ホーム | コラム | 樹海 | 今こそ伯国のJリーグへの貢献を!

今こそ伯国のJリーグへの貢献を!

鹿島アントラーズに再び戻ることになったジーコ(Tomaz Silva/Agência Brasil)

鹿島アントラーズに再び戻ることになったジーコ(Tomaz Silva/Agência Brasil)

 15日にサッカーのW杯が終わった。今はセレソンの雪辱優勝はならなかったが、本紙読者的にとっては日本代表のこれまでにない大活躍が強く印象に残ったことだろう。セレソンを破った強豪ベルギーに対し、一時は2点リードし、最後まで互角に戦ったゲームは、日本サッカー史に記念すべき一頁を加えたこととなった▼あれ以来、日本代表で活躍した選手には欧州強豪からの入団のオファーが殺到しているという。今回の大会では、乾や柴崎といったスペインの一部リーグでテクニックを研いた選手が大活躍したが、そのレベルをさらにあげるチャンスが舞い込んできた、というわけだ▼今のこのタイミングでJリーグのレベルもあげていただきたいが、コラム子としては、今こそ伯国サッカー界がいま一度、日本のサッカーの向上に貢献するタイミングではないかと思う▼Jリーグが発足された90年代前半から半ばにかけて、伯国の日本サッカーへの貢献は大きなものがあった。80年代のブラジルのサッカー王、ジーコをはじめ、やれドゥンガだ、レオナルドだと、現役のセレソン・クラスの選手が次々と、世界的には無名な日本のクラブに入団。サッカーの底上げを手助けしてもらったものだった▼ただ、それから約20年後、伯国からの日本への選手派遣は相変わらず多く、Jリーグの外国人選手の中でも一番多くはある。だが今や、それらの選手は伯国で実績をあげられなかった本国では全くの無名選手ばかり。今やブラジル・サッカー連盟(CBF)にとっては、バブル経済も遠くになりにけりな日本よりも、経済成長で羽振りの良い中国や石油富豪がバックについているサウジアラビアやアラブ首長国連邦に好選手を送る方が商売として儲かる話となっていた▼今回のW杯での大躍進は、日本にとって待望久しい挽回の大チャンスだ。ただでさえ、中国リーグが外国人出場選手枠を1チーム3人までに制限し、中国を体験した伯人選手の中から中国での生活に不満を洩らすことも少なくなくなっていた矢先だっただけに実に好都合だ▼時を同じくしてJリーグでは、ヴィッセル神戸がイニエスタ、サガン鳥栖がフェルナンド・トーレスという、2010年W杯を制覇したスペインの名選手を獲得するという、同リーグにとって久々の大型補強を行なったばかり▼伯国からも昨年の末に、昨季のブラジレイロン(全国選手権)の最優秀選手および得点王の前コリンチャンスのジョーが名古屋グランパスに入団したが、このたびジーコが、古巣でもある鹿島アントラーズのテクニカル・ディレクターとして就任することも発表された。今現在、中国に渡っている元セレソン経験選手や、欧州に行って活躍するには年を取りすぎたタイプの選手を日本に振り向かせるのに今ほど良いタイミングはない▼ただでさえCBFの中国やアラブへの選手の派遣は「金満主義」と批判も強かった。それよりは今回のW杯で「実力的にも侮れない国」に選手を送る方が、伯国のサッカー・ファンの印象も良くなると思うのだが▼そして、うかうかしてもいられない。なぜなら今後、Jリーグにはもう一つ強敵がいるからだ。それが米国のメジャー・リーグ・サッカー(MLS)だ。米国は建国250周年にあたる2026年にW杯を開催する。それに向けて間違いなくMLSの強化に走るはず。選手の争奪戦でも間違いなく積極的になるであろうから、Jリーグも負けてはいられない。そしてCBFの関心がMSLに向かう前に、日本としては伯国から良い選手を獲得しておきたいところだ。(陽)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 「ヴァザジャット」で腑に落ちたモロの本当の評判2019年6月14日 「ヴァザジャット」で腑に落ちたモロの本当の評判  9日の夜から、伯国は、通称「ヴァザジャット」と呼ばれるスキャンダルで揺れている。ラヴァ・ジャット作戦を指揮していた二人のリーダー、セルジオ・モロ法相とデウタン・ダラグノル捜査官が、違憲とされている「判事と検察の協力」を行なっていたことや、ダラグノル氏に関しては、実はル […]
  • なぜCOAFの所属をめぐって激論になるのか?2019年5月28日 なぜCOAFの所属をめぐって激論になるのか?  ボウソナロは連邦議会で負け続けている。一番象徴的なのが金融活動管理審議会(COAF)の所属に関する票決だ。  モロ法相が「汚職撲滅のために法務省に絶対に必要」と希望しているのを尊重して、現状のままにする動きが与党側から何度出されても、ことごとくセントロン(中道議員に […]
  • 残るは「民主的でない人」ばかり?2019年5月24日 残るは「民主的でない人」ばかり?  今度の日曜の26日に、ボウソナロ大統領の支持者たちが、彼を改めて強く支持するためのデモを行なうという。仮想敵は、連邦議会で大統領の意見を通そうとしない、「古い政治家たち」なのだという▼だが、少しでも国内のニュースに目を通している人なら、現在のボウソナロ政権の政策が進捗 […]
  • TVドラマでも揺らいだモロへの信頼性2019年5月10日 TVドラマでも揺らいだモロへの信頼性  伯国でも世界有数に加入者の多い、映像配信サービス「ネットフリックス」では今日10日から、ペトロブラス汚職を暴くラヴァ・ジャット作戦を元にした伯国製作の連続ドラマ「オ・メカニズモ」の第2シーズンがはじまる。このドラマが、ラヴァ・ジャットの捜査員や同事件に絡んだ政治家など […]