ホーム | 日系社会ニュース | 日本祭り高齢者広場=今年も企画充実、家族向け講演も

日本祭り高齢者広場=今年も企画充実、家族向け講演も

案内のため来社した神谷さん、鈴木さん、玉城さん

案内のため来社した神谷さん、鈴木さん、玉城さん

 20日から始まる第21回日本祭り(サンパウロ・エキスポセンター、Rod. dos Imigrantes, km 1,5)に、恒例の『高齢者広場(Espaco da Terceira Idade)』が設置される。
 健康体操やけん玉、ゲートボールなど参加して楽しめる運動のほか、講演会では「アルツハイマーの人について留意する点」、「モリンガの効果」、「パーキンソン症の世話人グループ」など高齢者向け、世話人向けに様々講演が行なわれる。
 ほか、セラピー犬など動物介在療法を実践する団体の発表や記憶力テストを行なう団体など興味深い企画もたくさん。
 案内のため来社した運営者の鈴木・牧ウィリアンさん、神谷牛太郎サンパウロ市議、玉城ロベルトさんは「110周年を機に、この重要な活動にたくさんの人が参加して欲しい」と来場を呼びかけた。
 問い合わせは県連(11・3277・8569)、鈴木さん(同・99604・2335)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 第2回リオ祭り=昨年1割増し4万4千人入場=カリオカも日本文化に夢中=日本食、和太鼓、コスプレも2019年2月1日 第2回リオ祭り=昨年1割増し4万4千人入場=カリオカも日本文化に夢中=日本食、和太鼓、コスプレも  日本移民110周年記念として、昨年から始まったGLイベンツとTASAイベンツ共催の『第2回リオ祭り』が25、26、27日の三日間、リオ市のリオセントロ・コンベンション・イベントセンター第4パビリオンで盛大に開催された。リオ最大規模の日本祭りで、昨年よりも1割多い、延べ […]
  • 日系社会にとって2019年はどんな年か?2019年1月9日 日系社会にとって2019年はどんな年か?  日系社会にとって、2019年はどんな年になるのか?――ブラジルではボルソナロ新大統領が就任した一方、日本では平成の世が30周年を迎え、5月に改元するという大きな節目にある。  四世ビザ制度が軌道に乗れない中、34万人もの外国人労働者を受け入れる方向に日本政府は大きく […]
  • あけましておめでとうございます2019年1月8日 あけましておめでとうございます  ニッケイ新聞読者の皆様、あけましておめでとうございます。  旧年中はブラジル日本文化福祉協会およびブラジル日本移民110周年記念祭典委員会に対し、温かいご理解ご協力を頂き、誠にありがとうございました。  昨年は、ブラジル日本移民110周年を記念する祭典がブラジル各 […]
  • コロニア10大ニュース=悲喜こもごもの1年振り返る=眞子さまご来伯、110周年祭典=日系候補大半落選、サ紙廃刊も2018年12月28日 コロニア10大ニュース=悲喜こもごもの1年振り返る=眞子さまご来伯、110周年祭典=日系候補大半落選、サ紙廃刊も  ブラジル日本移民110周年記念式典が行なわれた7月をピークに、記念行事が目白押しの1年となった。なかでもハイライトは、3月の皇太子殿下、7月の眞子内親王殿下のご来伯だ。サンパウロ州地方部まで足を伸ばされた眞子さまは、各地で感動の渦を巻き起こした。110周年実行委員会も短期決戦 […]
  • 9氏に在外公館長表彰=110周年で総領事館に協力=「受賞励み、もっと尽くしたい」2018年12月13日 9氏に在外公館長表彰=110周年で総領事館に協力=「受賞励み、もっと尽くしたい」  在聖総領事館(野口泰在聖総領事)は「平成30年度在外公館長表彰伝達式」を5日、総領事公邸で行った。今年はブラジル日本移民110周年に際して同館活動を支援し、また、長年に亘って日系社会の発展に貢献してきた9氏が栄誉に浴した。  同日午前11時、受賞者の一人である尺八奏 […]