2019年9月19日の記事一覧

イベント情報

EXPOSIÇÃO 【無料朝刊サービス登録】PDF版へのリンクに加え、毎日の新しい記事の見出しだけを、本文ページへのリンクをつけてメールで無料配信しています。メールアドレスを書き込み、「申し込み」ボタンを押すだけです。メールチェックのついでに気になる記事をクリック!   DANIEL SENISE – TODOS OS ...

続きを読む »

《ブラジルサッカー》VARの効果を検証=まだ誤解の多い使用基準=判定に時間がかかりすぎることも問題視

 サッカーのブラジル全国選手権1部リーグでは、今年からビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)を使い始めたが、リーグ戦の半分の19節までを消化した15日の段階で、多くのチームがVARに不満を抱いていることが分かった。  地元紙は1部リーグ全20チームに質問を送ったが、返答したのは12チームだけで、8チームは返答を避けた。    ...

続きを読む »

《ブラジルサッカー》国内人気No1はフラメンゴ=全体の20%が支持=ホーム平均観客動員も唯一の5万人台

 世論調査ダッタフォーリャによると、ブラジル国民の20%はフラメンゴファン(フラメンギスタ)で、14%はコリンチャンスファン(コリンチアーノ)であることがわかった。  どのサッカーチームを応援しているかに関する調査は、8月末に国内175市在住の2878人を対象に行われた。  3位はサンパウロFC(8%)で、4位がパルメイラス(6 ...

続きを読む »

《ブラジル》選挙資金問題=下院案を上院が大幅修正=世論に逆行、反発おそれて=どうする下院、10月頭が期限

上院報告官のウェベルトン・ロッシャ上議(Fabio Rodrigues Pozzebom/Ag. Brasil)  来年10月の統一地方選で必要となる選挙資金の扱いを巡って、下院と上院の間で真逆の判断が出た。今月4日に下院でスピード承認されていた、選挙資金の利用管理を甘くする法案(PL5029/19)は、大きく変更された形での上 ...

続きを読む »

《リオ市・マリエーレ市議殺害事件》検察庁が捜査連邦化を請求=黒幕TCE評議員へ捜査の手=ミリシアと昵懇、捜査妨害か

 昨年3月に起きたリオ市議(当時)のマリエーレ・フランコ氏殺害事件を、市警の管轄から連警へ引きわたすことと、殺害命令を出した疑惑が持たれている元リオ市議、州議で、リオ州会計検査院(TCE―RJ)の評議員(停職中)のドミンゴス・ブラゾン氏(民主運動・MDB)らへの捜査請求を、連邦検察庁のラケル・ドッジ長官が17日に高等裁判所(ST ...

続きを読む »

《サンパウロ》労組主催の求職フェア開催=徹夜で行列、六千人が訪れ

 17日から20日まで、ブラジル一般者労組(UGT)主催の集団求職フェアがサンパウロ市中央部(セントロ)で行われている。面接整理券が配布された17日は、前日から徹夜で列に並んだ人も含め、アニャンガバウーのUGT本部前に長い列ができたと、18日付現地各紙が報じた。  この求職フェアで出来た列の先頭の人は、16日午後から並んだ。出さ ...

続きを読む »

《リオ市》サントス・ドゥモン空港が通常運営再開=改修工事で民営化にはずみ

 部分的な改修工事が行われていたリオ市のサントス・ドゥモン空港が、21日午前6時より通常の運営に戻る。18日付現地紙が報じている。  今回の改修により、GOL、ラタン、アズルの3社の飛行機を従来の10%増しで運航できるようになった。 ※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 → ログイン.  会員登録はお済みですか? ...

続きを読む »

《ブラジル》家庭内暴力、加害者の賠償責任を明文化=保護施設の宿泊費用も含まれ

 ブラジルのジャイール・ボウソナロ大統領は17日、家庭内暴力の加害者に、SUS(ブラジルの公共医療システム)で生じた被害者の治療費を賠償することを義務付けた法律を裁可した。18日付現地各紙が報じている。  同法は、女性に対する言われなき暴力を防止する法律、通称マリア・ダ・ペーニャ法を改正したもので、議会で承認した後、大統領の裁可 ...

続きを読む »

東西南北

 サンパウロ州連邦裁判所が17日、15日で契約が切れた連邦政府の医療プログラム「マイス・メジコス」の医師37人との契約を半年間更新するよう、サンパウロ市に命じた。契約が切れた医師たちが働いていた市内34の医療機関では、16日から医師の診察が受けられない状況に陥っていた。サンパウロ市では給与などの支払いは市が負担していたが、連邦政 ...

続きを読む »

第71回全伯短歌大会=令和最初の1位は早川量通さん=〈天と地を区切る稜線の果てしなく大豆実れるブラジルの大地〉

 第71回全伯短歌大会(椰子樹社、ニッケイ新聞共催)が15日、サンパウロ市のブラジル熟年クラブ連合会サロンで開催され、30人が集った。事前に応募があった190首の中から、総合得点歌1位は二首で計43票を獲得した早川量通さんとなった。また、当日出された席題など、久しぶりに顔を合わせるメンバーと和やかに歌作りを楽しんだ。 【無料朝刊 ...

続きを読む »