ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》アマゾナス州の麻疹患者千人超す=ボリビアが予防接種を義務化

《ブラジル》アマゾナス州の麻疹患者千人超す=ボリビアが予防接種を義務化

軍医や兵士も協力して行われているマナウス市での予防接種キャンペーン(Altemar Alcantara/Semcom)

軍医や兵士も協力して行われているマナウス市での予防接種キャンペーン(Altemar Alcantara/Semcom)

 ブラジル国内ではベネズエラ人の流入や移動に伴うと思われる麻疹(はしか)の感染拡大が続いており、ボリビアが、予防接種を受けていないブラジル人の入国を禁ずる事を決めたと21日付現地紙サイトなどが報じた。

 麻疹感染は、今年2月にロライマ州で最初の死者が出て以来、注目を集めている。6日に始まった乳幼児向けの予防接種キャンペーンでは、恒例のポリオと同時に、麻疹を含む3種混合が適用されている。

 麻疹の感染が最も懸念されているのは、流行状態となっているアマゾナス州とロライマ州だ。14日までに確認されている州別感染者数は、アマゾナス910人、ロライマ296人、サンパウロ1人、リオ14人、リオ・グランデ・ド・スル13人、ロンドニア1人、パラー2人の計1237人となっている。

 保健省はアマゾナスとロライマ両州での流行は抑制可能と見ているが、アマゾナス州での感染拡大は予断を許さず、21日現在の患者数は、177人増えて、1087人になっている。

 同州で最も深刻なのは762人の感染が確認されたマナウス市だ。同市では、5日に死亡した生後6カ月の赤ちゃんが麻疹に感染していた事が17日に確認され、死者の数が3人に増えた。ブラジル全体での死者は、アマゾナス州3人とロライマ州4人の計7人だ。マナウス以外で患者が確認されているのは、マナカプル市の187人など、10市に上る。

 他方、ボリビア当局の決定は、麻疹の感染がブラジル北部に広がっている事を懸念したもので、ロンドニア州と同国との国境を越えて入国するブラジル人に麻疹の予防接種も受けるよう義務付けた。また、同国からブラジルに入る人にも、国境を越える前に予防接種を受ける事を義務付けている。同国は黄熱病の予防接種も義務付けており、旅行者は予防接種記録の更新と所持が必要だ。旅行者が接種済みか否かの確認は、国境警備の兵士が行っている。

 同国との国境では、予防接種を受けた事を証明する手帳を失くした人などのためのワクチンが用意されており、1日平均300人が接種を受けているという。

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • なんとか体裁の整ったコパ・アメリカ2019年2月1日 なんとか体裁の整ったコパ・アメリカ  現在、アラブ首長国連邦で開催されているサッカーのAFCアジア・カップ。今回のトーナメントで日本代表は大活躍し、今日1日ブラジリア時間の正午にカタールと優勝をかけて決勝を戦うが、これは南米サッカー界にとっても思わぬうれしい結果となった▼なぜなら、6月に行なわれる、サッカ […]
  • ブラジル短信=「新政権発足、求められる秩序と発展」=1月20日記 サンパウロ市在住 田中禮三 2019年1月29日 ブラジル短信=「新政権発足、求められる秩序と発展」=1月20日記 サンパウロ市在住 田中禮三   新年に、退役大佐ボルソナロ新大統領率いる新政権が発足した。昨年末の総選挙で、過去十数年にわたる労働者党による腐敗政治に終止符が打たれ、新たな年の始まりと共にスタートした新政権へのブラジル国民の期待は大きい。  2015年に始まった検察庁、連邦警察によるラバジャット作 […]
  • コパ・アメリカ=組み合わせ抽選行われる=セレソンはボリビアと開幕戦2019年1月29日 コパ・アメリカ=組み合わせ抽選行われる=セレソンはボリビアと開幕戦  6月14日に開幕する、サッカー南米選手権(コパ・アメリカ)のグループ・ステージ組み合わせ抽選会が24日夜にリオで行われ、開催国のブラジル代表(セレソン)は、ボリビア、ベネズエラ、ペルーと共にAグループに入ったと25日付ブラジル各紙が報じた。  この大会は、南米サッカ […]
  • 《南米サッカー》チリ開催のU20選手権はスカウトだらけ=「客より多い」と元Jリーガーも語る2019年1月23日 《南米サッカー》チリ開催のU20選手権はスカウトだらけ=「客より多い」と元Jリーガーも語る  17日よりチリで開催されている、U20サッカー南米選手権。南米大陸ナンバーワンの座と、5月に開催されるU20W杯の出場権をかけて、10カ国が争う。  サンパウロFCでプロデビュー、ブラジル国内ではサントスやコリンチャンスでもプレー、その後は日本の柏レイソルや清水エス […]
  • 東西南北2018年12月11日 東西南北  あと2週間ほどでクリスマスになるが、9日付アゴラ紙によると、今年の子ども向けのプレゼントとして、武器のおもちゃが流行しているという。主な要因としては、子どもたちの間で「アベンジャーズ」などのスーパーヒーロー映画が影響力を持っていることが大きいが、奇しくも、今年は「銃自由化」を […]