ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》8割が処方箋なしに薬服用=ネット医学の鵜呑みは危険

《ブラジル》8割が処方箋なしに薬服用=ネット医学の鵜呑みは危険

 製薬市場研究機関の科学技術品質研究所(ICTQ)によると、16歳以上のブラジル人の79%が医師の処方箋もなく、自己投薬している事がわかった。25日付現地紙が報じている。
 この数値は調査が始まった2014年以降、最大だ。医師の処方なしに薬を服用する人の比率は、14年は76・2%で、16年は72%だった。
 調査担当者からは、「ブラジル人の〃せっかちさ〃と、インターネットで薬の情報が簡単に手に入るようになった事が原因」との声が出ている。
 調査によると、「頭痛」「発熱」「風邪」「筋肉痛」などの症状が出た場合、多くのブラジル人はネットで調べて自分で薬を選んでしまう傾向にあるという。
 「自己判断投薬はブラジルだけの問題ではない。症状が長引くケースや、処方箋が必要な薬を勝手に買って飲んでしまうケースなどは根絶されなければならない」と専門家は取材に答えている。
 教師のクレウザ・アウメイダさん(64)は、難病の全身性紅斑性狼瘡にかかっており、毎週医者に行っているにもかかわらず、自己判断で薬を飲んでしまう事があるという。「医者に行って、深刻な病気と診断されるのが怖くて、少々の痛みなら自分で薬を選んで飲んでしまう。独りで注射したことさえも…」と語る。鎮痛剤や腫れを引かせる薬、制酸薬は常備しているという。
 2006年、国家衛生監督庁(Anvisa)は、処方箋がなくても買える薬の基準を制定した。それには、「依存症に陥る危険がない」「重い病気用の薬ではない」「服用期間が短い」などが定められている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • サンパウロ州=来年から学校の休み変更?=7月半減し新たな1週間休も2019年4月30日 サンパウロ州=来年から学校の休み変更?=7月半減し新たな1週間休も  サンパウロ州は2020年から、学校の休みの時期を分散し、7月の休みを2週間に短縮するなどの新しい試みを行う。27日付現地紙が報じている。  現状では、サンパウロ州内の州立校の休みは、夏季(12月~1月)が45日間で、2月第1週の月曜に新学期開始。冬季の休みは7月に30日間で […]
  • 《ブラジル》暴力犯罪の死者が20州と連邦直轄区で減少=北東部の4州では大幅減2019年4月27日 《ブラジル》暴力犯罪の死者が20州と連邦直轄区で減少=北東部の4州では大幅減  今年の1~3月は、20州及び連邦直轄区で、昨年同時期と比べた暴力犯罪による殺害被害者の数が減少したと、26日付現地紙が報じている。  最新統計によると、暴力犯罪の犠牲者(殺人事件や強盗殺人、傷害致死事件による死者)が最も減ったのはセアラー州で、前年同期比で56・6%減。同州 […]
  • 《ブラジルサッカー》全国選手権1部、開幕間近=有力チームなどを紹介2019年4月27日 《ブラジルサッカー》全国選手権1部、開幕間近=有力チームなどを紹介  今年のサッカー全国選手権1部リーグが、28日より開幕する。  1月下旬から、州選手権や北東部選手権、リベルタドーレス杯、スル・アメリカーナ杯などの国際大会、ブラジル杯などの試合は行われていたため、厳密には「サッカーシーズン開幕」との言葉は不適切だ。  だが、やはり、シーズ […]
  • 《ブラジル》陸軍中佐を銃横流し容疑で逮捕=射撃クラブに陸軍名義の銃5丁2019年4月26日 《ブラジル》陸軍中佐を銃横流し容疑で逮捕=射撃クラブに陸軍名義の銃5丁  リオ州とエスピリトサント州でスポーツ射撃用途の銃の流通管理、監査を担当していたアレッシャンドレ・デ・アウメイダ陸軍中佐が23日、銃を射撃クラブに横流ししていた疑いで逮捕されたと、25日付現地紙サイトが報じた。  同中佐の逮捕は、陸軍東方軍司令部と陸軍広報センターも確認してい […]
  • 《サンパウロ市》地下鉄=「30日にスト」と労組決定=まだ前日に撤回の可能性も2019年4月27日 《サンパウロ市》地下鉄=「30日にスト」と労組決定=まだ前日に撤回の可能性も  サンパウロ市地下鉄公社(メトロ)の労働組合は25日に行われた総会で、週明け30日(火)にストを行うことを決定したと、25日付現地紙サイトが報じた。  労組側はスト実施の最終決定は29日に下すとしているが、スト決行の場合、青1号線(ジャバクアラ~トゥクルビ間)、緑2号線(ヴィ […]