ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》ペトロブラス=独立経営への圧力が原因?=突然のパレンテ総裁辞職=ガソリン値下げに油田入札=後任はモンテイロ氏に

《ブラジル》ペトロブラス=独立経営への圧力が原因?=突然のパレンテ総裁辞職=ガソリン値下げに油田入札=後任はモンテイロ氏に

ペトロブラス総裁を辞任したパレンテ氏(José Cruz/Agência Brasil)

ペトロブラス総裁を辞任したパレンテ氏(José Cruz/Agência Brasil)

 1日、ペトロブラスのペドロ・パレンテ総裁が辞任し、同公社財務担当理事だったイヴァン・モンテイロ氏が総裁代行に指名された。2日付現地紙が報じている。

 5月21日から続いていたトラック運転手のストが収束し始めた1日、パレンテ氏はテメル大統領に辞表を提出した。同氏はその中で、「自分が総裁で居続けることがペトロブラス内での代替案構築にプラスに働かなくなった」と伝えた。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ