ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》8割が処方箋なしに薬服用=ネット医学の鵜呑みは危険

《ブラジル》8割が処方箋なしに薬服用=ネット医学の鵜呑みは危険

 製薬市場研究機関の科学技術品質研究所(ICTQ)によると、16歳以上のブラジル人の79%が医師の処方箋もなく、自己投薬している事がわかった。25日付現地紙が報じている。
 この数値は調査が始まった2014年以降、最大だ。医師の処方なしに薬を服用する人の比率は、14年は76・2%で、16年は72%だった。
 調査担当者からは、「ブラジル人の〃せっかちさ〃と、インターネットで薬の情報が簡単に手に入るようになった事が原因」との声が出ている。
 調査によると、「頭痛」「発熱」「風邪」「筋肉痛」などの症状が出た場合、多くのブラジル人はネットで調べて自分で薬を選んでしまう傾向にあるという。
 「自己判断投薬はブラジルだけの問題ではない。症状が長引くケースや、処方箋が必要な薬を勝手に買って飲んでしまうケースなどは根絶されなければならない」と専門家は取材に答えている。
 教師のクレウザ・アウメイダさん(64)は、難病の全身性紅斑性狼瘡にかかっており、毎週医者に行っているにもかかわらず、自己判断で薬を飲んでしまう事があるという。「医者に行って、深刻な病気と診断されるのが怖くて、少々の痛みなら自分で薬を選んで飲んでしまう。独りで注射したことさえも…」と語る。鎮痛剤や腫れを引かせる薬、制酸薬は常備しているという。
 2006年、国家衛生監督庁(Anvisa)は、処方箋がなくても買える薬の基準を制定した。それには、「依存症に陥る危険がない」「重い病気用の薬ではない」「服用期間が短い」などが定められている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ラテン・グラミー=今年もブラジル勢は蚊帳の外=ウルグアイの大物が主要部門圧勝2018年11月17日 ラテン・グラミー=今年もブラジル勢は蚊帳の外=ウルグアイの大物が主要部門圧勝  15日、中南米ならびにスペイン語圏最大の音楽賞、ラテン・グラミー賞の授賞式がアメリカのラス・ヴェガスで行われたが、ブラジル勢は今年も主要部門では蚊帳の外で終わった。  ラテン・グラミーでは毎年、メキシコ、プエルトリコ、コロンビア、そして中南米音楽の母国語の国としてスペインが […]
  • どうなる? 文化活性のためのルアネー法=ボウソナロ政権で美術館、博物館、興行に影響か?2018年11月14日 どうなる? 文化活性のためのルアネー法=ボウソナロ政権で美術館、博物館、興行に影響か?  ジャイール・ボウソナロ次期大統領が就任した後に、どのような扱いになるかと注目されているものの中に、文化活性法「ルアネー法」がある。同法が2019年からどうなるか、心配する文化関係者や国民は少なくない。  その理由のひとつは、ボウソナロ氏がすでに、文化省を廃止して、教育省、ス […]
  • サンパウロ市北西部=Mピニェイロスで橋に段差=事故起こらずも崩壊の危機2018年11月17日 サンパウロ市北西部=Mピニェイロスで橋に段差=事故起こらずも崩壊の危機  15日未明、サンパウロ市内を走る幹線道路のマルジナル・ピニェイロスの高速車線で、橋脚の一部が崩れて路面が沈み、2メートルの段差が生じて、通行止めとなる事態が発生した。16日付現地紙が報じている。  15日午前3時30分頃、ジャグアレー橋の手前にあり、市北西部ヴィラ・ロボス公 […]
  • ブラジルの予防接種率は?=各国の麻疹患者の数が物語る2018年11月13日 ブラジルの予防接種率は?=各国の麻疹患者の数が物語る  汎米保健機構が、ブラジルでの麻疹(はしか)の流行に関連して、予防接種の重要性を改めて説いた。  ブラジルで麻疹の流行が起きているのは、ロライマ州とアマゾナス州の2州で、今年9月までに確認された患者数は、ロライマ州310人、アマゾニア州1358人、両州とも、4人ずつの死者も出 […]
  • 《ブラジル》郵便局が国際小荷物受け取りで課金=郵便料金も9日から値上げ2018年11月14日 《ブラジル》郵便局が国際小荷物受け取りで課金=郵便料金も9日から値上げ  日本から小包を送ってもらったが、何の連絡もなく送り返されたとか、荷物が届いているから配送料金を払うよう通知が来たといった苦情が届くようになっている。  これは、国際郵便で届く小荷物は輸入品とみなすとの方針と、従来は国税庁が課税対象とみなしたものだけに課していた配送料金を、全 […]