2019年2月8日の記事一覧

ネイマールはこのままでいいのか?

ネイマール(Gustavo Gomes/Agencia Brasil)

 昨年のW杯でいまひとつ活躍できず、むしろ髪型や大げさな転倒などをからかわれたネイマール。それ以降、イメージのよくない彼だが、今週、「果たして彼に、自覚はあるのか?」と首をかしげずにはおれない行動をとった▼それは4日夜にパリで行なわれた彼の誕生会だった。27回目の誕生日を祝うこの会には、総勢500人が参加。そこにはエムバペやカバ ...

続きを読む »

《ブラジル》ホンダ大ヒット二輪車CG125が生産中止に=一時はペレがCMキャラクターも

CG125 TITAN(Gelsi, from Wikimedia Commons)

 ホンダは、ブラジル国内で最大の売り上げを記録した二輪車CG125の製造を中止することを正式に表明。42年間で700万台以上を売った名車が市場から姿を消すことになった。  CG125は1976年にブラジル市場に登場し、イメージ・キャラクターにサッカーの王様ペレを使うなどして大々的に売り出した。こうした華やかなイメージに加え、ガソ ...

続きを読む »

《サンパウロ市》1月の生活費は0・43%上昇=低所得者層に一層厳しく

1カ月で生活必需品価格0・43%上昇は、決して軽くない(参考画像・Tania Rego/Ag. Brasil)

1カ月で生活必需品価格0・43%上昇は、決して軽くない(参考画像・Tania Rego/Ag. Brasil)  ブラジル労組間社会経済調査・統計所(Dieese)は7日、1月のサンパウロ市の生活費指数(ICV)が0・43%上昇だった事を発表、昨年2月からの直近12カ月累積のICVは3・35%となった。  貧富の差が激しいブラジ ...

続きを読む »

ルーラ=12年11カ月の実刑判決下る=アチバイア別荘疑惑の件で=担当弁護士「国連に提訴も」

ルーラ氏が服役しているクリチーバ連邦警察(Marcello Casal Jr./Agência Brasi)

ルーラ氏が服役しているクリチーバ連邦警察(Marcello Casal Jr./Agência Brasi)  パラナ州連邦地裁で6日、ルーラ元大統領のサンパウロ州アチバイアの高級別荘を介した贈収賄疑惑の第1審が行なわれ、12年11カ月の実刑判決が下された。ルーラ氏は昨年4月からサンパウロ州グアルジャー高級三層住宅を介した収賄容 ...

続きを読む »

《ブラジル》リオ市で暴風雨、6人死亡=1カ月分以上の雨が一晩で=倒木も市内で120カ所以上

大雨と突風により市内120カ所以上で木が倒れ、交通遮断、停電を引き起こした(Fernando Frazao/Ag. Brasil)

 リオ・デ・ジャネイロ市で6日夜に暴風雨が発生し、6人の死者が出たと6、7日付現地各紙・サイトが報じた。  暴風雨は午後8時半頃に発生、リオ市は大雨注意報を出したが、午後10時15分には警戒度最大の大雨警報に強化された。  バーラ・デ・グアラチリーバで2人、巨大フェヴェーラ(スラム)のロッシーニャで1人、近隣スラムのヴィジガルで ...

続きを読む »

《ブルマジーニョ鉱山ダム事故続報》「2日前に圧力計に異常」=強度証明書への署名強要も

事故から14日目も遺体の捜索活動は続いている(ミナス州消防局)

 【既報関連】1月末にミナス州ブルマジーニョで発生した鉱山ダム決壊事故の捜査で、ダム強度鑑定を行った技師のナンバ・マコト氏が、事故の2日前にダムの圧力計に異常がある事実をEメールでやり取りしていたことが分かった。また「ヴァーレ社から強度証明書に署名するように圧力を受けた」と供述していたと、8日付現地紙が報じた。  ダム所有会社ヴ ...

続きを読む »

サンパウロ市=市営劇場運営に不可解な出費=年に103回も飛行機出張?

サンパウロ市営劇場(Marcelo Camargo/Ag. Brasil)

 リオ在住のサンパウロ市市営劇場の運営担当者に対し、サンパウロ市役所が不可解な航空運賃を負担していたことが判明したと7日付現地紙が報じた。  現在、サンパウロ市市営劇場の運営はリオに拠点を置くオデオン社によって行なわれている。同社はジョアン・ドリア前市長の推薦で運営が委託され、2017年に21年までの契約を5億5690万レアルで ...

続きを読む »

《ブラジル》経済基本金利6.5%据え置き=低インフレ続き、低金利を継続

インフレが抑制されている今は中銀も低金利政策を続ける意向だ(参考画像・Marcos Santos/USP Imagens)

インフレが抑制されている今は中銀も低金利政策を続ける意向だ(参考画像・Marcos Santos/USP Imagens)  今年初めてのブラジル中銀、通貨政策委員会(Copom)が5、6日に開かれ、経済基本金利(Selic)は満場一致で現在の年利6・5%のままで据え置きとなったと、7日付現地各紙が報じた。  ボウソナロ政権発足 ...

続きを読む »

東西南北

 昨年11月におきたマルジナル・ピニェイロスの高架橋の一部が2メートルも崩落して以来、サンパウロ市内の高架橋の状態が心配されている。市が発表したところによると、市内で185ある高架橋のうち、この10年以内に改修工事を行なった橋はわずか16しかない、つまり全体の1割にも満たない数しか行なわれていなかった。その改修された橋の中でも、 ...

続きを読む »

CKC農業連携会議=日本から専門家、若手会議も=中南米5カ国から95人参加=ペルー参加、継続に意欲示す

記念の集合写真

 日本の農林水産省が中央開発株式会社(以下CKC、本社=東京)に委託する「平成30年度中南米日系農業者等との連携交流・ビジネス創出委託事業」の会議が今月4、5両日、聖市の宮城県人会会館で開催された。昨年4月から再スタートした同事業には、伯国、亜国、パラグアイ、ボリビアに加え、ペルーからも新しく出席し、95人の参加者が各事業や研修 ...

続きを読む »