2019年1月22日の記事一覧

サンパウロFC、ミドルスブラ、アトレティコ・マドリッドのスター、ジュニーニョ=サンパウロ州の地方クラブで会長を務める

ジュニーニョのインタビューを伝えるイトゥアーノFCの公式ツイッター(@ituanoodficialより)

 若くしてサンパウロFCで頭角を現し、イングランドのミドルスブラ、スペインのアトレティコ・マドリッドなどで活躍。ブラジル代表では、1996年のアトランタ五輪で日本と対戦、2002年日韓ワールドカップでは優勝メンバーに名を連ねたジュニーニョ・パウリスタ。  165センチ、58キロと極めて小柄ながら、華麗なドリブルで日本にファンも多 ...

続きを読む »

ベネズエラ=国家警備隊員がマドゥーロ氏に対峙=「大統領と認めるな」と訴え捕まる

国家警備隊のビデオに応答し、軍兵士らの接近を阻止するために車に火を放つなどの抗議行動を行ったベネズエラの人々(21日付G1サイトの記事の一部)

国家警備隊のビデオに応答し、軍兵士らの接近を阻止するために車に火を放つなどの抗議行動を行ったベネズエラの人々(21日付G1サイトの記事の一部)  ベネズエラでは10日にニコラス・マドゥーロ大統領の第2期就任式が行われ、国内外の世論が二分されているが、21日早朝、国家警備隊員が「マドゥーロ氏を大統領とは認めるな」とのメッセージを流 ...

続きを読む »

《ブラジル》フラヴィオ次期上議=週末に次々と疑惑が浮上=謎を呼ぶ5日で48回の振込=ケイロスは700万レ支払?=自身は420万レで物件購入?

21日付フォーリャ紙より

21日付フォーリャ紙より  【既報関連】元運転手のファブリシオ・ケイロス氏の口座を巡る疑惑の金銭受取への捜査を止めさせようと最高裁に掛け合った、リオ州州議のフラヴィオ・ボウソナロ氏(次期上議)に、金融活動管理審議会(COAF)の調べによる疑惑が次々と浮上している。19~21日付現地紙が報じている。  まず18日、グローボ局は、2 ...

続きを読む »

《ブラジル》前政権の負の遺産474億レアル=過剰な税制優遇で歳入減=「もう認めない」とゲデス財相

パウロ・ゲデス(Valter Campanato/Ag. Brasil)

パウロ・ゲデス(Valter Campanato/Ag. Brasil)  テメル前政権が行った滞納税回収計画(Refis)による、取立て減額分が474億レアル(約1兆4千億円相当)に達していたことが分かった。21日付現地紙が報じている。  Refisは、税金や、社会保障費など、民間企業が国庫へ滞納している分を、利子や罰金などを ...

続きを読む »

ボウソナロ大統領=ダヴォス経済会議に初参加=世界的企業に投資呼びかけ

ダヴォス出立前のボウソナロ大統領(左)と大統領職を代行するモウロン副大統領(Alan Santos/PR)

ダヴォス出立前のボウソナロ大統領(左)と大統領職を代行するモウロン副大統領(Alan Santos/PR)  22~25日に開催されるダヴォス(スイス)での世界経済フォーラム出席のため、ジャイール・ボウソナロ大統領が20日夜、アミウトン・モウロン副大統領に代行を委任後、ブラジリアを発ったと20、21日付ブラジル国内紙サイトが報じ ...

続きを読む »

サンパウロ州=銃強盗の大半は家と商業施設で=銃規制緩和の矢先に不安

 サンパウロ州では、銃の窃盗や強盗の半数以上が民家や商業施設で起きていることがわかった。20日付現地紙が報じている。  これはサンパウロ州保安局が保管する、2014年から18年の5年間のデータから明らかになった。  それによると、この5年間に起きた銃の窃盗ならびに強奪事件は約1万1500件(1件1丁とは限らない)で、44%が一般 ...

続きを読む »

《ブラジル》17%が国内での転居を希望=変わりゆく希望者の背景や動機

 大型不況が発生した2014年を軸に、その3年前と3年後である、2011年と2017年を比較すると、「12カ月以内に今住んでいるところから転居(国内限定)するつもり」と答えた人は、12・5%から17・01%へと、3割以上増えた事が分かった。21日付現地紙が報じている。  ジェトゥーリオ・ヴァルガス財団(FGV)が行った調査は、9 ...

続きを読む »

東西南北

 ボウソナロ大統領は21日、世界経済フォーラムの開催されるスイスのダボスに到着した。出発直前は長男のフラヴィオ氏を巡るスキャンダルがブラジル全土を賑わせ、「汚職撲滅」を国民から期待されたボウソナロ一族の信用に傷がついたこともあり、そちらに後ろ髪を引かれるような気持ちでの出発だったか。もっとも今回の大統領は、苦手な領域の経済で各国 ...

続きを読む »

キム・カタギリ=戦国武将、片桐且元の末裔?=移民史料館でルーツを明かす=「日系社会のために尽くしたい」

移民史料館を訪問したカタギリ氏(撮影・Aldo Shiguti)

 来月1日に連邦下議に就任するキム・カタギリ氏(22、三世)は今月17日、文協ビルを訪問した。ブラジル日本移民史料館を初めて視察した同氏は、「戦国武将、片桐且元の家系の末裔」とのルーツを明かし、家族の移民体験を振返った。当選以来、聖州唯一の日系議員として引っ張り蛸となっているカタギリ氏は、日系社会への支援は「議員としての義務」の ...

続きを読む »

南青協総会=ピラルクー料理に舌鼓み=神代組2人参加、旧交温め

旧友が集まって楽しい一日を過ごした

 南米産業開発青年隊協会(南青協、渡邉進会長)の「2019年度定期総会・新年会」が19日午前11時、サンパウロ市の山形県人会館で開催され、夫人同伴で約30人が参加した。  会場の上座には創立者の長澤亮太氏の遺影が置かれ、鈴木源治さんの司会で、先だった数々の同志に1分間の黙祷を捧げた後、渡辺会長が開会を宣言した。議長には鈴木さん、 ...

続きを読む »