロ氏の次男で、26日に、父ジャイール氏に対するアンチ ...

続きを読む »

《ブラジル》ペルナンブコ州=現金輸送中の小型機襲撃=銃撃戦で強盗6人が死亡

強盗に狙われた小型機(PF/Divulgação)

 ペルナンブコ州サウゲイロで26日、現金輸送中の小型機を襲撃して現金を奪おうとした強盗団が警官と銃撃戦となり、強盗6人が死亡、1人が負傷したと同日付現地紙サイトが報じた。  連邦警察によると、強盗団は小型機が着陸するタイミングを見計らって滑走路に侵入。同州内の銀行に現金を運ぶために待機していた現金輸送車の警備員らを取り囲むと共に ...

続きを読む »

東西南北

 26日、大統領選候補たちによる討論会がSBT局で行われた。今回もジャイール・ボウソナロ氏は欠席。候補らの標的は支持率2位のフェルナンド・ハダジ氏となり、シロ・ゴメス氏やマリーナ・シウヴァ氏からの厳しい質問がハダジ氏に集中した。シロ氏とマリーナ氏は「左派側からの候補」の座をハダジ氏から奪いたい気持ちが強いから、なおさらだろう。討 ...

続きを読む »

移民の父、上塚の生涯描く=演劇「万華鏡~百年物語」=劇団員16人来伯、6日から

「ボクノフルサト」と題した公演

 【既報関連】熊本市の劇団夢桟敷(坂本真理代表)は、〃移民の父〃上塚周平の生涯を描いた演劇『万華鏡~百年物語』の公演を、10月6日午後3時から聖市熊本県人会ホール(Rua Guimaraes Passos, 142)、9日午後7時半からプロミッソン市劇場(Rua Dante Roque, s/n)で行う。プロミッソン上塚第一植民 ...

続きを読む »

勝ち負け巡るそれぞれの思い=二分したアサイ移住地=(5)=敗戦でも変らない祖国への想い

土屋さん

 池田さんから、谷田才次郎氏が開校した日本語学校「公民学園」に通っていた土屋パウロさん(70、三世)を紹介してもらった。現在、パラナ州ロンドリーナ市に住んで公証翻訳人をしているという。電話で取材を申し込むと快く承諾したれた。  土屋さんの両親は戦前、パラナ州ウライ市で日本語学校を経営していた。太平洋戦争が勃発しブラジル政府に日本 ...

続きを読む »

今年の山本喜誉司賞が決定=養鶏の伊藤悟、栗の雨貝久両氏

伊藤さん

 山本喜誉司賞選考委員会の長井邦夫委員長と常広アルフレッド副委員長が25日に来社し、第48回同賞の受賞者二人を発表した。  一人は伊藤悟(さとし)さん。1936年1月11日に広島県で生まれ、18歳の時、54年に親戚に呼び寄せられる。サントアンドレー市で採卵養鶏に務め始め、その後、独立してスマレー市に移って「グランジャ・スマレー」 ...

続きを読む »