ホーム | 日系社会ニュース | カフェ喜怒哀楽=11日にオープン、家族で切り盛り

カフェ喜怒哀楽=11日にオープン、家族で切り盛り

店内の様子(提供=Luci Judice)

店内の様子(提供=Luci Judice)

 文協ビル内に11日、喫茶店「カフェKIDOAIRAKU」(Rua Sao Joaquim, 381)がオープンした。文協ロビーに続く階段の横に入口がある。吊り照明の柔らかい光で照らされた店内は隠れ家的な雰囲気が漂い、壁にはアイヌ民族の木のレリーフが飾られている。
 メニューは軽食(7レ程度)、カフェや抹茶ラテなどの飲み物(5~15レ)のほか、喜怒哀楽本店で仕込まれた「ポケ丼」(38レ)、親子丼(35レ)なども用意されている。「ポケ丼」はハワイの名物料理ポケボウルを喜怒哀楽風にアレンジしたものだ。
 また、おにぎり(8レ、みそしる別途注文)やピザトースト(10レ)など、日本風の軽食も。日本でデザート作りを勉強したアリサさんが日替わりで作るチーズケーキや抹茶ムースなどのデザート(10~18レ)も絶品。
 店長の佐藤浩香さん(=花柳寿美富浩、北海道旭川市)の母は喜怒哀楽の創業者、故松井宮子さん。約半年前からオープンのために奔走し、喜怒哀楽開店30周年の今年、カフェを開けた。
 店員はほとんどが家族という。入店すると「いらっしゃいませ」、客が帰る際には「ありがとうございました」と元気な声が飛ぶ。日ポ両語で対応可能。
 佐藤店長は「いつかカフェを開けたいという話はあり、『今やらなきゃ』と半年かけてやっと開店した。喜怒哀楽とここで働いてくれる皆が幸せになるように、とにかく頑張りたい」との想いを語った。
 開店時間は午前9時から午後6時。注文は午後5時半まで。全34席。
 問合せは同店(11・3132・6083)まで。


□関連コラム□大耳小耳

 先週開店したばかりのカフェ「喜怒哀楽」は、「忙しい日常に、落ち着いた一時を」をコンセプトにしている。店員はほとんどが家族、そして日本舞踊の演者でもある。練習の合間を縫って店の手伝いに励んでいるようだ。しかし忙しいからといって仕事を疎かにはせず、閉店後には2~3時間も、その日の仕事の反省や今後についての話し合いをしている。佐藤浩香店長によると、「私が会議をしようと言ったわけではなく、自分達で始める。踊りの練習後も反省会を開いたりするが、その経験を活かしたものだと思う」とのこと。リベルダーデ区で日本の味を提供し続けてきた「喜怒哀楽」が、新たな一歩を踏み出した!

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 来場15万人、500社が出店=南米最大の美容市華やかに2016年9月20日 来場15万人、500社が出店=南米最大の美容市華やかに  南米最大規模の国際美容化粧品市『第12回ビューティー・フェア』が10~13日、聖市のエキスポ・センター・ノルテで開かれた。広大な会場内に約500の店舗が出店。化粧品、ヘアケア、マニキュアなどの最新用品を目当てに、3日間で約15万人の美容関係者らが来場した。  10日午前 […]
  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔2017年5月24日 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔  オザスコ日伯文化体育協会(ACENBO、荒木進会長)が主催する『2017年度ミス日系オザスコ』が20日夜同会館で開催され、12人の候補者が今年も美を競いあった。会場には家族や友人など約200人が駆けつけ、舞台には熱い声援が送られた。  轟太鼓の迫力ある演奏が舞台に花 […]
  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し2017年5月23日 モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し  ブラジルの国民的人気漫画『モニカ』の作者マウリシオ・デ・ソウザさん(81)は3月、滋賀県湖南市で地域との交流をする日系人市民グループ『カリーニョ』(高橋ファビオ代表)の活動支援のため、特製ロゴを無償提供した。 […]