ホーム | 日系社会ニュース | 東京=「いま、ブラジル日系社会が危ない」=日伯議連で日下野理事長講演=ブラジル日本語センター

東京=「いま、ブラジル日系社会が危ない」=日伯議連で日下野理事長講演=ブラジル日本語センター

日ブラジル会議員連盟で講演する日下野理事長

日ブラジル会議員連盟で講演する日下野理事長

 日ブラジル会議員連盟(麻生太郎会長)が5月16日、衆院第二議員会館で、ブラジル日本語センター理事長の日下野良武氏を講師に招き、特別講演会を開いた。日下野氏はブラジルの日系社会における日本語教育について「停滞から衰退の道をたどり始めている」と強い危機感を示し、日本政府に支援を訴えた。

 日下野氏はブラジル在住36年。邦字紙のサンパウロ新聞の専務を務めるなどジャーナリストとしても活動。同時に日系社会の日本語教育の振興に努力してきた。講演のテーマを「いま、ブラジル日系社会が危ない」としたのは、日系社会の文化の根幹である日本語教育が揺らいでいるからだ。
 日下野氏は講演でまず、「ブラジルでの日本移民が協力して最初に作ったのが日本語学校だ」と指摘。当初はボランティア活動で、様々な苦労を重ねながらブラジル全土で350校もの日本語学校ができ、日本語教師1200人、学習者は2万3000人にまでなったという。その結果、日系社会の歴史や文化がいまに受け継がれ、政治、法曹、医学など各界で日系人が活躍する源泉になっている、と語った。日下野氏は「まさに日系社会の文化の根幹は日本語だ」と強調した。
 ところが、「最近は韓国、中国の進出が顕著で日系社会の存在感が薄れている」と憂慮の念を隠さない。韓国人社会は韓国人学校をつくり、中国は孔子学院を有力大学の中に創設、中国語や中国文化の普及に力を入れている。韓国、中国は言語政策を国家戦略として力を入れているのに、日本は日本語教育の十分な法的整備すらないのが実情だ。
 日系社会では、日本語教師が三世、四世の時代になり、日本文化に触れずに育った日本語教師が大半だという。このため「日本語による日本語教育」では十分な教育が出来なくなっており、「外国語による日本語教育」、つまりポルトガル語による教育に切り替える必要がある、と日下野氏は提案する。

「日本語教育を恒久的に続けていくには10億円程度が必要だ」と力説した日下野理事長

「日本語教育を恒久的に続けていくには10億円程度が必要だ」と力説した日下野理事長

 日本からは、JICAや国際交流基金などの支援があるとはいえ、十分でないのは明らかだ。日本語教育、日本語教師の育成などに取り組むブラジル日本語センターの運営も資金繰りに追われる日々が続く。日下野氏は「手遅れにならないうちに日本国政府の多大なご理解、ご支援を切望するところです」と訴えた。
 質疑では議員側から「日本語学校を日本文化の発信拠点に」「ブラジル人の日本語教師の養成を」など日下野氏の要望に対して理解を示し、後押しする意見が相次いだ。また、「どの程度の支援が必要なのか」と問われた日下野氏は、サンパウロに日本政府が35億円を投じて建設した「ジャパンハウス」の例を挙げながら、「日本語教育を恒久的に続けていくには10億円程度が必要だ」と述べた。
 ブラジルは金利が6%程度あり、10億円の基金があれば利息の運用により、日本語教育の振興策が可能だとの考えを示したわけだ。
 この日の講演会は自民党文部科学部会、同党海外子女教育推進議員連盟が協賛。また、超党派の日本語教育推進議員連盟にも参加を呼び掛けた。日本語教育推進議員連盟は日本語教育推進基本法の制定を目指している。
 同議連の河村建夫会長は、今回の講演会を主催した日ブラジル会議員連盟の幹事長だ。河村氏は講演会の冒頭のあいさつで「日系人社会は四世、五世の時代となり、だんだん日本との関係が薄れていく。それを取り戻すのは日本語だ。そこをしっかりやらなければならない」と述べた。
(※「にほんごぷらっと」サイトhttp://www.nihongoplat.orgより許可をえて転載)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》貿易収支=3週間で32億ドルの黒字=輸入減で品不足に悩む業界も2020年10月20日 《ブラジル》貿易収支=3週間で32億ドルの黒字=輸入減で品不足に悩む業界も  経済省が19日、10月第3週までの貿易収支は32・63億ドルの黒字だと発表した。  10月に入ってからの3週間の貿易額は、輸出が97・61億ドル、輸入64・99億ドルだ。経済省によると、第3週だけで6・82億ドルの黒字が出たという。  営業日1日あたりの貿易額は、 […]
  • 《ブラジル》22年大統領選は現副大統領抜きか=以前から意見の相違=気になる代替副候補は?2020年10月20日 《ブラジル》22年大統領選は現副大統領抜きか=以前から意見の相違=気になる代替副候補は?  ボルソナロ大統領が、2022年の大統領選には、現職のアミウトン・モウロン副大統領を副候補として選ばない考えであることを周囲に明かしていると、19日付フォーリャ紙が報じている。  フォーリャ紙が報じたところによると、ボルソナロ氏は、すでに3人の側近に、22年の大統領選 […]
  • 《ブラジル》コロナワクチン義務化めぐり意見対立=サンパウロ州知事牽制するボルソナロ2020年10月20日 《ブラジル》コロナワクチン義務化めぐり意見対立=サンパウロ州知事牽制するボルソナロ  新型コロナウイルスに対するワクチン接種をめぐり、ジョアン・ドリア・サンパウロ州知事とボルソナロ大統領とが、「義務化するか否か」について、全く異なる主張をし合っていると、19日付現地サイトが報じている。  事の発端は16日、ドリア知事がコロナのワクチンに関して「医者に処方禁止 […]
  • 東西南北2020年10月20日 東西南北  先週、ブラジルの話題を独占したのはシコ・ロドリゲス上議だった。やはり、連邦警察が家宅捜索にふみこんだときに「パンツに賄賂と思しき大金を隠していた」という珍事は相当なインパクトがあった。そのため、ネット上では「これぞ、本当に汚い金」「警察は臭い金を“資金洗浄”しなければ」などと […]
  • 本門佛立宗=茨木日水上人50回忌決起大会=ブラジル仏教初祖の日制定祝う=11月にリンス大宣寺で法要2020年10月20日 本門佛立宗=茨木日水上人50回忌決起大会=ブラジル仏教初祖の日制定祝う=11月にリンス大宣寺で法要  サンパウロ市ヴィラ・マリアーナ区のブラジル本門佛立宗(HBS)の中央寺院日教寺(高崎日現ブラジル教区長)は18日、茨木日水上人50回忌決起大会と、笠戸丸移民である同上人が「僧侶」としてブラジル上陸した6月18日を「ブラジル仏教初祖の日」(Dia do […]