fbpx

2019年8月28日の記事一覧

《ブラジルサッカー》フラメンゴが首位奪取=3戦勝ちなしのサントスは2位に後退

 24から26日にかけて、サッカーのブラジル全国選手権1部リーグ第16節、全10試合中、9試合が行われた。  この期間中は、共にリベルタドーレス杯、スダメリカーナ杯に出場するため、日程が合わずに9月10日に延期されたパルメイラス対フルミネンセ戦以外の試合が行われた。大きなトピックは、サントスFCのまさかの引き分けで、フラメンゴが ...

続きを読む »

《世界柔道》リオ五輪王者のブラジルのシウヴァ、日本の芳田に敗れるも銅メダル獲得

 25日から東京で開催されている柔道世界選手権の大会3日目、27日の女子57キロ級に、2016年リオ五輪金メダリストで、直前のパン・アメリカン大会でも金メダルを獲得したラファエラ・シウヴァ(ブラジル)が登場した。シウヴァは準決勝で日本の芳田司に敗れたが、その後の3位決定戦に勝利し、銅メダルを獲得した。  昨年の世界柔道バクー大会 ...

続きを読む »

アカデミー賞外国語映画賞=ブラジル代表作は前代未聞の大接戦で決定=カンヌ受賞作2作が争った末

 27日、来年2月に行われるアカデミー賞の国際映画賞へのブラジルからの出展作品として、カリム・アイヌス監督の「ア・ヴィダ・インヴィジーヴェル」が選ばれた。  決定はブラジル映画協会の審査員9人の投票で決まったが、今回争ったのは、今年のカンヌ映画祭で、実験的な映画作品が対象の賞「ある視点」の受賞作だった「ア・ヴィダ・インヴィジーヴ ...

続きを読む »

サンパウロ市=「現代美術よ、永遠に!」=ポルチナリらの作品の展示会

 サンパウロ市中央部のファロル・サンタンデルで27日、ポルチナリ、ディ・カヴァウカンチ、トミエ・オオタケ、ヴィクトル・ブレシェレといった現代画家の作品展、「コンテンポラネオ センプレ(Contemporâneo, Sempre)」が始まった。  大半の画家の作品は以前も展示された事があるが、今回は、ベネ・フォンテレスの作品も1点 ...

続きを読む »

《ブラジル》ボルソナロがG7の援助金を拒否=「アマゾンの主権」で反発=仏大統領に謝罪求めるも=背後でブラジル政府の挑発行為

 ボルソナロ政権は26日、主要7カ国首脳会議(G7)からの2千万ドルにも及ぶアマゾン森林火災対策支援金の受取を断ると表明したが、27日朝、「マクロン大統領が謝るなら受け取っても良い」と態度を軟化させた。その伏線には、自身とマクロン氏との間で起きた言い争いがあった。27日付ブラジル国内紙が報じている。 【無料朝刊サービス登録】PD ...

続きを読む »

《ブラジル政府》来年度予算の作成に苦心=更なる予算削減の可能性も

パウロ・ゲデス経済相(Marcelo Camargo/Ag. Brasil)  来年度予算案の提出期限を目前に、ブラジル連邦政府は、今年既に行われた支出削減よりさらに大きな削減を強いられることになりそうだと、27日付現地各紙が報じている。  特に、職員の人件費や年金などのように、義務的に払う必要がある経費を除いた、義務的ではない ...

続きを読む »

ドッセ川の河口は修復不能=マリアナのダム決壊事故で

 15年11月5日に起きたミナス州マリアナの鉱滓ダム決壊事故で、エスピリトサント州リニャレス市のドッセ川河口の地形や生態系に修復不能な損失が生じている事が確認されたと26日付現地紙サイトが報じた。  この研究報告は、サンパウロ州立カンピーナス大学(Unicamp)の博士課程で学ぶケイラ・コインブラ氏と、指導教官のカルロス・ロベル ...

続きを読む »

《ブラジル》 ボルソナロ大統領は板ばさみ=議会が汚職に甘い法律承認=国民は「拒否せよ」とデモ

 【既報関連】14日に下院で可決され、大統領の裁可待ちの状態にある職権乱用防止法。「汚職捜査で痛めつけられた議員たちからの、司法、検察に対する反撃」のような性格を持つ同法には、セルジオ・モロ法相や検察官らが拒否権行使を要請している。  それに対し議会は、拒否の要請をはねつけるようにとした意見書を作成し、ボルソナロ大統領に圧力をか ...

続きを読む »

サンパウロ市モノレール15号線=ジャルジン・プラナウト駅が開通=東部居住者の生活便利に

 26日、サンパウロ市モノレール15号線で新しい駅、ジャルジン・プラナウト駅が開業した。27日付現地紙が報じている。  ジャルジン・プラナウト駅は15号線にとっては通算7駅目となる。同線は18年4月に4駅が開業したことで、より本格的な運営がはじまっていたが、それ以来の新駅となる。  この駅ができても路線の長さは1・1キロに過ぎな ...

続きを読む »

東西南北

 ここ数日、アマゾンの森林火災の件をめぐって国際世論でも批判の声を浴びせられているボルソナロ大統領だが、全国運輸連盟(CNT)が23~26日に行った最新の世論調査によると、ボルソナロ政権の支持率は29・4%と初めて30%台を割り込み、逆に不支持率が39・5%に達した。2月は支持が39%、不支持が19%だったから、だいぶ支持の様相 ...

続きを読む »