2019年9月20日の記事一覧

驚くほどジューシーな川魚=ランショ・リオ・ドッセ

 一口ほおばると、ぎゅっと詰まった旨味と炭火の香ばしさが広がる。そして、驚くほどのジューシーさ…。もう箸が止まらない。  炭火で焼き上げた身は肉厚で弾力があり、たっぷり脂が乗っている。これは肉ではない。タンバキの炭火焼きだ。 【無料朝刊サービス登録】PDF版へのリンクに加え、毎日の新しい記事の見出しだけを、本文ページへのリンクを ...

続きを読む »

《ブラジル》積み立て退職金支払い開始でご用心!=お金や個人情報を狙って詐欺師暗躍

 ブラジルでは今月中旬から、退職金(正式には勤続期間保障基金・FGTS)用に積み立てた資金の退職前払い戻し措置が開始された。  これは退職金の積立金を退職前に払い戻すことで、消費を促し、景気浮揚につなげることを目的とした政策だ。  しかし、こうした政策が行われると、必ず発生するのは詐欺行為。  奇知にとんだブラジル人気質が悪い方 ...

続きを読む »

マルジョリエが国際エミー賞主演女優ノミネート=話題の異色医療ドラマのヒロイン

 アメリカ以外の国でのテレビ番組の栄誉とされる賞、「国際エミー賞」の「ドラマ主演女優部門」に、グローボ局の人気医療ドラマ「ソブ・プレソン」のマルジョリエ・エスチアーノがノミネートされ、話題となっている。  「ソブ・プレソン」は2017年からグローボ局ではじまった異色のドラマとして注目されている。ブラジルの大手局のドラマは、基本的 ...

続きを読む »

《ブラジル》選挙関連法問題=上院承認案を下院が再修正=汚職に甘い項目が一部復活=残るは大統領裁可か拒否権

ロドリゴ・マイア下院議長(Marcelo Camargo/Ag. Brasil)  【既報関連】今月初旬にブラジル連邦下院が承認した、汚職に極めて甘い内容を含んだ法案(PL5029/19)が、17日に連邦上院で大幅に修正された。同法案の下院での差し戻し審議は18日に行われ、違反に甘い項目が一部復活した。上下両院のやりとりはさなが ...

続きを読む »

リオ=きな臭い大統領長男の身辺=ケイロス問題で検察内紛争=PSL内部でも亀裂走る

フラヴィオ氏(Fabio Rodrigues Pozzebom/Agência Brasil)  リオ州検察局や社会自由党(PSL)のリオ州支部の中で、ボウソナロ大統領の長男のフラヴィオ上議を巡る問題が大きくなっていると、19日付現地紙が報じている。  フラヴィオ氏は、リオ州議時代の職員、ファブリシオ・ケイロス氏の口座で不審な金 ...

続きを読む »

《ブラジル》経済基本金利が制定以来最低の5・5%に=市場はさらなる利下げ望む

ブラジル中銀ビル(参考画像・Wilson Dias/Ag. Brasil)  17、18日に開かれたブラジル中銀の通貨政策委員会(Copom)で、経済基本金利(Selic)を年6%から年5・5%へと、0・5%ポイント下げることが決まった。19日付現地各紙が報じている。  Selicは昨年3月下旬に6・5%に切り下げられて以来、1 ...

続きを読む »

《ブラジルサッカー》A・パラナエンセがブラジル杯初制覇=決勝戦でインテルを下す

 サッカーのブラジル杯決勝第2試合が18日にポルト・アレグレのベイラ・リオ競技場で行われ、1週間前の第1試合を1対0で制したアトレチコ・パラナエンセが、インテルナシオナルを2対1で再び降し、チーム史上初のブラジル杯制覇を果たした。  初戦で奪われた1点のハンディを挽回すべく、ベイラ・リオスタジアムには大勢のインテルサポーターが詰 ...

続きを読む »

サンパウロ市=特定の組合員だけ以前の方式に=通勤用のビリェッテ・ウニコでまた判断が変わる

 二転三転続きで話題となっている、サンパウロ市のバスや地下鉄を使う労働者向けの通勤手当(ヴァーレ・トランスポルテ、VT)を課金したカード、ビリェッテ・ウニコ(BU)の使用条件が、18日にまた変わったと19日付現地紙が報じた。  通勤手当用のBU(BUVT)の扱いが変わるのは7度目だ。今回は、この問題に関する地裁の特別機関が、サン ...

続きを読む »

東西南北

 メガ・セナ(大型宝くじ)の1等賞金、1億2千万レアルを、労働者党(PT)の重鎮下議たちの職員グループが当て、18、19日にかけて話題となった。1口10レアルで49口集めた「ボロン(グループ掛け)」で、1口あたりの賞金は250万レアルというから、かなりの大金だ。反PT派の人々からは「PTはメガ・セナの賞金でも汚職か?」との言葉も ...

続きを読む »

モジ入植100周年盛大に祝う=初入植地のコクエラ会館で=「日本移民史に残る一日」

 コクエラ農業者協会(藁谷(わらがや)アントニオ長男(おさお)会長)とモジ・ダス・クルーゼス文化協会(津田フランキ理事長)が共催した「モジ入植100周年式典」が、コクエラ会館で15日に盛大に開催され、地元を中心に400人が駆けつけた。式典の最後に83人の功労者に感謝状が送られ、山元晴彦モジ文協元会長の音頭で乾杯し、盛大な昼食に舌 ...

続きを読む »