ホーム | 2019 | 10月 (ページ 5)

10月 2019の記事一覧

倫理=聖州、カンピーナス法人会設立=須郷会長「これから州全体に」=東日本大震災での秘話披露

 2017年のサンパウロ倫理法人会設立に続いて、19日には「カンピーナス倫理法人会」の設立記念式典が同市内のホテルで午前10時から開催され、約80人が出席した。1州に2法人会ができることから「聖州倫理法人会」も同時に設立され、両新団体の会長には須郷清孝氏が就任した。米国からは当日、倫理研究所の研究員の伏木久登(ひさと)さん、カリ ...

続きを読む »

レジストロ=灯篭流し、11月1日から=1500基の灯篭、チキン南蛮も

 レジストロ日伯文化協会(川尻イリネウ誠会長)と日蓮宗恵明寺が共催する「第65回レジストロ灯篭流し」が11月1日~3日の3日間、リベイラ川畔のベイラ・リオ広場で開催される。  同イベントは、伯国のお盆である「死者の日」(フィナードス)に合わせて行われるレジストロの恒例行事。今年は新しい試みとして、会場で冷やし中華やチキン南蛮を提 ...

続きを読む »

ラ米最大のユダヤ系音楽祭で=バンド「ジンタらムータ」公演

 サンパウロ市で開催されるラ米最大のユダヤ系音楽祭「第10回クレズマー(Kleztival)フェスティバル」に、アジアからの初招聘として日本のバンド「ジンタらムータ/Jinta-la-mvta」が出演する。  このバンドは04年に大熊ワタル(クラリネット)、こぐれみわぞう(チンドン、歌)により創立された。今回の出演メンバーは2人 ...

続きを読む »

キリストの幕屋=「生命之光」無料配布中

 サンパウロキリストの幕屋(鹿田正人代表)が月刊誌『生命の光』(日語)の無料配布を行っている。全95ページ。配布は郵送で行う。  800冊目の今号では、「今生きる力を」と題した特集を掲載。10ページには、難病から立ち上がった19歳の青年・光永紘一郎さんの軌跡が書かれている。  また、鹿田代表のお勧めは、68ページに載っている吉野 ...

続きを読む »

県連故郷巡りアマゾン=90周年に沸く「緑の天国」=(14)=移民の人生は「小説より奇なり」

 その日、細田宏志さんにとってどうしても外せない用事があった。祖国から岩手県知事一行がパラグアイに訪れており、県から融資を受けていた細田さんは、歓迎会のために妻と幼い息子2人を置いて出かけた。  歓迎会が終わり、約8キロの暗い帰り道を歩いていた細田さんは、理由のない妙な胸騒ぎがした。「早く家に帰らなければ」――はやる気持ちを抑え ...

続きを読む »

臣民――正輝、バンザイ――保久原淳次ジョージ・原作 中田みちよ・古川恵子共訳=(164)

 「エリーゼオス宮殿での会合は完璧な成果を治めた」と6月29日の新聞で発表した。「次のことでそれが証明できる」と得意になり「会議招集の前には州内で日本人テロリストにより87人が暗殺された。殺害された者の数は9日から17日の間に10人にのぼった。会合から12日目を迎え、今、サンパウロに平和がおとずれた。日系社会は落ち着きを取り戻し ...

続きを読む »

北東伯海岸への原油漂着に関する「最悪の想定」

ブラジル沿岸部における史上最悪の環境破壊  想像してほしい。たとえば故郷の美しい海岸の見渡すかぎりが、真黒な原油の塊でベトベトになっている様子を…。そこでは人はもちろん、鳥もウミガメも、魚すらも汚染され、次々に健康を害していく。  8月30日に最初の原油漂着が発見されてから、あちこちで発見されるようになり、今では200もの海岸で ...

続きを読む »

《ブラジル》障害者用の車の販売が急増=割引制度採用で3倍以上に

 障害または運動制限がある人(PCD)向けの特別仕様の車や、そのような人の世話をする家族や責任者が使うための車の販売数が増えている。  ブラジル支援技術産業、商業及びサービス協会(Abridef)によると、2018年のPCDやその家族に対する新車の販売数は26万4300台で、2014年の8万4千台と比べて215%増えた。 ※この ...

続きを読む »

《ブラジル》最高裁刑執行投票=ローザ判事が判断覆す=2審有罪での刑執行認めず=現状では執行派が1票リードも=審理の続きは11月に

ローザ・ウェベル判事(Roberto Jayme/Ascom/TSE)  「2審有罪判決での刑執行か否か」を問う最高裁での審理は、23日から具体的な投票がはじまった。24日が終った時点では4対3で「刑執行」が上回っているが、18年4月に行われた「ルーラ元大統領に人身保護令適用か」の判断では「適用しない」に票を投じたローザ・ウェベ ...

続きを読む »

《ブラジル》原油汚染にNGO関与?=サレス環境相が問題発言=下院議長からも批判される

 【既報関連】8月30日から続くブラジル北東部への原油漂着に関連し、リカルド・サレス環境相が24日、国際環境NGO(非政府団体)のグリーンピースが関与している可能性があるとツイッターで攻撃し、下院議長から批判を受けたと24、25日付現地紙、サイトが報じた。  グリーンピースは23日に大統領府前で、北東部での原油汚染やアマゾンの森 ...

続きを読む »