ホーム | 日系社会ニュース | トヨタ、新規投資289億円=インダイアツーバ工場近代化

トヨタ、新規投資289億円=インダイアツーバ工場近代化

 ブラジル・トヨタ自動車(ラファエル・チャン社長)は、先月28日、カローラを生産するインダイアツーバ工場に10億レアル(約289億円)の新規投資計画を発表した。オ・エスタード紙が29日付紙面で報じている。
 同紙によれば、工場開設20周年記念イベントにおいて同計画は発表された。今後18カ月で実施され、設備近代化とそれに伴う従業員訓練が行われるという。
 同日、発表したラ米カリブ地域を統轄するスティーブ・セイント・アンジェロ最高経営責任者は「この発表は、我が社のブラジルとその国民に対する信頼を、もう一度表す例となった。顧客の期待に応え、さらに輸出競争力をつけることを目的としたこの投資により、より柔軟で競争的な工場になるだろう」と期待を語った。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • ニコン、伯市場から撤退=スマフォ普及で市場縮小2018年9月22日 ニコン、伯市場から撤退=スマフォ普及で市場縮小  光学機器メーカー「ニコン」(牛田一雄社長、本社=東京都港区)のブラジル販売子会社「ニコン・ド・ブラジル」は12日、当地における全ての事業を終了したと同社ウェブサイト上で発表した。  同社は、2011年に当地で販売子会社を設立。14年ワールド杯と16年リオ五輪を見据え、市場拡 […]
  • G20大阪で日伯首脳会談=「貿易、投資促進したい」=日系社会の大きな役割確認2019年7月2日 G20大阪で日伯首脳会談=「貿易、投資促進したい」=日系社会の大きな役割確認  安倍晋三首相は、金融・世界経済に関する首脳会合(G20大阪サミット)出席のために訪日中のジャイル・ボウソナロ大統領との首脳会談を、日本時間の6月29日に大阪市内のサミット会場で行った。両者は両国間の幅広い分野の協力を推進する方向で一致し、「日伯両国の懸け橋としてブラジ […]
  • 東京カフェショー、3日から=伯国大使館が300万円援助2019年6月25日 東京カフェショー、3日から=伯国大使館が300万円援助  カフェレスジャパン実行委員会主催の「東京カフェショー―7回カフェ・喫茶ショー」が7月3日(水)~5日(金)まで、パシフィコ横浜(神奈川県横浜市西区みなとみらい1丁目1)で開催される。入場料3千円。時間は午前10時~午後6時、5日のみ午後5時まで。  ブラジル・パビリ […]
  • 「伴」が23日夜に閉店=原口店主「皆に愛されていた」2019年5月24日 「伴」が23日夜に閉店=原口店主「皆に愛されていた」  聖市リベルダーデ区のトマス・ゴンザガ街で2011年に開店した日本食レストラン「伴」が、今月23日午後10時半を以って閉店した。  店主の原口政信さん(66、宮崎県)は「昨年の11月13日に家主との契約は終わったが、何も言われなかったので経営を続けていた。それが一カ月 […]