ホーム | 連載 | 2018年 | 県連故郷巡り=アララクアラ、ノロエステ巡訪 | 県連故郷巡り=アララクアラ、ノロエステ巡訪=(4)=州の保養地、サンタ・フェへ=悠久の大河、パラナ川に憩う

県連故郷巡り=アララクアラ、ノロエステ巡訪=(4)=州の保養地、サンタ・フェへ=悠久の大河、パラナ川に憩う

河川沿いに位置する水上公園(ホームページより)

河川沿いに位置する水上公園(ホームページより)

 故郷巡り3日目の9月22日、訪問地はサンタフェ・ド・スール。同市の歴史を紐解くと、1920年に英国の石油会社代表ジョン・バイアック・パジェット氏が石油探索を目的に、パラナ川に添った3万2千アルケールの土地を購入したことに始まる。
 46年に土地所有を正当化させるため79世帯を送り込んだが、同年の46年憲法制定により地下資源の所有権は国家統制下におかれ、その利権は剥奪された。
 その後、アララクアラ線の開通のため、農業入植殖民会社(CAIC)がその土地を購入。開発資金を集めるため土地が分割販売され、48年に市が創設。53年に自治体に昇格した。
 現在、市人口は約3万人。隣町のイーリャ・ソウテイラ水力発電所の建設で湖面が拡大したため、〃大きな湖の都〃として知られる。03年からは29ある聖州保養地の一つに認定され、聖州から観光振興のために補補助金が下りている。
 川沿いには、500以上のキャンプ用宿泊施設を備え、カーニバルや祝祭シーズンは最高潮となり、市人口の半分にあたる1万5千以上が訪れるという。
    ◎
 同市内ホテルで宿泊した一行は、午前8時、市内の水上公園「グランジス・ラゴス・テルマス」に向けて出発。グランデ川、パラナイバ川が合流し、パラナ川と成す雄大な景色を背に眺め、波のプールなど充実したアトラクションが備わる同園は、まるで南国の楽園といった雰囲気だ。
 休日のため多くの観光客が訪れるなか、余りの暑さに日陰で休憩する参加者も。雑談を交わしていた参加者に声をかけたところ、レジストロからの一行だった。出発当日、聖市に向かう途上で大渋滞に巻き込まれ遅れて到着したために、気を揉んだのだという。
 兄弟とその家族と一緒に参加した北原吟子さん(73、熊本県)は「ノロエステについてはよく耳するけど、実際に来たことはなかった。他の地域の移住地を知るというのはいいものね」と満喫している様子だ。
 吟子さんに話を聞くと、13歳の時、58年に両親と8人兄弟で移住。「中学校の教科書を詰め込んで持ってはきたけど、いつの間にか何処かに行ってしまった。初めはスザノに入植し、家族皆でカマラーダをしたけど、食べるのが精一杯だった。女だけど男みたいに育ってきたのよ」と冗談交じりに語った。
 「私達の苦労なんて、苦労のうちには入らないのよ。アマゾン移民の苦難に比べたら…」とポツリと語り、続きを促すと「今日は楽しみに来ているんだから。こんな綺麗な景色を前にする話じゃないわ」と遮られてしまった。
 吟子さんは陽光に照らされた眩いばかりのプールに目をやり、「こうやって家族で一緒に来られることは有難い。やっぱり最後は家族が一番ね」と話し、義姉の千代さん(宮崎県、74)も「クリスマスや新年には、親戚中が家に集まるのよ」と顔を見合わせて微笑んだ。
 8人兄弟の北原家は今や親族が100人近くまでになり、子孫が繁栄しているという。(続く、大澤航平記者)


□関連コラム□大耳小耳

 故郷巡りでは訪問しなかったが、ジャーレス市のバスターミナル付近には日本広場、サンタフェ・ド・スル市のセンにも日の出ずる広場(Praca Sol nascente)と、日本移民の貢献を顕彰した広場がある。ジャーレスは10年、サンタ・フェは08年と移民百周年を契機に建てられた遺産のようだ。故郷巡りの常連からは「故郷巡りなのに、現地の日系社会との交流が今回はいつにもなく希薄」「誰が現地の日系の方なのかもよく分からなかった。もっと現地の人から話を聞きたかった」「今回は休憩ばっかり。もっと時間を有効に活用できないものか」といった厳しい意見も。こうした声も受け止め、次回の故郷巡り企画の参考にして欲しいところか。

image_print

こちらの記事もどうぞ