ホーム | 2019 | 6月

6月 2019の記事一覧

《ブラジル》経済不確実性指数が若干減少=「社会保障改革がまとまるまで高いまま」と研究者

 リオの学究機関ジェトゥーリオ・ヴァルガス財団(FGV)が28日に、今月の経済不確実性指数(IIE)を発表した。それによると、同指数は5月の119・5ポイントより0・4ポイント下がり、119・1ポイントとなった。4、5月の指数は、2カ月連続で上昇していた。  IIEは、ブラジル国内の主要メディアの報道や株式指数の変動、金融市場の ...

続きを読む »

《ブラジル》“川の王”は食用禁止に=パンタナルのドウラード

 ブラジル中西部のマット・グロッソ、マット・グロッソ・スル両州では、「川の王」の名で親しまれているドウラードを殺してはならないとの条例を出し、「川の王」の保護、保存に努めているという。  前記2州とボリビア、パラグアイにまたがり、「パンタナル」という名で知られる世界最大級の熱帯性湿地には、約300種の魚が棲んでいる。中でも、ドウ ...

続きを読む »

《ブラジル》観光相関係のPSL党員3人を逮捕=ボウソナロ政権に相次ぐ痛手=空軍機ショックも尾を引く=支持率と不支持率も並ぶ

19日、フランスのマクロン大統領と会話するボウソナロ大統領(Frederico Mellado/ARG)  26~27日にブラジル国内のみならず、世界を震撼とさせたブラジル空軍機からのコカイン発見に続き、27日に、ボウソナロ大統領の社会自由党(PSL)のミナス・ジェライス州支部関係者3人が、18年の統一選挙時に幽霊候補者(ララン ...

続きを読む »

《ブラジル》5月の正規雇用純増は3万2千人のみ=農牧畜業が雇用増加を牽引=「雇用創出は企業の役目」と大統領

正規雇用の増加ペースは依然緩やかだ(参考画像・MARCELLO CASAL JR./Agencia Brasil)  経済省が27日に発表した全就労・失業者台帳(Caged)のデータによると、5月は3万2140人分の正規雇用純増だったことが分かった。28日付現地各紙が報じている。  これは5月としては、7万2615人分の雇用増だ ...

続きを読む »

サンパウロ州=免許更新はネットでOK=登録事項に変更があれば別

インターネットで免許更新可と報じる27日付メトロ・ジョルナルの記事の一部

 サンパウロ州交通局(Detran―SP)が26日、通常の運転免許の更新はインターネットで受け付けると発表したと27、28日付現地紙、サイトが報じた。  現時点でインターネットでの更新を受け付けるのは、サンパウロ市、グアルーリョス市、カンピーナス市、サントス市など、85市のみだが、対象は徐々に拡大させていくという。  今回の変更 ...

続きを読む »

コパ・アメリカ=ブラジル代表が準決勝に進出=苦手のパラグアイを振り切る

PK戦で1人目のゴメスのシュートを止めたアリソン(Wander Roberto/CA2019)

 27日、サッカーのコパ・アメリカの準々決勝で、ブラジル代表(セレソン)が、パラグアイをPK戦の末、0―0(PK4―3)で振り切り、同大会12年ぶりとなる準決勝進出を決めた。28日付現地紙が報じている。  パラグアイとセレソンは、11年と15年にコパ・アメリカの準々決勝で対戦し、どちらも、パラグアイがPKで勝利している。また、チ ...

続きを読む »

《ブラジル》CMNが22年のインフレ目標発表=19年から4年連続で引き下げ

景気低迷で、インフレも抑制されている(参考画像・Marcello Casal Jr./Agencia Brasil)  国家通貨審議会(CMN、経済省所管)は27日、2022年のインフレ目標を3・5%(許容範囲±1・5%)とすることを決定した。27、28日付伯字紙・サイトが報じている。  3・5%という目標値は、3・25%だった ...

続きを読む »

東西南北

 就任してやっと半年が終わろうかというこのタイミングにおいて、騒動続出のボウソナロ政権。「良い」「悪い」「普通」の評価が3分されていることは本頁の記事で述べたが、別の項目を見ると、「大統領の手腕」に関しては48%、「大統領への信用」に関しては51%が否定的な回答をしており、いずれも肯定派を上回っている。ただし、メルコスルとEUの ...

続きを読む »

日本移民の4英傑揃い踏み!=水野龍と平野運平胸像を落成=東洋街ラルゴ・ダ・ポルヴォラに

水野胸像落成を祝う代表者ら

 これで日本移民の英傑4人が揃い踏み――水野龍(りょう)と平野運平胸像の除幕式が15日、サンパウロ市リベルダーデ区の日本風広場ラルゴ・ダ・ポルヴォラ(Largo da Polvora)で執り行われた。水野龍の三男・龍三郎さん、在聖日本国総領事館の楠彰首席領事、コンサートのため訪伯中の演歌歌手三山ひろし一行、各日系団体の代表者ら約 ...

続きを読む »

日本語センター=教育レベル向上策を議論=(下)=専門家派遣の要望が続出

意見交換会の様子

 日本の国会で『日本語教育推進法』が成立することを見越して、ブラジル日本語センターの日下野良武理事長(75、熊本県)の呼びかけで20日に開催された意見交換会では、さまざまな要望が出された。  日本語塾構え学園の宮崎高子園長は、「作品コンクールの絵画の審査員に、児童画を勉強した先生を派遣してほしい」と要望した。同コンクールには硬筆 ...

続きを読む »