2019年11月12日の記事一覧

年金改革通過、景気振興策の矢先=ルーラ出所で衝撃の政界や経済界=聖市在住  駒形 秀雄

 11月8日(金)、汚職容疑でクリチバ連邦警察署の独房に拘留されていたルーラ元大統領が釈放されました。  ルーラは「貧しい東北地方の出身で、恵まれない一般庶民の気持ちが良くわかる」「2018年、反対勢力に謀られて(?)刑務所に押し込まれてしまったが、それまでは虐げられてきた庶民の生活を良くする政策をとって来た人だ。本当の我々の代 ...

続きを読む »

県連故郷巡りアマゾン=90周年に沸く「緑の天国」=(22)=マナウスに取り残された34人

 途中大雨に見舞われながらも、水上レストランで昼食を取った一行は、ホテル・ブルー・ツリー・マナウスに戻った。夜はアマゾン地域の魚料理レストラン「Amazônico Peixaria Regional」を訪れた。  ここでは、この旅で最もアマゾン色が濃厚な食事が味わえた。どれも美味しかったが、肉厚なピラルクのチーズ焼きや、焼いたタ ...

続きを読む »

《ブラジル》87%は借金返済にボーナス使用=不景気や失業率の高さなど反映

 全国金融・管理・会計協会(Anafec)がボーナス(13カ月給)の使途を調べたところ、回答者の87%は借金返済に充てようと考えていた事がわかった。  10年前の調査ではこの割合は64%だったから、経済活動が落ち込んで失業率も高止まり、銀行融資などの返済利率も高いなどの諸事情で、借金や負債を抱える国民が増えている様子が窺われる。 ...

続きを読む »

サッカー=元ブラジル代表タイソンがウクライナで人種差別の被害=本人は反抗の中指立て退場

 18年サッカーW杯ではブラジル代表にも選ばれた、ウクライナのシャフタル・ドネツク所属のタイソンが、10日のウクライナ・プレミアリーグの対ディナモ・キエフ戦で、相手チームの観客の人種差別的な野次を浴びせられた上、退場させられる事件が起きた。  試合はシャフタルの本拠地メタリスト・スタジアムで行われたが、問題のシーンは後半37分に ...

続きを読む »

《サンパウロ》新築アパートが小型化=ライフスタイルの変化が原因

 ここ10年余りで、サンパウロ市の新築アパートの平均面積は27%も縮小した。  ワンルームタイプに限れば、その縮小率はもっと大きくなる。2009年には平均55・7平方メートルだったのが、2019年7月のデータでは33・2平方メートルへと、40・3%も小さくなった。  また、45平方メートル以下の「コンパクトタイプ」と呼ばれる物件 ...

続きを読む »

《ブラジル》ルーラ元大統領が8日に釈放される=週末の全国の話題は一色に=早速、大統領やモロ法相批判=議会では法改正で対抗の動き

9日、支持者に祝福されるルーラ氏(Ricardo Stuckert)  8日夕方、ルーラ大統領が580日ぶりに、パラナ州連邦警察の特別収監室から釈放された。7日の最高裁での審理結果を受けてのものだった。ルーラ氏は9日には自宅のあるサンパウロ大都市圏サンベルナルド・ド・カンポ市に戻り、自身の拠点だった金属労組の組合本部で支持者たち ...

続きを読む »

ボリビア政変=モラレス大統領が辞任発表=不正選挙疑惑の混乱収束せず=幹部も続々辞任、権力の空白発生

 【既報関連】ボリビアのエヴォ・モラレス大統領が10日、辞任を表明した。同大統領は、大統領4選を禁じる憲法や16年の国民投票の結果を否定する最高裁判決を得て、大統領選立候補を強行。選挙や開票手続きの正当性に疑問の声が上がる中、10月21日に当選が宣言(正式発表は24日)されたが、辞任を求める国民の抗議デモは収束せず、遂に軍にも見 ...

続きを読む »

《ブラジル》遂に南東部にも原油塊漂着=ウミガメの繁殖にも影響か

 【既報関連】8月30日に北東部で始まった原油漂着が南東部のエスピリトサント州にも及び、ウミガメが産卵する海岸でも原油塊確認と8~11日付現地紙、サイトが報じた。  エスピリトサント州での原油塊確認は7日のサンマテウス市グリリ海岸が最初で、8日に正式に漂着が発表された。原油流出源は未確定で、流出した原油の量も不明なため、海軍関係 ...

続きを読む »

《ブラジル》9月の工業生産は前月比0・3%減=ミナス、リオ・グランデ・ド・スル州が牽引

 地理統計院(IBGE)が8日、9月の国内の工業生産高は前月比プラス0・3%だったと発表した。8、9日付現地各紙・サイトが報じている。  月別工業生産高は、国内15地域別に算出される。8月から9月にかけては10地域で工業生産が伸びた。最も伸び率が大きかったのはバイーア州の4・3%で、以下、バイーア、ペルナンブッコ、セアラー州を除 ...

続きを読む »

《ブラジル》高等選挙裁がワッツアップに説明求める=大統領選でのフェイクニュース大量送信で

 高等選挙裁判所(TSE)は7日、ワッツアップに対し、昨年の大統領選の際に大量のフェイクニュースを流した疑いのある企業に関する報告を求めた。11日付現地紙が報じている。  これは昨年の大統領選の際、クイックモービルやヤコウズ、クロック・サーヴィス、SMSマーケットといった企業が、第3者名義で不正に購入したチップを数百枚も使い、ジ ...

続きを読む »