2018年12月22日の記事一覧

リオ・デ・ジャネイロ=市南部の湖で魚が大量死=水質汚染と暑さが原因

死んだ魚を引き上げる職員(Tania Rego/Ag. Brasil)

 リオ市南部のロドリゴ・デ・フレイタス湖で20日の朝、無数の魚が死んで水面に漂うショッキングな光景が報道され、翌21日の朝までに21・8トンもの魚の死体が引き上げられた。  生物学者のマリオ・モスカテッリ氏は、「周辺から浄化処理がされていない水が流れ込み、湖の水の有機物の濃度が高くなり、魚の生息に必要な酸素が薄くなったことが原因 ...

続きを読む »

《ブラジル》レナンの上院議長復活に暗雲=議長選が記名式投票に=投票議員にマイナスの可能性=MDBが数の上で有利も

ハダジ氏を支援した際のレナン氏(左)(Ricardo Stuckert)

ハダジ氏を支援した際のレナン氏(左)(Ricardo Stuckert)  19日に最高裁のマルコ・アウレーリオ判事が出した暫定令により、来年2月1日に行われる上院議長選で、レナン・カリェイロス上議(民主運動・MDB)の上院議長選での当選が危うくなったと、21日付エスタード紙が報じている。  19日に出た「2審判決有罪者の受刑を ...

続きを読む »

《カルロス・ゴーン問題》長引く勾留にブラジルも疑問視か=ブラジル政府の尽力求める家族=日本の〃独特〃な捜査手法も紹介

日産自動車前会長カルロス・ゴーン容疑者(World Economic Forum)

日産自動車前会長カルロス・ゴーン容疑者(World Economic Forum)  11月19日に金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)の疑いで東京地検特捜部に逮捕された、日産自動車前会長のカルロス・ゴーン容疑者に関し、同氏への厳しい取調べ条件や、逮捕を繰り返し、勾留期間を延長する日本の検察の手法に、ブラジルでも疑問の ...

続きを読む »

《ブラジル》今年最後の送電線の入札=16区全てを約半額で落札

今年最後の入札の対象となった送電線事業(Marcello Casal Jr./Agência Brasil)

今年最後の入札の対象となった送電線事業(Marcello Casal Jr./Agência Brasil)  今年最後となる電気事業関連の入札が20日に行われ、13州での送電線設置(総計7152キロ)と変電所建設事業、全16区が全て落札と21日付現地紙が報じた。  今回の入札は競争率が高く、各区とも最少でも3社、最多では12社 ...

続きを読む »

《サンパウロ大都市圏》オザスコ市交通局長銃殺される=深夜に停車中、11発浴びる

 20日未明、サンパウロ大都市圏のオザスコ市で、同市交通局長のオズヴァウド・ヴェルジニオ氏が乗った車が大量の銃弾を浴び、同氏が死亡する惨事が起きた。21日付現地紙が報じている。  事件は同日午前1時頃、同市のノヴォ・オザスコ地区を黒のトヨタ車で移動中、友人宅前で停まったところ、近くに停まった白のサヴェイロ車から降りてきた男が消音 ...

続きを読む »

《ブラジル》11月の正規雇用が5万8700人分増加=今年は50万人増となる見通し

 ブラジル労働省は20日、11月度の全就労・失業者台帳(Caged)のデータを発表した。それによると11月は正規雇用が5万8700人分と、11月としては2010年以来、8年ぶりの増加を記録したと20、21日付現地各紙・サイトが報じた。「5万8700人分の正規雇用増加」とは、正確には新規の正規雇用者数と、解雇者数を差し引きした結果 ...

続きを読む »

東西南北

 21日夜をもって、ブラジルは夏に突入した。夏に入る数週間前からかなり暑くなっているが、予報によると、この夏はエル・ニーニョ現象の影響を受け、平年より暑い夏になることが予想されている。近年で暑い夏というと、サンパウロ州を水危機に陥れた2013~14年の夏のことを思い出すが、今年は幸い、あの年とは違って、春先の降水量が多かったので ...

続きを読む »

カエル・プロジェクト=10周年、資金調達に課題=「デカセギ子弟支援に終わりなし」=企業からの支援呼びかけ

10年の活動を振返った中川さん

 帰伯するデカセギ子弟の社会適応を支援する非営利法人「カエル・プロジェクト」(中川郷子代表)は、活動開始から今年で10年の節目を迎えた。今月20日、ジャパン・ハウスで記念誌『Projeto Kaeru 10 anos(カエル・プロジェクト10年)』の刊行を記念して講演した中川代表は、活動実績を報告すると共に引き続き活動に対する資 ...

続きを読む »

休刊案内

 24日が印刷所が休みのため、25日付けが休刊となります。25日がナタルの祝日のため、26日付けも休刊となります。次の通常号は、27日付けとなります。翌28日付けが通常号の本年最後の新聞となります。

続きを読む »

創立60周年委員会を発足=援協、12月定例役員会で

感謝プレートを贈呈された中田氏(右)

 サンパウロ日伯援護教会(与儀昭雄会長)は「12月定例役員会」を20日、援協本部ビルで開催した。  冒頭、与儀会長は「今年は経済的に厳しい年だったが、病院も良い業績で終えることが出来た。19年も引き続き厳しい年となるが、良い年になるよう共に頑張りましょう」と挨拶した。  議事及び報告では、19、20年の理事会ならびに特別委員会メ ...

続きを読む »