安部順二氏=「私はフィッシャ・リンパだ!」=TRE、全員一致で出馬許可=フェイク・ニュースに終止符

安部順二氏(提供写真)

安部順二氏(提供写真)

 「私はフィッシャ・リンパ(潔白な経歴)だ!」――聖州高等選挙裁判所(TRE)が17日午後、安部順二連邦下議(民主運動・MDB)の統一選出馬を満場一致で承認したのを受け、本紙ポ語版Nippak紙の取材に、安部氏本人がそう強調した。4年前の選挙時以来、安倍氏はライバル陣営が出所と疑われる「フィッシャ・スージョだから当選不可能」などというフェイク・ニュース(虚偽報道)に悩まされてきた。

 フィッシャ・リンパ法では、第二審で有罪判決(=フィッシャ・スージャ)を受けた政治家は選挙に出馬できない。ルーラ元大統領もその規定によってクリチーバの連邦警察署内に留置されている。ところが安倍氏は有罪判決を受けていないにもかかわらず、出馬不可であるかのようなフェイク・ニュースが飛び交っていた。今回、州高等選挙裁判所が正式に出馬の承認をしたことで、改めて身の潔白が証明された。
 Nippak紙20日付けによれば、裁判ではファビオ・プリエト・デ・ソウザ連邦裁判官が「申し立てを棄却し、安部氏の立候補登録申請を承認する」と表明し、裁判官全員の支持を得た。
 申し立ては選挙地方検察局によるもので、「安部氏はモジ市市長時代の人事問題で有罪判決を受けた」との主張だった。2014年の統一選の際、同様の理由で安部氏の出馬に対し申し立てが行なわれ、フィッシャ・リンパ法の出馬停止リストに一時掲載されていた。満場一致となった今回の判決では、裁判官らは弁護側の主張を全面的に受け入れた。
 安部氏の弁護団の一人、フェルナンド・ネイッセル弁護士は「これで安部順二氏は、統一選への出馬を確認した。TREがフィッシャ・リンパだと認めたように、彼は聖州民の代表として選挙活動を継続することができる」と語り、「安部氏はいかなる決定的な有罪判決も受けたことがなく、連邦下議を務め上げる政治的権利を持っている」とした。
 同弁護士によると今回の申し立ては、2014年にTSEのルシアナ・ロッシオ長官(当時)が否認した申し立てを、再度蒸し返したもの。同弁護士は「安部氏の立候補の正当性には疑う余地がない」と強調した。
 ところが、安部氏に関しては今までSNSなどでフィッシャ・スージャであるかのような悪質なフェイク・ニュースが流され続けてきた。
 TREの判決を知らされた安部氏は、「真実が明らかになり、司法において正義が行なわれると確信していた。私はフィッシャ・リンパだ。いかなる有罪判決も受けていない。私はれっきとした正式な立候補者だ」と語った。