ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》大統領選=福音派支持頼みの候補者たち=今や国民の3分の1弱の勢力=指導者の一声で逆転狙う=ボウソナロも宗教票狙い

《ブラジル》大統領選=福音派支持頼みの候補者たち=今や国民の3分の1弱の勢力=指導者の一声で逆転狙う=ボウソナロも宗教票狙い

下院での福音派議員たち(Lula Marques/Agência PT)

下院での福音派議員たち(Lula Marques/Agência PT)

 10月の大統領選を前に、「隠れた大票田」と目され始めている福音派の支持を巡る動きが活発化。特に、現時点での支持率が高くない候補者らが、福音派の信者を後ろ盾として逆転を狙っていると、4月29日付現地紙が報じている。

 ブラジル世論調査・統計機関(Ibope)の調査によると、伯国の有権者の27%(3950万人)は福音派信者だという。地理統計院(IBGE)のデータでの福音派信者の割合は1991年にはわずか8%、2010年でも22%だったことを考えれば、かなりの増え方だ。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ