ホーム | Free | 栗の雨貝、養鶏の伊藤2氏が受賞=山本喜誉司賞授与式、9日に

栗の雨貝、養鶏の伊藤2氏が受賞=山本喜誉司賞授与式、9日に

来社した長井実行委員長、常広副実行委員長

来社した長井実行委員長、常広副実行委員長

 農業分野の功労者を顕彰する『第48回山本喜誉司賞授与式』が11月9日午後7時から、聖市文協ビル(Rua São Joaquim, 381, Liberdade)2階の貴賓室で行なわれる。参加費100レ。
 今年の受賞者は、ミナス州で日本種の栗の生産、加工を行なう雨貝久さん、聖州スマレー市で養鶏を営んでいた故伊藤悟さんの2人。
 式典では山本氏が東京大学で農学博士号を取得した際の論文について、二宮正人氏からの講演も行なわれる。
 案内のため来社した長井邦弘実行委員長、常広アルフレッド副実行委員長は「小農家の減少が目立つが、農業は大事な事業。本式典で受賞者の栄誉を確認して」と来場を呼びかけた。
 問合せ、出席の連絡は文協(電話=11・3208・1755、メール=evento@bunkyo.org.br)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ