fbpx
ホーム | ブラジル国内ニュース | ブラジル人2人がオスカー・ノミネート=作品賞プロデューサーと長編アニメ監督

ブラジル人2人がオスカー・ノミネート=作品賞プロデューサーと長編アニメ監督

 23日、世界の映画賞の最高峰である米国のアカデミー賞(ブラジルでの呼び名はプレミオ・オスカー)で、ブラジル人の映画人関係者が2人、ノミネートを受けた。
 ひとりはプロデューサーのロドリゴ・テイシェイラで、彼がプロデュースを任されたアメリカ映画「君の名前で僕を呼んで」が作品賞にノミネートされた。
 テイシェイラは現在40歳。2005年にサンパウロで映画製作会社「RTフィーチャーズ」を立ち上げ、ブラジルでの映画製作の難しさから国外の映画業界にチャンスを求め活動。その結果、2015年にホラー映画「ウィッチ」を手がけて大ヒットしたことから注目度があがった。
 そしてRTは、イタリア人監督ルカ・グアダグニーノ監督による、低予算の同性愛青春映画という、実験的でさえあった「君の~」を手がけたが、これがインディペンデント系の映画祭で評判が評判を呼び、オスカーへのノミネートにつながった。
 もうひとつのノミネートは長編アニメ部門で「フェルディナンド」でノミネートされたカルロス・サルダーナだ。彼はコンピューター科学の道に進もうとしていたが、アニメ作家としての夢を追い、ニューヨークのスクール・オブ・ヴィジュアル・アートに入学。
 そこで才能を伸ばしたカルロスは、師匠のクリス・ウェッジに師事し、ウェッジが監督した大ヒット・アニメ「アイス・エイジ」に参加。2003年には初監督作の「ゴーン・ナッティ」、「アイス・エイジ」も2作目の06年からは監督もつとめた。
 2011年には、リオを舞台にしたアニメ「ブルー 初めての空へ」がアメリカで興業1位になるヒットを記録。14年には続編も製作された。
 これまでヒットは出すものの賞には縁のなかったカルロスだったが、1930年代のアメリカの人気児童書をモデルにした、スペインの闘牛をモデルにした「フェルディナンド」で遂にオスカーへのノミネートを手に入れた。
 アカデミー賞の授賞式は3月4日に行なわれる。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 【記者コラム】ポルトガル語の情報発信を強める中国・ロシア勢、貧弱な日本勢2020年8月25日 【記者コラム】ポルトガル語の情報発信を強める中国・ロシア勢、貧弱な日本勢  インターネットにおける日本に関するポルトガル語情報、日本視点から見たアジアや世界のニュースに関する情報発信は欧米勢に比べて実に貧弱だ。  情報収集の重要さは言うまでもないが、それ以上に「どのように情報を発信するか」も大事なはずだが、日本は政府も民間企業も、どこか内向きになっ […]
  • 《ベイルート》大規模爆発でゴーン自宅損傷=妻「大丈夫だが、自宅壊れた」=人的交流深いブラジル政府連帯示す2020年8月6日 《ベイルート》大規模爆発でゴーン自宅損傷=妻「大丈夫だが、自宅壊れた」=人的交流深いブラジル政府連帯示す  エスタード・デ・サンパウロ紙は4日、日本の司法の手を逃れてレバノン首都ベイルートに逃亡中の元ルノー・日産会長カルロス・ゴーン容疑者の妻キャロルさんに独占取材し、「私たちはみんな大丈夫ですが、自宅が壊され、ベイルートの全てが破壊されました」と語っていると報じた。  ゴ […]
  • 日本政府はゴーンの情報戦に立ち向かえるか?2020年1月7日 日本政府はゴーンの情報戦に立ち向かえるか? 正義の味方としてハリウッドで映画化?  3日晩、ブラジルのTVクルトゥーラの看板ニュース番組「ジョルナル・ダ・クルツーラ」でカルロス・ゴーン被告報道に関して、二人の専門家は対極的なコメントを発していたのが気にかかった。  今回の逃亡劇に関して、どのニュースでも「映画 […]
  • 《カルロス・ゴーン問題》長引く勾留にブラジルも疑問視か=ブラジル政府の尽力求める家族=日本の〃独特〃な捜査手法も紹介2018年12月22日 《カルロス・ゴーン問題》長引く勾留にブラジルも疑問視か=ブラジル政府の尽力求める家族=日本の〃独特〃な捜査手法も紹介  11月19日に金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)の疑いで東京地検特捜部に逮捕された、日産自動車前会長のカルロス・ゴーン容疑者に関し、同氏への厳しい取調べ条件や、逮捕を繰り返し、勾留期間を延長する日本の検察の手法に、ブラジルでも疑問の声があがり始めていると、 […]
  • 東西南北2018年11月22日 東西南北  19日に日本で起こった、ルノー/日産自動車会長のカルロス・ゴーン氏逮捕は、ブラジル人ということもあり、ブラジルでも話題にはなっている。ただ、現地紙などの報道を見ていると、国内での日産自動車のシェアがそこまで上位でないこともあってか、その扱いは「日本で有名なブラジル人」というニ […]