2019年5月1日の記事一覧

《サンパウロ大都市圏》フォードと組合で合意成立=工場閉鎖に伴う解雇者支援で

 サンパウロ大都市圏ABC地区の金属労組とフォード社が4月30日に、サンベルナルド・ド・カンポ工場の閉鎖に伴う解雇者への支援に関する合意に達した  会社側の説明によると、工場閉鎖に伴って解雇される従業員には、奨励辞任プラン(PDI)に基づく退職金と、心理面のケア、労組協賛で開催する職業講座による訓練コース受講資格が与えられる。 ...

続きを読む »

SPFW=モデルがファッション・ショー中に急死=キャットウォークでふらつき意識不明のまま

 4月27日、サンパウロで行われていた「サンパウロ・ファッション・ウィーク(SPFW)」のファッション・ショーの最中に、モデルを務めていた男性が突然倒れ、そのまま帰らぬ人となる事態が発生。ブラジル・ファッション界に衝撃を与えている。  亡くなったのは「タレス・コッタ」の名で知られるモデルのタレス・ニュートン・ゴメス・アルヴァレン ...

続きを読む »

《ベネズエラ》グアイド氏が国民蜂起呼びかけ!=装甲車出動、一触即発の空気=「軍の支援得た」と宣言=体制派はクーデターと批判

支持者達の前で「軍の支援を得た」と宣言するグアイド氏(4月30日付G1サイトの記事の一部)

 ニコラス・マドゥーロ氏の大統領再選、就任は無効と主張する反体制派のリーダーで、1月23日に暫定大統領就任を宣言したフアン・グアイド国民議会議長が4月30日朝、「権力の不当な侵害(usurpacao)に終止符を打つために必要な軍の支援を得た」と宣言。国民にも蜂起を呼びかけるなど、同国を巡る状況に大きな変化が起きたと同日付ブラジル ...

続きを読む »

《ブラジル》ボウソナロ大統領=「農地侵入者への発砲は無罪」に=農業イベントの席で物議=農業関係者の正当防衛問題

4月29日のボウソナロ大統領(Alan Santos/PR)

4月29日のボウソナロ大統領(Alan Santos/PR)  ボウソナロ大統領は4月29日、サンパウロ州での農業系イベントで、「敷地内に不法侵入した人に発砲しても罪に問われないようにしたい」と発言し、物議を醸した。4月30日付現地紙が報じている。  この発言は、サンパウロ州リベイロン・プレットで行われた農業系大型イベント「アグ ...

続きを読む »

サンパウロ州海岸部=モデルのカロルさんが溺死=暴風雨でモーターボート転覆

亡くなったカロルさん(Reprodução/Instagram)

 4月28日にサンパウロ州北部海岸を襲った暴風雨により、モーターボートから転落した女性モデルが海で溺死する事故が発生した。4月29日、30日付現地紙、サイトが報じている。  亡くなったのは「カロル」の名で、モデルならびにテレビ・タレントとして活躍していたカロリネ・ビッテンコートさん(37)だ。カロルさんはこの日の16時40分頃、 ...

続きを読む »

《サンパウロ市》メトロのストは当面延期=6日に再度総会開いて決定

賃上げ交渉がまとまらず、ストが心配されるサンパウロ市のメトロ(Divulgação Metrô CPTM)

 【既報関連】サンパウロ市の地下鉄公社(メトロ)従業員組合が、4月29日夜の総会で、4月30日に予定されていたスト停止を決めたが、今後の交渉次第で、7日にストが行われる可能性があると4月29、30日付現地紙サイトが報じた。  4月30日のストは、インフレ率のみの給与調整とのメトロ側の提案を不服とした従業員組合が計画したもので、2 ...

続きを読む »

ポルトガル=「ブラジル人学生に石を投げろ」=名門大学で外国人差別行為

 ポルトガルの大学で、ブラジルからの学生に対する外国人差別が行われて問題化していると、4月30日付フォーリャ紙が報じている。  問題となっているのはリスボン大学法学部で、4月29日に、キャンパス内に石の詰められた木の箱が置かれ、「ズッカ(ブラジル人に対する侮蔑語)に投げつける場合は無料」の貼紙が添えてあった。  同大学の学生協会 ...

続きを読む »

東西南北

 ボウソナロ大統領が「農地内への不法侵入者への発砲は無罪」としたいと発言して物議を醸しているが、日本人としてはこれを聞くと、1992年に大きな波紋を呼んだ、米国での「日本人留学生殺人事件」を思い出してしまう。これは当時高校生だった日本の交換留学生がルイジアナ州でのハロウィン・パーティの訪問先を間違え、入り口で迷っている間に殺され ...

続きを読む »

天皇陛下御在位30周年式典に参加して=上原氏「言葉に代え難い感動」=中南米から唯一、特別招待受けて

感動を振返った上原氏

 2月24日、東京都千代田区の国立劇場にて、天皇陛下御在位30年記念式典が挙行された。中南米地域からはブラジル日本移民百周年協会の理事長だった上原幸啓氏(91、沖縄県)が、ただ一人特別に招待されて出席した。上原氏は「とにかく言葉に代え難い感動だった」と話し、御退位前最後となる陛下に拝謁した感激を振返った。  上原氏は、沖縄県那覇 ...

続きを読む »

明治天皇の曾孫はブラジル人=皇籍離脱後に渡伯した多羅間氏

多羅間俊彦氏

 戦後、1947年に皇籍離脱した11宮家51人のなかにブラジルに移民した故・多羅間俊彦氏(旧名、東久邇俊彦王)がいる。終戦時の宰相を務めた東久邇宮稔彦王(ひがしくにのみやなるひこおう)と明治天皇の第9皇女である聡子内親王(としこないしんのう)の間に生まれ、皇籍離脱した4年後の51年に外交官だった故・多羅間鉄輔氏の養子として移住し ...

続きを読む »