ホーム | 日系社会ニュース | 《ブラジル》眞子さま=公式訪問最終日にベレン=市場視察や地元日系人と交流

《ブラジル》眞子さま=公式訪問最終日にベレン=市場視察や地元日系人と交流

式典後、汎アマゾニア日伯協会を出た眞子さま

式典後、汎アマゾニア日伯協会を出た眞子さま

 ブラジル日本移民110周年のための皇室公式訪問最終日の28日、眞子さまはパラー州都ベレンの汎アマゾニア日伯協会(生田勇治会長)で行われた日系社会歓迎行事のほか、同地の日系人や日本移民とのご引見、ヴェル・オ・ペゾ市場の視察などをされた。式典には約230人が参加し、3回目となった皇室訪問を歓迎した。
 眞子さまは午前8時、アマゾン地域独特の多様な動植物や生産品が並ぶ市場のご視察を行なった。入り口でネルソン・フォンテ市儀典長らが出迎えて案内した。眞子さまは野菜やインディオ工芸品などの特産品を珍しそうに見学された。
 その後、眞子さまは日伯協会に移動され、百歳以上の長寿表彰者の岩坂保さん(100、熊本)に移住年や最近の活動について質問され、「今自分史を書いているところです」と岩坂さんが話すと「完成したらぜひ日本にも送ってください」と返された。
 北伯県人会会長の武田司平さん(77、山形県)は眞子さまとのご引見を振り返り、「わざわざベレンまで来ていただいてありがたい。これからも協会の活動を頑張らなければ」と気を引き締めていた。
 式典では生田会長が歓迎の挨拶に立ち、「眞子さまはブラジルの14カ所を回られ、当地移民の110周年を祝われた」とご訪問に感謝の意を示した。アマゾン移民の歴史を振り返り、「現在の世代は四、五世になった。農業だけでなく医療や教育の現場でも活躍をみせ、ブラジル経済に貢献している」と紹介した。
 その後、今年汎アマゾニアミス・ニッケイに選ばれたオオハシ・リジアさんが花束を贈った。
 眞子さまは「3年前に両親が訪れたマンゴー並木の美しいパラー州ベレンにて、このような歓迎行事を開催していただきありがとうございます」と感謝を述べた。「当地でも日系社会の活動により日本文化が受け入れられており、一方日本ではベレン料理を提供するレストランがある。双方の文化が紹介されていることを興味深く思う」と語り、同地と日本の関係を紹介した。
 お言葉の後、佐藤平治元会長が万歳三唱を行なった。同協会の筝の会、太鼓グループ「鼓ドン」が演奏を披露。眞子さまは拍手の中で退場し、来場者は2国の国旗を振って名残惜しそうに見送った。
 地元の牧野照子さん(71、群馬県)はご訪問について「皇室の日系社会への心遣いを感じる。来てくれて本当に嬉しい」と笑顔を見せた。

image_print

こちらの記事もどうぞ