ホーム | 日系社会ニュース | 唯一当選したコロニア基盤下議=西森氏、ボウソナロ氏支持表明

唯一当選したコロニア基盤下議=西森氏、ボウソナロ氏支持表明

ボウソナロ大統領候補の訪日に同行した西森下議(提供写真)

ボウソナロ大統領候補の訪日に同行した西森下議(提供写真)

 今月7日に実施された統一選挙で、日系社会を地盤とする連邦下院議員として唯一当選を果たした西森ルイス弘志連邦下議(PR)に、今回の選挙戦の総括と今後の議員活動について聞いた。
 「現在の政治情勢に不満を抱き、有権者が変革を求めるなかで、この選挙戦は現職議員にとっては強い向かい風だった。パラナ州においては、軍や警察関係者など一定の候補者に投票が集中したからだ」と話す。
 実際にパラナ州連邦下議選、州議員選で最も得票数が高かったのは、それぞれ軍警出身のサルジェント・ファウル氏(31万4963票)、連邦警察出身のデレガード・フランシスチーニ氏(42万7749票)。
 こうした影響を受け、西森下議も前回選挙(14年)の10万6852票から7万3344票まで票数を落としたが、なんとか3期目の再選を果たした。
 西森下議は「懲罰的投票により選出された議員がどれくらいきちんと仕事をしていくかが課題」とした一方、「これは治安改善を州民が求めているからに他ならず、ボウソナロ氏が入らなければ治安改善は解決しないと考えている結果。これをしっかり受け止めてやっていく」と語った。
 西森氏は、大統領選挙の一次投票を一位通過したジャイール・ボウソナロ氏とは親しい間柄にあるという。今年3月に日本の教育・技術分野における制度視察を目的とした訪日ミッションでは、同氏の要望を受けて同行、調整役も果たした。
 ボウソナロ氏は在日日系人が集住する静岡県浜松市、群馬県大田市を訪問し、熱烈な歓迎を受けた。その結果、今回の大統領選では在日伯人の有効投票数の79・9%を同氏が獲得している。
 西森下議は「ボウソナロ氏は、共産党主義国家を好んでおらず、今まで関係が希薄であった資本主義国家との関係強化を望んでいる」という。実際に訪日の際には韓国、台湾も視察しているが、中国は訪問していない。
 「彼が大統領になれば、日伯関係はこれから益々重要性をますことになる」と強調し、「この選挙戦では、党の関係でボウソナロ氏支持を表明しなかった。だが大統領選の決選投票に向けては、個人として、友人として彼を100%支持していく」と明言した。
 なお、日系社会については「私はパラナ州で選出された議員だが、これまで広く日伯関係強化に取組んできた」と話し、聖州から日系社会を代表する連邦下議が今回選出されなかったことを受けて、「日系社会を代表する議員として、サンパウロでも出来る限りのことをやっていきたい」と意欲を示した。
 最後に「今回、当選できたのはパラナ州民の皆様のおかげであり、心から感謝している。ブラジルの一議員として、農業、教育と様々な課題に取組んで参りたい」と謝意を滲ませた。

image_print

こちらの記事もどうぞ