ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》景気動向への悲観論が減少=17年工業生産も2.5%アップ=「回復業種の偏りが問題」

《ブラジル》景気動向への悲観論が減少=17年工業生産も2.5%アップ=「回復業種の偏りが問題」

1月の伯国自動車販売台数は23%の上昇だった(参考画像・Comunicação Volkswagen do Brasil)

1月の伯国自動車販売台数は23%の上昇だった(参考画像・Comunicação Volkswagen do Brasil)

 ダッタフォーリャ社調査によると、景気動向に対し悲観的な見方をする国民の割合が過去3年で最低値になったと、2日付現地各紙が報じた。
 調査は1月の29、30日に、174市に住む、2826人を対象に行われた。
 「今後数カ月で自分の購買力はどうなる?」の質問に、「下がっていく」と答えたのは37%で、「上がっていく」は22%、「変わらない」が38%、「分からない・無回答」が3%だった。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ