ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》連邦上院議会=配電会社の民営化規定法案を否決=アマゾナス州配電会社は閉鎖の危機

《ブラジル》連邦上院議会=配電会社の民営化規定法案を否決=アマゾナス州配電会社は閉鎖の危機

エウニシオ・オリヴェイラ上院議長(Fabio Rodrigues Pozzebom/Ag. Brasil)

エウニシオ・オリヴェイラ上院議長(Fabio Rodrigues Pozzebom/Ag. Brasil)

 ブラジル連邦上院議会は16日、電力公社エレトロブラス傘下の配電会社の民営化規定改定法案を、賛成18、反対34で否決したと、16、17日付現地紙各紙・サイトが報じた。
 同法案は配電会社の民営化を容易にするためのもので、下院では既に承認されていたが、上院否決により事実上の棚上げとなった。また、否決により、今月25日に入札が予定されているアマゾナス・エネルジア社(アマゾナス州)の将来も不透明になった。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ