ホーム | 2019 | 11月 | 01 (ページ 2)

2019年11月1日の記事一覧

CIATE=デカセギの現状と将来を考える=入管法改正30周年で国際シンポ

 国外就労情報援護センター(CIATE、二宮正人理事長)は在日日系就労者に関する国際シンポジウム「2019年度CIATEコラボラドーレス会議」を11月9、10日、ブラジル日本文化福祉協会ビル貴賓室(R. São Joaquim, 381, 2º andar – Liberdade)で開催する。  今回のテーマは「在日 ...

続きを読む »

援協=先細りの地区委員に危機感=昨年だけで1割減、4503人に

 サンパウロ日伯援護協会(与儀上原昭雄会長)は「第42回地区組織委員総会」を22日、聖市の援協本部ビルで行った。各地の地区委員19人と役員ら約50人が出席。年会費は100レアルで据え置くことが決まり、園田明憲委員長から会員の減少が課題として挙がった。  10月19日時点で個人、法人を含む会員数は4503人で、昨年10月末の501 ...

続きを読む »

大志万学院「文化の夕べ」=生徒の本刊行、合唱、ダンスも

 聖市の大志万学院(川村真由美校長)は1日夜7時から、テアトロ・ノーヴォ(Rua Domingos de Morais, 348)でイベント「Noite Cultural(文化の夕べ)」を開催する。  中心となるのは、木多なおみブルナさん(9年生)ら生徒が書いた文章をまとめた本『Reflexoes』の刊行祝賀会。それに合わせて「 ...

続きを読む »

名画友の会=11月の鑑賞会9、23日に

 サンパウロ名画友の会(五十嵐司代表)は11月の映画鑑賞会を9、23の両日(土)午後12時半から、聖市リベルダーデ区のブラジル日系熟年クラブ連合会会館(R. Dr. Siqueira Campos, 134)で開催する。  参加費は施設利用費として会員が10、非会員が12レアル。五十嵐代表によれば「非会員や初めての方も大歓迎」と ...

続きを読む »

大耳小耳

 編集部で売っているラーメンが、今だけ特売価格になっている。事情があって値段はかけないが、「かなりお得」なことは間違いない。「東京しょうゆ味」「博多とんこつ味」「喜多方極太麺」「札幌みそ味」など。中でも最近、特に売れ行きがいいのは「東京しょうゆ味」「喜多方極太麺」など。一度、試してみては?

続きを読む »

臣民――正輝、バンザイ――保久原淳次ジョージ・原作 中田みちよ・古川恵子共訳=(165)

 結局、その間、23人の死人、86人の負傷者、合計109人だが、その内訳は66人が認識組、43人が勝ち組となる。43人の勝ち組のうち、40人が6月末のオズワルド・クルスの事件のときに殺害されている。殺害、あるいは殺害未遂の加害者リストには45人の名が挙げられた。中館ジョージ調査員の意見でこれら45名はテロリストだと指摘されている ...

続きを読む »

コーヴァスの癌で聖市市長選はどうなる?

コーヴァス市長(Gilberto Marques/Governpo de Sao Paulo)  聖市市長のブルーノ・コーヴァス氏が癌を煩っていることがわかった。まだ39歳の若さでそんな大病になること自体、かなり驚きだが、これは聖州政界、そして所属の民主社会党(PSDB)にとって、予想だにしない衝撃だったに違いない▼それは同氏が ...

続きを読む »