2018年10月24日の記事一覧

ブラジル人F1ドライバー復活へ=20歳のカマラが名門マクラーレンと契約へ

F3時代のセルジオ・セッテ・カマラ(By Chris501, from Wikimedia Commons)

 昨年、フェリペ・マッサの引退でF1ドライバー不在となっていたF1強豪国ブラジルだが、どうやらそれも1年で解消されそうだ。弱冠20歳の新鋭セルジオ・セッテ・カマラ(本名セルジオ・セッテ・カマラ・フィーリョ)が名門のマクラーレンと第3ドライバーとしての契約を強く望んでいるためだ。  カマラは現在、F2ドライバーで、9月29日にロシ ...

続きを読む »

《ブラジル》博物館・美術館の防火体制点検=主要な6館に早期改善勧告

リオ州ペトロポリス市の帝国博物館(Alexandre Machado)

 9月2日にリオ市の国立博物館で火災が発生し、所蔵品の9割が焼失した。これを受けてブラジル連邦検察庁(MPF)自然環境、歴史遺産保護局は国内各所の博物館、美術館の防火体制の監査を行い、22日に6カ所の博物館に対し、防火対策計画の再検討を勧告した。  今回、防火対策再検討勧告を受けたのは、リオ市内の国立美術館、リオ市近郊ペトロポリ ...

続きを読む »

スペインでブラジル人が陪審裁判に=おじ一家バラバラ殺人の容疑で

陪審裁判が始まる事を報じた22日付G1サイトの記事の一部

 スペインの首都マドリッドから60キロの小さな村、ピオスで2016年9月18日にブラジル人の一家4人の惨殺体が発見されてから2年余り経った24日、同件で逮捕されたフランソワ・パトリッキ・ノゲイラ・ゴウヴェイア容疑者の陪審裁判が始まった。  『ピオスの集団殺人』という名前で知られる事件では、パトリッキ容疑者のおじで、ブラジル北東部 ...

続きを読む »

フェイスブック=親ボウソナロ頁を大量削除=悪意ある偽ニュースの温床?!=「いいね」ネイマールの4倍

フェイスブックがつながらないイメージ(Rafael Neddermeyer/Fotos Públicas)

フェイスブックがつながらないイメージ(Rafael Neddermeyer/Fotos Públicas)  フェイスブック社は22日、大統領候補ジャイール・ボウソナロ氏(社会自由党・PSL)を支持する68のページと43のアカウントの削除を行なった。これらは同一のグループが運営しているもので、大量の偽造名義を使って政治に関する意 ...

続きを読む »

《ブラジル》9月は正規雇用が13万人超増加=14年以来、単月度で最高=「経済の回復が鍵」と識者

大型不況期に失われた雇用は、まだまだ回復していない(参考画像・Rafael Neddermeyer/Fotos Publicas)

大型不況期に失われた雇用は、まだまだ回復していない(参考画像・Rafael Neddermeyer/Fotos Publicas)  ブラジル労働省が22日に発表した全就労・失業者台帳(Caged)によると、9月は13万7336人分の正規雇用増となったと、23日付現地各紙が報じた。これは2014年にブラジルが不況に突入して以来、 ...

続きを読む »

《サンパウロ市地下鉄》5号線延伸で利便性向上=1、2号線との連絡駅で利用者増

サンパウロ市地下鉄5号線は、昨年9月以降9駅延伸し、今年10月にようやく1号線、2号線と終日連結した。(写真は5号線のモエマ駅・Estação Moema/Metrô)

 サンパウロ市南西部を走る地下鉄5号線と、市を南北に走る1号線、東西に走る2号線が終日の連結運行を開始した13日以降、地下鉄2号線の利用客は一日平均5万人増えたと、23日付現地紙が報じた。  5号線と2号線は、シャーカラ・クラヴィン駅で連結している。連結前の8月平日の2号線利用客数は一日平均70万1千人だったが、終日連結運行開始 ...

続きを読む »

《ブラジル》商業用不動産の賃貸料が5年で4割超の下落=遅れる景気回復が原因

サンパウロ市セントロの家電製品店(Paulo Pinto/Fotos Publicas

サンパウロ市セントロの家電製品店(Paulo Pinto/Fotos Publicas  ブラジルの商業用不動産市場が、販売、賃貸共に振るわない。商業用不動産価格変動指数、FipeZap指数によると、昨年10月から今年9月までの12カ月で、200平米以上の、国内4都市(サンパウロ市、リオ・デ・ジャネイロ市、ベロ・オリゾンテ市、ポ ...

続きを読む »

サンパウロ州=兄弟歌手が交通事故死=反対車線でトラックと衝突

 サンパウロ州バタタイスの高速道で21日、セルタネージャ歌手の兄弟が衝突事故で死亡する事故が起きた。23日付け現地紙が報じている。  亡くなったのは、セルタネージャの2人組歌手「ファビオ&ギリエルメ」。2人は21日、アルチーノ・アランテス高速道をホンダ車で走っていたところ、反対車線に飛び出してしまい、走ってきたトラックと正面衝突 ...

続きを読む »

東西南北

 23日付アゴラ紙によると、現在、サンパウロ州内では公的医療機関で無料配布されている薬が不足状況だという。その例として、筋萎縮性側索硬化症(ALS)のリルゾール、抗リウマチ薬のレフルノミド、骨髄移植の拒否反応抑制薬のタクロリムス、さらにC型肝炎用の薬などがあげられている。また、サンパウロ市内の保健統合システム(SUS)では、物資 ...

続きを読む »

山形県人会創立65周年祝う=笠戸丸以前から県人南樹活躍=研修員が母県との懸け橋に

祝賀ケーキのカットを行う小野県議会副議長、若松副知事、篠原会長、寒河江まりえ婦人部長、塩野成子婦人部副部長(左から)

 ブラジル山形県人会(篠原俊巳会長)は21日、県人会創立65周年及び県人移住111周年記念式典を聖市のブラジル宮城県人会館で行った。母県から若松正俊副知事、寒河江浩二山形新聞社長ら31人が慶祝に訪れ、県人ら総勢300人で晴れの日を祝った。  式典では両国歌斉唱、先没者への黙祷が行われた後、篠原会長が挨拶。篠原会長は、笠戸丸移民に ...

続きを読む »