ホーム | ブラジル国内ニュース | 世界経済フォーラム=国際競争力ランクを発表=ブラジルは72位でBricsでも最下位

世界経済フォーラム=国際競争力ランクを発表=ブラジルは72位でBricsでも最下位

自然に恵まれ、文化レベルも高いブラジルだが、国際競争力という意味ではそのポテンシャルを十分に発揮できていない。(参考画像・Ricardo Stukert/Fotos Publicas)

自然に恵まれ、文化レベルも高いブラジルだが、国際競争力という意味ではそのポテンシャルを十分に発揮できていない。(参考画像・Ricardo Stukert/Fotos Publicas)

 世界経済フォーラム(WEF)は17日、2018年付の国際競争力ランキングを発表。ブラジルは17年の69位から72位に順位を下げたと、17日付ブラジル国内各紙が報じた。このランキングは世界140カ国を98の指標で総合評価したもので、各指標は12項目に分類、比較される。
 72位となったブラジルの前後には、アルメニア(70位)、モンテネグロ(71位)ヨルダン(73位)、セイシェル諸島(74位)などがランクされている。ブラジルはBricsの中でも、中国(28位)、ロシア(43位)、インド(58位)、南アフリカ(67位)の後塵を拝した。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ