ホーム | ブラジル国内ニュース | ネイマールがホーキング博士追悼で物議=車椅子姿の博士を真似て

ネイマールがホーキング博士追悼で物議=車椅子姿の博士を真似て

 右足の第5中足骨骨折のため、現在はブラジルで静養中のネイマールが、ネット上でひと騒動起こしてしまった。
 14日、ネイマールは自身のインスタグラム上で、イギリスの世界的な宇宙物理学者、スティーヴン・ホーキング博士の死に対して、博士の発した有名な「自分の迎えている境遇の中から最良の部分を見つけて、ポジティヴな姿勢をとらなくてはならない」という言葉を添えて、追悼のメッセージを送った。
 そこまでは良かったのだが、そのやり方に、彼のフォロワーらが強い違和感を感じ、批判の対象にさえなった。
 その理由は、ネイマールが特注の車椅子に乗った写真と共にそれを送ってしまったからだ。特注の車椅子と言えば、若かりし頃から50年近く筋萎縮性側索硬化症(ALS)を煩い続けたホーキング博士の、誰もが思い浮かべるイメージだったからだ。
 「リハビリ費用も十分すぎるくらいにもらっているくせに」「ただ骨折しただけで、博士のあの病気と自分を比べるとは何事だ」という投稿を初め、身体障害者への配慮に欠けたネイマールの投稿は手厳しく批判された。
 しかし、ネイマールは批判よりも460万人以上からの「いいね」の方を選んだか、翌日もその投稿を取り下げる様子はなかった。
 ネイマールは2011年、日本で行われたクラブ・ワールドカップの際、日本のサッカー・ファンに向けて、目を横に吊るしぐさを行い、問題になっていた。
 両方の件について言えることは、ネイマール自身が親しみと良心を感じてやったことが、一般常識に欠けているために逆にとらえられてしまったことだ。(14日付フォーリャ紙サイトなどより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年1月30日 東西南北  今日30日午後5時から、リオ市マラカナンでサッカーのリベルタドーレス杯の決勝戦、パルメイラス対サントス戦が行われる。この2チームはオールド・ファンにはおなじみの老舗中の老舗チームだ。1960年代のサントスにはペレが在籍し、黄金時代を築いたが、その時代はパルメイラスの黄金期でも […]
  • 《ブラジル》大学入試=コロナ禍の中で初日実施=棄権率は異例の50%超2021年1月19日 《ブラジル》大学入試=コロナ禍の中で初日実施=棄権率は異例の50%超  17日、大学入試や奨学生承認にも使われ、国内で最も重要な試験のひとつである、国家高等教育試験(ENEM)が行われた。当初の実施予定日から2カ月遅れで実施されたものの、コロナ禍の影響で試験そのものが差し止められたり、試験会場で入場を断られたりした人や、参加をとりやめる受 […]
  • 東西南北2021年1月15日 東西南北  13日に行われたリベルタドーレス杯準決勝第2試合で、サントスは本拠地の利をいかんなく発揮し、アルゼンチンの強豪ボカ・ジュニオルズに3―0で圧勝。第1試合が引き分けだったため、これで決勝に進出することが決まった。ボカはチームの功労者で昨年11月に急死したばかりのマラドーナに優勝 […]
  • 東西南北2021年1月8日 東西南北  6日に米国ワシントンDCの連邦議会議事堂で起こったトランプ大統領支持者たちによる暴動事件は、「民主主義を脅かすもの」として全世界的に恐れられ、非難の的となった。だがブラジルで目立った意見は、「これは2022年のブラジルの姿だ」というもの。つまり、ボルソナロ大統領がこの年に行わ […]
  • 《記者コラム》医療崩壊中のリオで500人のパーティを開こうとしたネイマールの品格2021年1月8日 《記者コラム》医療崩壊中のリオで500人のパーティを開こうとしたネイマールの品格  「本当に何歳になっても成長しないな」。年末年始のネイマールの行動を見るにつけ、そう思わざるを得なかった。  ネイマールは2020年の年越しパーティを、医療崩壊中のリオのコンドミニオ(隔離された高級住宅地)で100人以上の招待客を呼んで行った。コロナ禍が世界中で恐れら […]