ホーム | 文芸 | 連載小説 | どこから来たの=大門千夏 | どこから来たの=大門千夏=(33)

どこから来たの=大門千夏=(33)

「何処から来たの? どんな所から来たの? 祖先様に会った? どんな顔形をしていた? どんな話をしたの? 貴女にこの肉体を着せてくれた人は誰だった? どんな人だった?」
 私は声に出してしつこく聞いてみる。
 覚えているに違いない。ただ伝えるすべを知らないし私も聞き出す術を知らない。
 赤ん坊はまるで話がわかるかのようにじっと真剣なまなざしで私を見て、其の上「あーあー」とか「ううー」とか言って返事さえしてくれるではないか。
 この子は知っているのだ! 覚えているのだ! 記憶が残っているのだ! 顔かたちは赤ん坊でもこの目の深遠なる輝きは大人より英明ではないか。何もかも知っている! 何もかも理解している。
 自分が此処に生まれて来た理由も知っている。そうなんだ! 私は一人合点して歓喜し、こんな時だけ神に感謝する。
 しかし、何ヵ月たってもこの質問に答えてくれるそぶりは一瞬たりともない。
 それにしても毎日成長してゆく様は見事である。昨日まで出来なかった事が今日はできる。毎日新しい事ができる。新しい発見がある。
 ミルクを飲んで寝ていただけの生活からこの人間界が見えるようになってくると、お乳を呉れる母親の顔をじっと見る。凝視する。アバタの数形まで記憶しているに違いない。大人の一挙一動を瞬きもしないで観察している。手にしたものは何でも頬につけて感触を知り、果ては口に入れて舌でさわって見る。味と大きさをきちんと記憶しておく為なのだ。
 人間がこのような観察力を死ぬまで持ち続ける事が出来ていたら、人類皆天才と秀才ばかりで、この世はどのような形になっていたのだろうか…と考えたりする。
 聴覚も発達してくる。家族の声を聞き分ける。特に母親の声がすると目が輝き両手両足を動かして喜び「世界はママと私だけ」を体中で表現する。祖母の時はせいぜい半分の喜びを、父親には気の毒だけど三分の一。母親に抱かれ声の抑揚で喜怒哀楽を誰よりも早く察知して平安、喜び、信頼、不安、恐怖を感じる反応の早さ!
 声を発するようになると観察する世界はもっと広がってくる。
 自由奔放な目の輝きをヒタと止めて、大人のしている事をじっと観察し終わると、「あーあーうー
うー」と奇声を発して両手を動かしている。きっと回りの大人たちを批評しているに違いない。
 「お母さんは美しいのに、おばあちゃんは何であんなに色黒く、しわがあるんだろう」――「おばあちゃんに抱かれるとごつごつして居心地悪い」――声を大にして言っているのだ。そうして自分の要求はしっかり伝える。
 「おなかがすいた」 退屈した 「早く早く」「嬉しい」「悲しい」「怖い」「私の知らない人だ」「此処は初めての場所」「抱き方が悪い」心中を目の光で表現して、それでも思うようにならないと、おもむろに泣き声を上げる。
 最初はちょっと弱々しく可愛く、其のうち大きく泣き喚きだす。其のたびに大人たちは蟻の巣が攻撃されたように右往左往。何が起きたのか如何していいのかわからない。抱き上げて虫でもいたのかと衣類を点検し、喉が渇いたか、おなかがすいたかと台所に走り、ヒャックリが出なくて苦しいのか…否、おしめ、おしめだ、と騒ぐ。其の間、赤ん坊はクシュクシュ言いながらもじっと回りの大人たちの動きを目で追い、言葉の抑揚で彼らの心を観察している。言葉が出来なくても周りの者どもを思うがままに動かしているではないか。恐るべきこの怪物。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 「雅」に原料理長が就任=忘年会キャンペーン開始2011年11月29日 「雅」に原料理長が就任=忘年会キャンペーン開始 ニッケイ新聞 2011年11月29日付け […]
  • サッカー移籍市場=ブラジル国内の目玉はルアン=移籍のための金額は?2017年6月9日 サッカー移籍市場=ブラジル国内の目玉はルアン=移籍のための金額は?  5月でシーズンも終了し、次のシーズンに向けての移籍市場が動き始めている欧州のサッカー界だが、ブラジルのサッカー界で最も目を付けられている選手はルアン(24、グレミオ)だ。  ルアンと言えば、昨年の8月のリオ五輪で金メダル獲得に貢献した選手だ。ネイマール、ガブリエル・ […]
  • コラム 樹海2013年5月11日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2013年5月11日  政界というところは、何とも奇妙なことが起こる。多数決は民主主義の根本的な原則であり、これは小学生の一年生でもちゃんと知っているし、腕白小僧の独断専行をも許さない。だが—である。数が多ければ、全てが正しいとは限らない。先の参院本会議が賛成多数 […]
  • 同性愛者にも里親の権利2015年3月12日 同性愛者にも里親の権利  3組の普通婚夫婦から「黒くて醜い」と拒否されたミナス州在住の5歳の子どもが、白人ゲイ・カップル(同性婚)の養子となった。実の親はアル中だったため、子どもは養護施設に身を寄せていた。新しい生活のスタートを切った一家は、偏見を克服し、社会から自然な形で受容されるべく奮闘してい […]
  • コラム 樹海2013年8月31日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2013年8月8日  ヴィトリアに取材で行ったさい、近郊の海辺の町にすむ知人を訪ねた。同郷出身であり、笠戸丸移民の娘かつ被爆者でもあるということで、百周年時にじっくり取材させてもらい早や5年。祖母のような年齢の方と、こうした付き合いができるのもブラジルに住んでいる […]