ホーム | コラム | 樹海 | 東西南北

東西南北

 昨日付本欄で、2日にジャイール・ボウソナロ次期大統領がパルメイラスの今季最終戦を観に行き、チームと共に優勝を祝った話を報じたが、3日はその際に起きたもう一つのことで盛り上がっている。それは優勝メダル授与式で、パルメイラスのフォワード、ウィリアンがメダルを受け取った後、目の前にいたボウソナロ氏に目もくれずに通り過ぎたことだ。これはパルメイラス・ファンの間で賛否両論を呼んだが、ウィリアンは「たまたま気がつかなかっただけ」と反論。ただ一部では、「ウィリアンにはダウン症の息子がおり、社会的弱者に冷たい発言の多いボウソナロ氏を嫌っているのでは」との憶測も囁かれている。
     ◎
 ジョアン・ドリア・サンパウロ州知事は3日、次期交通局長に、現テメル政権の都市相アレッシャンドレ・バウディ氏を指名した。テメル政権の閣僚から次期ドリア政権入りするのはこれで4人目となる。また合わせて、サンパウロ水道公社(SABESP)の新総裁としてベネジト・ブラガ氏も発表した。ブラガ氏はサンパウロ総合大学の教授で、ジェラウド・アウキミン氏が知事だった時代に、衛生局長をつとめた経験がある。
     ◎
 サンパウロ州ピリトゥーバで2日夜、退役軍警が強盗に襲われ、射殺される事件があった。同氏は、車を路上に駐車して道路の反対側に渡った際、接近してきた武装した2人組に車強盗を予告された。元軍警は非武装だったが、相手の武器を奪おうと試みて、頭を撃たれた。強盗はまだ、捕まっていない。同軍警はこの夜、娘の結婚式のための話し合いに参加する予定だった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • アユタヤ日本人町の二の舞を演じるな=サンパウロ新聞廃刊について思うこと2019年2月5日 アユタヤ日本人町の二の舞を演じるな=サンパウロ新聞廃刊について思うこと  昨年末をもってサンパウロ新聞(以下、サ紙)が廃刊した。あちこちから「それについて書かないのか」とせっつかれる。他人ごとではないだけに非常に気が重いテーマだ。まず思い浮かぶのは「お疲れさま。お互いよくここまで持った」という感慨だ。110周年まで日刊2紙が生き残ったこと自 […]
  • ブラジルでイクラが食べられるか?2019年1月15日 ブラジルでイクラが食べられるか?  昨年の暮れ、思い切って〝冒険〟をしてみた。サンパウロ市のメルカード・ムニシパル(R. Cantareira, 306 - Centro)で「ovas de […]
  • 樹海拡大版=マドゥーロ独裁政権の裏幕は軍幹部とキューバか2019年1月29日 樹海拡大版=マドゥーロ独裁政権の裏幕は軍幹部とキューバか 親米勢力VS反米勢力  「一つの国に二人の大統領」――ベネズエラは異常事態に陥っている。  しかも、『グアイド暫定大統領側』(国民議会議長)には米国を盟主とする汎米諸国(ブラジルなどリマグループ)や英仏独などのEU主要諸国、『マドゥーロ大統領』の側にはロシア、中 […]
  • 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」2018年12月18日 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」  なんと早い1年だったか――予想はしていたが、まさに「アッという間」だった。5月にはトラックストという未曽有の大混乱があり、日本進出企業や日系地場企業も大打撃を受けた。それ以降、6月にサッカーW杯ロシア大会、7月に眞子さまをお迎えして日本移民110周年祭、8月から選挙運 […]
  • 日系社会にとって2019年はどんな年か?2019年1月9日 日系社会にとって2019年はどんな年か?  日系社会にとって、2019年はどんな年になるのか?――ブラジルではボウソナロ新大統領が就任した一方、日本では平成の世が30周年を迎え、5月に改元するという大きな節目にある。  四世ビザ制度が軌道に乗れない中、34万人もの外国人労働者を受け入れる方向に日本政府は大きく […]