2019年11月13日の記事一覧

《ブラジルサッカー》全国選手権32節=フラメンゴ、U17W杯出場回避の少年が貴重な同点弾=早ければ17日にも優勝?

 11月9、10、11日に、サッカーのブラジル選手権1部リーグ第32節の全10試合が行われ、2位のパルメイラスが引き分け、首位のフラメンゴが勝利したため、勝ち点差が10に広がった。  フラメンゴに先駆け、9日に試合を行ったパルメイラスは、コンサートのためにホームスタジアムが使えず、サンパウロのパカエンブ―競技場でコリンチャンスを ...

続きを読む »

《ブラジルサッカー》レアルのロドリゴ(18)代表初召集インタビュー

 強豪レアル・マドリッドで旋風を巻き起こしている18歳のブラジル人FWロドリゴが、11月の親善試合で待望のブラジル代表初召集を受け、ブラジルメディアのインタビューに答えた。  ロドリゴは代表初召集に関して、「サッカー選手なら誰でも、代表のユニフォームに袖を通すことに憧れる。昔からずっと知っている素晴らしい選手たちとプレーできるな ...

続きを読む »

イグアス=巨大日系移住地にせまる魔の手=暗躍する「土地なし農民」=パラグァイ在住 坂本邦雄

 「またか!」と呆れた話である。  国立農村土地開発局(INDERT)は、かつて2005年に起きた、日系イグアス移住地にいまだ存在すると仮定される「国有余剰土地の問題」を再び蒸し返したのである。  このいいがかりを折に触れては燻ぶらしているのが、同移住地の西部隣接区のフアン・レオン・マリョルキン自治体(編注=ブラジルでは「市」。 ...

続きを読む »

《ブラジル》ボウソナロが新党結成を決意=名称は「ブラジル同盟」=議会や支援金で圧倒的に不利=申請そのものも時間要する

11日のボウソナロ氏(Alan Santos/PR)  ボウソナロ大統領は、所属の社会自由党(PSL)を抜け、自身の新党「ブラジル同盟(アリアンサ・ペロ・ブラジル)、以下APB」の結党を決意し、ついてくる意向の議員達との会合を12日に開いた。12日付現地紙が報じている。  新党結成の背景には、ボウソナロ氏とPSLとの対立がある。 ...

続きを読む »

ボリビア政変続報=モラレス氏メキシコに亡命=与野党支持者たちが国内で暴動=大統領代行は上院第二副議長?

 【既報関連】ボリビアでは、エヴォ・モラレス前ボリビア大統領が辞任を表明した翌11日も混乱が続いた。  同国警察機構は行政・立法府のある事実上の首都ラ・パスの治安を制御できないと表明し、軍に援助を求めた。ラ・パスやラ・パス都市圏のエル・アルトでは、暴徒化した市民が石や棒、ダイナマイトなどで武装し、暴れまわった。暴動は商店略奪や、 ...

続きを読む »

BRICS会議13、14日に首都で=共同で技術開発パーク構想

 13、14日にブラジリアで、第11回BRICS首脳会議が開かれると、6、11日付ブラジル国内紙サイトなどが報じた。期間中は個別会談や全体会談、企業家フォーラムなどが予定されている。  ロシア(R)のウラジーミル・プーチン大統領、インド(I)のナレンドラ・モディ首相、中国(C)の習近平国家主席、南アフリカ(S)のシリル・ラマポー ...

続きを読む »

《サンパウロ市》暴力からの女性保護施設落成=着工4年、3千平米超の広さ

 サンパウロ市中央部カンブシで11日、着工から4年をかけた「ブラジル人女性の家」が完成した。12日付現地紙が報じている。  この施設には、女性保護警察署や検察、公選弁護人事務所、裁判所などの女性保護施設が入っており、家庭内暴力や強姦などの暴行被害に遭った女性を24時間体制で受け入れる。また、サンパウロ市内の第一女性保護警察署も同 ...

続きを読む »

ボウソナロ=DPVAT廃止のMP=不正受給への対策というが

 ボウソナロ大統領は11日、自動車やその積荷による事故で被害に遭った人への損害賠償責任義務保険(DPVAT)を2020年1月1日より廃止するとの暫定令(MP)に署名した。12日付現地紙が報じている。  保険支払いの対象は2019年12月31日までに生じた事故の被害者だが、支払いそのものは2025年12月31日まで続けられる。 ※ ...

続きを読む »

東西南北

 12日朝、ボウソナロ大統領次男カルロス氏のフェイスブックやツイッター、インスタグラムのアカウントが削除された状態となり、ブラジルのネット上が騒然となった。同氏はボウソナロ氏のネット上での親衛隊長的存在で、最近行われている下院のフェイクニュース議会調査委員会では、「大統領府内で“憎悪部隊”と呼ばれる部署を率いている」などの指摘も ...

続きを読む »

明治維新は非西洋的大変革=北岡JICA理事長来伯講演=国民の政治参加進めた近代日本

 国際協力機構(JICA)の北岡伸一理事長は「日本開発研究プログラム(フジタ・ニノミヤチェア)」に関する特別講演を4日夜、サンパウロ市セントロ区のサンパウロ州立総合大学(USP)法学部講堂で行い、約400人が聴き入った。北岡理事長は「歴史的に世界を先導してきたのは西欧だが、非西欧で大きな発展をとげたのが日本。だから日本の近代化の ...

続きを読む »