ホーム | 2018 | 12月 (ページ 10)

12月 2018の記事一覧

大耳小耳

 日本国外務省が出しているPDF版漫画「ゴルゴ13の中堅・中小企業向け海外安全対策マニュアル」(https://www.anzen.mofa.go.jp/anzen_info/golgo13xgaimusho.html)が意外に面白い。「ゴルゴ13」とは、いわずと知れた人気漫画の主人公、超一流の狙撃手・暗殺者「ゴルゴ13」ことデ ...

続きを読む »

臣民――正輝、バンザイ――保久原淳次ジョージ・原作 中田みちよ・古川恵子共訳=(18)

 この教育制度こそは、それまでの封建的な武士政権にあって、三世紀も世界の発展からとり残され日本に、世界と肩をならべるほどの大きな活力をもたらしたのだ。  教育改革法は1872年に発布されたが、それによると、日本は八つの教育地域に分けられ、各地域には1つの大学、32の高等学校が設立された。また、高校1校につき、210校の小学校が設 ...

続きを読む »

ブラジル水泳=中国開催の短水路世界選手権で大きな成果=男子自由形4×200mでは世界新記録で金メダル

男子自由形リレー4×200メートルで金メダルを獲得したブラジルチーム(Agencia Brasil)

 12月11日から16日まで、中国の抗州で開かれた、第14回世界短水路水泳選手権で、ブラジルは金2、銅6と、合計8個のメダルを獲得した。  ブラジルは最終日に三つのメダルを加えたことで、メダル獲得総数は8となり、これまでの短水路選手権の成績としては2位タイとなった。(1位は2014年大会の10個)  メダル3個に終わった前回大会 ...

続きを読む »

《ブラジル》テメルがバティスティ国外追放の書類に署名=70年代のイタリア人テロ犯=ボウソナロの判断の前に=ルーラの判断を8年で覆す

バティスティ氏(José Cruz/ (Arquivo) Agência Brasil)

バティスティ氏(José Cruz/ (Arquivo) Agência Brasil)  テメル大統領は14日、70年代にイタリアでテロ事件を起こして逃亡中のチェーザレ・バティスティ氏(83)の国外追放に正式に調印した。これはかつて、ルーラ元大統領が出していた見解を覆すものとして注目されている。15日付現地紙が報じている。   ...

続きを読む »

《ブラジル》性的暴行容疑の心霊医療家ジョアン・デ・デウスの身柄拘束=逮捕令状発行の2日後に=容疑は全面否定

12日、疑惑が大きく報じられた後、初めて姿を現した際のジョアン・デ・デウス(Marcelo Camargo/Agencia Brasil)

 【既報関連】性的暴行疑惑で14日に逮捕令状が出た心霊治療家のジョアン・デ・デウス氏(本名ジョアン・テイシェイラ・デ・ファリア、76歳)が、16日午後4時半頃、ゴイアス州アバジアニア市で捜査当局に出頭したと16、17日付現地各紙・サイトが報じている。  同氏は逮捕令状が出た後、ほぼ2日間姿を見せず、「逃亡状態」と報じられた。だが ...

続きを読む »

《ブラジル》マイス・メジコス=赴任地に現れぬ医師2500人=先住民保護区への応募も不足

 【既報関連】キューバ人医師が政府の医療拡充計画の「マイス・メジコス」の現場を離れる事になり、急遽行われた医師募集には8411人が応募した。だが、希望する任地で自治体責任者との面接や契約を済ませ、勤務を始める期日の14日までに現地に赴かなかった医師が2520人おり、18日まで期日が延長されたと15日付現地紙・サイトが報じた。   ...

続きを読む »

《ブラジル》「任期中は死刑に関する議論は行わない」とボウソナロ次期大統領=息子エドゥアルドはインタビューで死刑擁護発言も

エドゥアルド・ボウソナロ下議(Rodriguez Pozzebom/Agencia Brasil)

エドゥアルド・ボウソナロ下議(Rodriguez Pozzebom/Agencia Brasil)  ブラジルの有力紙オ・グローボに16日、死刑制度の制定を擁護する、エドゥアルド・ボウソナロ下議(PSL・社会自由党)のインタビューが掲載された問題で、ジャイール・ボウソナロ次期大統領(PSL)は、自身の任期中は死刑制度についての議 ...

続きを読む »

《ブラジル》ルーラがLJで8回目の被告に=今度の嫌疑は赤道ギニア

 14日、ルーラ元大統領が、アフリカの赤道ギニアで行われた事業に関して、斡旋を依頼された企業から賄賂をもらった容疑で、ラヴァ・ジャット作戦(LJ)で8度目の被告となった。15日付現地紙が報じている。  今回の容疑は、AGRグループの役員から頼まれ、元大統領という立場を利用して赤道ギニアのテオドーロ・オビヤン大統領に、ARG社を斡 ...

続きを読む »

東西南北

 今年、続々と新駅が出来て話題となったサンパウロ市地下鉄。人々の生活はすごく便利になったが、問題も少なくない。まず、1号線と2号線に連結されて人気がとみに高まっている5号線は、カルテルで企業体役員13人が断罪された。そのせいか、9月末にオープンして以来、未だに、サンタクルス駅に設置される予定のプラットホームの自動ドアが設置されて ...

続きを読む »

文協定期評議員会=国士舘改修、ついに着工へ=資金不足、完成は来年下旬か=4月選挙、呉屋会長は不出馬

会議の様子

 ブラジル日本文化福祉協会(呉屋春美会長)は『第155回定期評議員会』を15日、聖市の文協ビルで開催した。ブラジル日本移民110周年記念事業である「国士舘大学スポーツセンター開発計画」は、今月頭にサンロッケ市から建設許可が下りたことから、今後9カ月間で本格的に建設が進められ、来年下旬にも完成を見込む。来年4月は会長選挙となるが、 ...

続きを読む »