ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 今年、続々と新駅が出来て話題となったサンパウロ市地下鉄。人々の生活はすごく便利になったが、問題も少なくない。まず、1号線と2号線に連結されて人気がとみに高まっている5号線は、カルテルで企業体役員13人が断罪された。そのせいか、9月末にオープンして以来、未だに、サンタクルス駅に設置される予定のプラットホームの自動ドアが設置されていない。また、7カ月も試験運転が続き、12月に入ってようやく本格操業となったモノレールの15号線は故障が相次ぎ、減速運転や間引き運転が相次いでいる。毎度のことではあるが、出来たからにはしっかりしてほしい。
     ◎
 13日夜、サンパウロ市から145キロのアルトゥール・ノゲイラ市のアグリクウトーレス高速道で、29歳の男性が、41歳と44歳の女性を殺害した容疑で逮捕された。2人の女性の遺体を発見したモジ・ミリン市の市警備隊員が、同道をふらふらと歩いていたマテウス・カンポス・ノローニャ容疑者を発見。問いただすと、「強盗に遭った」と答えたが、その後、「2人の内の片方が知り合いだったので相乗りさせてもらったが、常用薬の影響で精神が錯乱」して殺害してしまったという。同容疑者は逮捕済みだが、真相やいかに。
     ◎
 ここ連日、サンパウロ市は最高気温が33度といった熱帯日が続いている。予報によると、この状態はもうしばらく続く。今月頭に大雨が降ったため、安心かに見えたカンタレイラをはじめとした水系も、このところ水位が伸び悩み。こういうときは、にわか雨でもサーッと降れば気温的にも気分的にも落ち着くのだが。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2019年1月17日 東西南北  昨日の話題は、本面でも報じている、ボウソナロ大統領が出した銃規制緩和の大統領令一色となっている。国民の間で議論が尽きない話題ではあるが、それとは関係なしに気になったのが、大統領が同令に署名する際に使ったボールペンだ。これは「BIC」社のもので、国内であればどこの文房具店でもか […]
  • 東西南北2019年1月15日 東西南北  ボウソナロ大統領の長男でリオ州議のフラヴィオ氏(2月から上議)の「疑惑の職員」と騒がれている、ファブリシオ・デ・ケイロス氏はつい先日、癌の手術で入院していたサンパウロ市アルベルト・アインシュタイン病院を退院した。だが、その直後に、入院中に妻や娘たちと元気にサンバを踊っていた動 […]
  • 東西南北2019年1月16日 東西南北  米国のトランプ大統領が14日、ボウソナロ大統領をほめた。トランプ氏はニュー・オーリーンズでの全米農業機構会議での演説で、「03年のブラジルとの貿易関係活性化以来、初めて、ブラジルに牛肉が売れた。あの国には今、いい大統領がいる。なんでもあの国の人々は彼を〃南米のトランプ〃と呼ん […]
  • 東西南北2019年1月11日 東西南北  9日付本面で、ボウソナロ大統領が圧力をかけた形で、国立再生可能天然資源環境院(IBAMA)のスエリ・アラウージョ院長が辞任したという話を書いたが、そのIBAMAが9日、2012年に自然保護区で釣りを行ったことでボウソナロ大統領に課していた罰金1万レアルを帳消しにした。IBAM […]
  • 東西南北2019年1月12日 東西南北  11日、陸軍総司令官のエドゥアルド・ヴィラス・ボアス氏の退任式とエジソン・レアル・プジョル氏への引継式が行われた。ボアス氏は、まだジウマ政権だった2015年に陸軍総司令官に就任。ジウマ氏の大統領罷免後も、テメル政権を経て、ボウソナロ政権成立に至るまでの激動期に陸軍総司令官を務 […]