2019年4月9日の記事一覧

(ダッタフォーリャ)ボウソナロの支持率32%に 歴代大統領就任100日で最低 支持率に貧富の差歴然 イデオロギー面で強い反発も

 ダッタフォーリャによる最新の世論調査の結果が発表された。ボウソナロ大統領の就任100日での支持率は32%で、民政復帰後に直接選挙がはじまってからの歴代大統領の初年100日の数字としては最低となった。7、8日付フォーリャ紙が報じている。    在任100日の時点でボウソナロ大統領は「よい」「最良」と評価した人は32%で、これはコ ...

続きを読む »

《ブラジル》ルーラ元大統領の禁固から1年経過=国内各地で右派と左派がデモを行う

 【既報関連】ルーラ元大統領(労働者党・PT)が、収賄及び資金洗浄容疑で禁固12年1カ月の実刑を受け、服役を開始してからちょうど1年が経過した7日、ルーラ支持の左派と、反ルーラの右派が国内各地でデモを行った。サンパウロ市のパウリスタ大通りでは暴力行為も発生したと、8日付現地各紙が報じた。  パウリスタ大通りのサンパウロ美術館(M ...

続きを読む »

《ブラジル》薬剤耐性の高い結核増加=3倍に増えて1日3件も

 ブラジルでは09年以降、薬剤耐性の高い結核の患者が3倍に増え、1日3件発生していると8日付現地紙が報じた。  17年に報告された結核患者は7万3200人で、1日200人が罹患している。同年の発生率は35・3人/10万人で、15年の34・1人以降、16年の34・3人のように増加傾向にある。昨年は34・8人/10万人に落ちたが、ま ...

続きを読む »

《サンパウロ市》公共交通機関カード=ビリェッテ・ウニコの使用規定変更を官報に掲載=学割の対象区域も拡大

 サンパウロ市の地下鉄やCPTM、バスなどで使われるビリェッテ・ウニコの使用規定変更が6日付サンパウロ市官報に掲載された。今回の変更は、2月に出された市長令の詳細規定の制定にあたる。今回の変更は90日後に正式施行となる。  2月1日以降、個人情報や顔写真を登録していないビリェッテ・ウニコの入金上限額は43レアルとされているが、6 ...

続きを読む »

《サンパウロ》ロラパルーザが「あわや中止」の事態に 落雷を恐れて2時間強中断

 サンパウロ市で最大動員を誇るイベントとして知られるロック・フェスティバル「ロラパルーザ・ブラジル」が6日、雨に伴う落雷の恐れで約2時間以上にわたって中断される騒ぎが起きた。7日付現地紙が報じている。  南部インテルラゴス・サーキットで行われた同フェスティバル開催2日目の6日午後2時20分に、主催者側が「落雷の危険性あり」と判断 ...

続きを読む »

東西南北

 ダッタフォーリャの調査で、大統領就任100日目での支持率が過去の大統領に比べて低いことが明らかになったボウソナロ大統領。こうした支持率の低さは、これに先駆けて行われた他の調査機関の調査でも似た結果が出ていた。だが、大統領本人は意に介さず、「最初の100日間で予定していたことの95%をやることができた」と自信を持って語っている。 ...

続きを読む »

「ボウソナロ、クソ食らえ」 国内最大ロック・フェスでも鳴り響いた反大統領合唱

 5日から7日の3日間、サンパウロ市のインテルラゴス・サーキットで、リオの「ロック・イン・リオ」と並ぶ、南米最大規模のロック・フェスティバル、ロラパルーザが開催され、約24万人を動員する賑わいを見せた。  今年は、現在、世界最高の実力派人気ラッパーのケンドリック・ラマーをはじめ、イギリス一の人気バンドのアークティック・モンキーズ ...

続きを読む »

《ブラジル》夏時間の採用停止を発表=「効果薄れた」と大統領語る

 ブラジルのジャイール・ボウソナロ大統領は5日、今年から夏時間を廃止すると発表した。  ブラジルでは例年、南部、南東部、中西部の3地方10州と、首都ブラジリアのある連邦直轄区で、10月中旬から翌年2月中旬までのおよそ4カ月間、夏時間が採用されてきた。(昨年は統一選挙の影響で夏時間採用は11月からだった)  ボウソナロ大統領は、「 ...

続きを読む »

《ブラジル》パラー州で橋の一部が崩壊=不法操業の船が橋脚に衝突し

 ブラジル北部のパラー州北東部で6日未明、州都ベレン市と内陸部を繋ぐ州道483号線の橋の一部が崩壊する事故が起きた。  事故が起きたのは6日午前1時38分。現場はベレン市から約60キロで、アカラー市の入り口に近いモジュ川に架かる橋だ。  同州のオペレーションセンターによると、事故当時は橋の上を走行中の車が2台あったとの目撃証言が ...

続きを読む »

リオ市=工事現場から3万点?=皇帝時代の品が続々出現

 リオ市北部のキンタ・ダ・ボア・ヴィスタで、リオ動物園近代化工事の現場から、皇帝時代の皿やカップなどの食器類、ナイフやフォークなどのカトラリー類、蹄鉄類、軍服などに使われた、帝国の紋章がついたボタンやブローチなど、総計3万点を超える品々が見つかった。  発見された品々は、19世紀後半から20世紀初頭までのもので、皇帝一家が同地区 ...

続きを読む »