ホーム | コラム | 樹海 | 歌手とバンドが作り出すハーモニー

歌手とバンドが作り出すハーモニー

 サンパウロ市リベルダーデ区の宮城県人会館で3日、バンド伴奏で歌を競う第66回全伯大会が開かれた▼バンド四つの生演奏での大会は、CDで行うカラオケ大会と違い、音やリズムが狂ったり、演奏が止まったりというトラブルも起こりうる。また、審査員の中には「あそこで楽器が少し走ったから歌手も早く入ってしまった」「あのバンドの誰々の音はきれいだった」などといった評価まで出来る人もいる。同じ音楽に接しても、見えるものや聞こえるものが違う事を痛感する▼だが、それ以上に思うのはバンドがチームワークであるという事。1人がずば抜けて上手くても、他の人が足を引っ張る時もあるし、少人数だが熱心に練習を重ね、聴きやすく歌いやすい演奏をしてくれるバンドもある。歌手が走ったり、遅れたりした時もある程度あわせられるのも、折々に調音が必要なのも、生演奏ならではだ▼桶は1枚でも板が短ければ、その高さまでしか水が入らない。同様に、バンドも各人が技量を高めなければ、良い演奏は出来ない。また、バンドでは、1人のミスがハーモニーを狂わせ、演奏の質を決めてしまう可能性がある。だが、ある程度までは、技量の高い演奏者が仲間や歌手のミスや欠けを補う事も可能だ。ソロなどで1人に注目が集まる事はあっても、各人が全体に対して責任を負い、歌手と共にハーモニーを作り出すのが生演奏の醍醐味だろう▼現在の主流はCD伴奏の大会だが、昔の歌謡大会は皆バンド演奏だった事を考えると、かつての「のど自慢大会」が偲ばれる雰囲気だ。ハーモニーの美しさや人の和について考える場としても残して欲しい、日系コロニアの財産的イベントだ。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ブラジル岩手県人会=好評のわんこそば祭=3分間の早食い競争も!2017年5月20日 ブラジル岩手県人会=好評のわんこそば祭=3分間の早食い競争も!  ブラジル岩手県人会(千田曠暁会長)は『第11回わんこそば祭り』を5月28日午前11時から、同県人会館一階ホール(Rua Thomaz Gonzaga, […]
  • 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」2018年12月18日 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」  なんと早い1年だったか――予想はしていたが、まさに「アッという間」だった。5月にはトラックストという未曽有の大混乱があり、日本進出企業や日系地場企業も大打撃を受けた。それ以降、6月にサッカーW杯ロシア大会、7月に眞子さまをお迎えして日本移民110周年祭、8月から選挙運 […]
  • ホーロー鍋からピラルクーへ、頼もしい60歳2018年11月6日 ホーロー鍋からピラルクーへ、頼もしい60歳  ビニールハウスのような養殖場に入ると、一瞬息が詰まるぐらいムッとし、眼鏡とカメラのレンズが曇った。きけば内部温度は37度以上に保たれているという。  ここは江尻龍之介さん(60、愛知県)が経営するピラルクー養殖場だ。サンパウロ市から南西に127キロのミラカツー市にあ […]
  • イグアスの滝、アマゾン河、そして悪魔の洞窟2018年10月23日 イグアスの滝、アマゾン河、そして悪魔の洞窟  「これが太古の闇か…」――ガイドが鍾乳洞の電気を消した瞬間、深い感動を覚えた。  「悪魔の洞窟」(Caverna do […]
  • 感動の眞子さまご来伯を振り返って2018年8月7日 感動の眞子さまご来伯を振り返って  ブラジル日本移民110周年を記念して訪問された眞子さまは、かつて皇族が足を踏み入れたことがなかった地を何カ所もお訪ねになり、各地で祈りと癒しを実践された。本紙記者が各地で取材した内容からご訪問のハイライトを振り返りたい。  最たるものは、ノロエステ開拓最前線でマラリ […]