fbpx
ホーム | 日系社会ニュース | 「ブラジルで農業を学びたい!」=兵庫県高校生ら農業研修で来伯

「ブラジルで農業を学びたい!」=兵庫県高校生ら農業研修で来伯

県人会と研修団で記念撮影

県人会と研修団で記念撮影

 次世代の農業リーダー育成を目指し兵庫県が実施する、『第40回若手地域農業リーダー育成研修制度』が4~17日まで実施された。県内の農業高校、大学に通う学生13人が参加し、サンパウロ、パラナ州各地の日系農家や団体などと交流した。
 兵庫県立農業高等学校の佐々木達望さん(16)はパラナ州マリアルバ市のハナエ農園訪問を振り返り、「日本ではほぼ行なわれていない有機栽培をみることができた。日本でも実践する方法を模索したい」と展望を語り、「3年程度滞伯して有機栽培について学びたい」と笑顔を見せた。
 また、ホームステイ先での日系人との交流について、「日本のことが好きで知ろうとしてくれている。嬉しかった」と話した。
 兵庫県立有馬高等学校の谷口央祐さん(同)はパラナ州カストロ市の山本アルヴァロ一家による計画都市ノヴァ・カストロについて説明を受けたことに触れ、「農業の成功者が大規模な街づくりを行なっていることに驚いた」と語った。
 団長を務めた福本宣弘さん(50)は「天候に左右されつつも、学生らが厳しい日程を乗り越えてくれた。ブラジルの大規模な農業にも触れられたのでは」と語った。
 そのほか、一行はパラナ州のシダ・ボルゲッティ知事とヒライワ・ジョルジ農業局長を表敬訪問。マリンガ市で行われたホームステイでは、元プロサッカー選手の三都洲アレサンドロさんも一行を歓迎し、学生らとサッカー交流をした。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 「餅は搗かれ叩かれ味が出る」=激動の年の暮れ、餅つき祭り2019年1月4日 「餅は搗かれ叩かれ味が出る」=激動の年の暮れ、餅つき祭り  大晦日のサンパウロ市風物詩、リベルダーデ文化福祉協会(ACAL、池崎博文会長)が主催する第48回餅つき祭りが、31日午前9時からリベルダーデ日本広場で開催され、2万袋の紅白餅が配られたほか、グローボ局が昼のニュースSPTVで生中継した。  まず来賓らが順番に餅つきに […]
  • 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」2018年12月18日 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」  なんと早い1年だったか――予想はしていたが、まさに「アッという間」だった。5月にはトラックストという未曽有の大混乱があり、日本進出企業や日系地場企業も大打撃を受けた。それ以降、6月にサッカーW杯ロシア大会、7月に眞子さまをお迎えして日本移民110周年祭、8月から選挙運 […]
  • 岩手県人会が盛大に記念式典=創立60年と移住100周年=母県や国外から40人以上迎え2018年9月6日 岩手県人会が盛大に記念式典=創立60年と移住100周年=母県や国外から40人以上迎え  ブラジル岩手県人会(千田曠暁会長)は「県人会創立60周年・県人移住100周年記念式典」を先月26日、サンパウロ市リベルダーデ区にある電気工組合ホールで開催した。母県から達増(たっそ)拓也知事、佐々木順一県議会議長をはじめ、市町や企業の代表者、郷土芸能使節団ら約40 […]
  • 眞子さま、いらっしゃいませ!=「明治の日本」残すノロエステ=日系社会から歓迎の言葉続々2018年7月19日 眞子さま、いらっしゃいませ!=「明治の日本」残すノロエステ=日系社会から歓迎の言葉続々 プロミッソン=教育勅語が大家族の中心に=「世に尽くすことが喜び」  「これが人生で最高の写真です」――プロミッソンの安永一門の長老・忠邦さん(97、二世)がにこりと笑みを浮かべて取り出したのが、30年以上前に日語教師の研修で訪日した際、天皇皇后両陛下(当時、皇太子 […]
  • W杯セネガル戦=JHで200人超が日本応援=岩手、蕎麦すすって気合=決勝T進出に王手だ!2018年6月27日 W杯セネガル戦=JHで200人超が日本応援=岩手、蕎麦すすって気合=決勝T進出に王手だ!  W杯日本代表がロシアで熱い戦いを繰り広げていたとき、遠くサンパウロでも選手たちに熱い声援が送られていた。対セネガル戦の観戦会が24日、サンパウロ市のジャパン・ハウス(JH)や岩手県人会館など数カ所で開催された。特にJHには200人以上が応援に駆けつけ、試合終了後、引き […]