ホーム | イベント情報 | ブラジル日本移民110周年記念 第46回全伯王将戦大会

ブラジル日本移民110周年記念 第46回全伯王将戦大会

■大会概要

 ■概要
 ブラジル日本将棋連盟とニッケイ新聞は、4月22日午前8時より、サンパウロ市リベルダーデ区の同連盟会館(Rua Galvão Bueno, 17, 3o andar)にて、『ブラジル日本移民110周年記念 第46回全伯王将戦大会』を開催いたします。全伯王将戦大会は歴史ある全伯二大大会の内の一つです。例年午後7時には表彰式を終え、解散とななります。


前回大会の様子

 ■参加方法
 大会当日午前9時までに会場受付にて参加費50レアルを支払い、参加登録を行ってください。

 ■試合方法
 参加者は初・二段戦、三段戦、四段戦、それ以上の段位者向けの本戦にそれぞれ出場登録します。
 各段位戦は時間制限なしの総当り形式で、最多勝利者を優勝とします。
 段位免状を持たない参加者は初・二段戦からの参加が原則となりますが、事前に連盟会館へ赴き、連盟関係者と手合わせするなどして、関係者からの推薦があれば上位区分からの挑戦もできます。ブラジル将棋連盟会館は毎日午後2時から午後6時半まで開館しており、吉田国夫ブラジル将棋連盟会長は「大会の下見も兼ねて気軽に遊びに来てください」と呼びかけています。希望者は事前の電話連絡をおねがいします。
 
 ■初心者教室(日ポ両語)
 同日同会場にて午後2~3時、3時半~4時半の2回、初心者向けの教室を日ポ両語で開催いたします。
 将棋の成立ちやチェス、囲碁との違いの説明、大盤を使った駒の動かし方解説を行った後、参加者同士で試合を行います。大会に参加する自信はないけれど、将棋には興味があるという方におすすめしています。
 参加に事前申し込み等は必要ありませんが、人数把握のため下記メールアドレスにご一報いただけると助かります。
 ニッケイ新聞=syougi@nikkeyshimbun.jp

 

 ■問い合わせ先
 電 話:ブラジル将棋連盟会館=(11)・3209・7687
 メール:ニッケイ新聞=syougi@nikkeyshimbun.jp

 ■会場案内
 住所:Rua Galvão Bueno, 17, 3o andar
 サンパウロ市リベルダーデ区地下鉄リベルダーデ駅から徒歩2分のショッピントレードセンタービル3階。

 

 

■ポ語での情報発信

 ブラジル将棋連盟はFacebookよりポ語での情報発信も行っています。
   ブラジル将棋連盟Facebook
   https://www.facebook.com/abrashogui/

 ポルトガル語での将棋入門書も配信しています。
 https://www.nikkeyshimbun.jp/wp-content/uploads/2018/03/como-jogar-shogui.pdf

 

■最近のブラジル将棋界の様子

 最近のブラジル将棋界の様子は以下の記事から楽しめます。

 《ブラジル》王将戦=14歳VS84歳の真剣勝負=患苦の青木八段、一手差制す=勝負の分かれ目は「気迫」
 https://www.nikkeyshimbun.jp/2017/170609-71colonia.html

 全伯将棋名人戦=最後の70歳差対決!=全伯名人位、加藤くんに=毅然と時間切れ決着拒否
 https://www.nikkeyshimbun.jp/2017/171111-71colonia.html

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 第2回リオ祭り=昨年1割増し4万4千人入場=カリオカも日本文化に夢中=日本食、和太鼓、コスプレも2019年2月1日 第2回リオ祭り=昨年1割増し4万4千人入場=カリオカも日本文化に夢中=日本食、和太鼓、コスプレも  日本移民110周年記念として、昨年から始まったGLイベンツとTASAイベンツ共催の『第2回リオ祭り』が25、26、27日の三日間、リオ市のリオセントロ・コンベンション・イベントセンター第4パビリオンで盛大に開催された。リオ最大規模の日本祭りで、昨年よりも1割多い、延べ […]
  • あけましておめでとうございます2019年1月8日 あけましておめでとうございます  ニッケイ新聞読者の皆様、あけましておめでとうございます。  旧年中はブラジル日本文化福祉協会およびブラジル日本移民110周年記念祭典委員会に対し、温かいご理解ご協力を頂き、誠にありがとうございました。  昨年は、ブラジル日本移民110周年を記念する祭典がブラジル各 […]
  • 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」2018年12月18日 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」  なんと早い1年だったか――予想はしていたが、まさに「アッという間」だった。5月にはトラックストという未曽有の大混乱があり、日本進出企業や日系地場企業も大打撃を受けた。それ以降、6月にサッカーW杯ロシア大会、7月に眞子さまをお迎えして日本移民110周年祭、8月から選挙運 […]
  • 《ブラジル》22歳、初出馬で46万票!=カタギリ次期下議に直撃取材=奈良県人会でボランティアも2018年11月2日 《ブラジル》22歳、初出馬で46万票!=カタギリ次期下議に直撃取材=奈良県人会でボランティアも  若干22歳、初出馬でなんと46万5310票も集めて連邦議員にみごと当選した話題の日系人、キム・カタギリさん(22、三世)を10月24日に取材した。サンパウロ州選出の連邦下議の中では4番目だ。このような新しい〃大波〃によって下院議員全体の3分の2が入れ替わった。ジョルナ […]
  • 池坊ブラジル支部50周年祝う=「美と和」モットーに仲良く=独自の花材活かして発f展2018年10月24日 池坊ブラジル支部50周年祝う=「美と和」モットーに仲良く=独自の花材活かして発f展  池坊ブラジル支部(河村徳子支部長)は日本移民110周年と、支部創立50周年を記念した「記念花展」開幕式を21日午後7時半、会場となるニッケイパラセホテル別館で行なった。日本からは池坊中央研修学院の森部隆教授が4度目の来伯をし、各地でセミナーを開いたほか、23日までの花 […]