2019年11月19日の記事一覧

《ブラジルサッカー》コリンチャンス女子、20戦20勝でサンパウロ州制覇=年間47戦43勝の絶対女王、涙の勝利

 サンパウロのアレーナ・コリンチャンスで16日、女子サッカーのサンパウロ州選手権決勝、コリンチャンス対サンパウロFCの第2試合が行われ、第1試合を1対0で制していたコリンチャンスが第2試合でも3対0と完勝。合計スコア4対0で初優勝を飾った。  今シーズンのコリンチャンス女子は記録的な好成績を収めていた。ブラジル全国選手権は、18 ...

続きを読む »

《ブラジル》9月の経済活動指数は前月比プラス0・44%=GDP予測を引き上げる金融機関も

ブラジルメディアの上向き予想にはやや願望も入っている?(参考画像・Marcello Casal Jr./Ag. Brasil)  ブラジル中銀が14日、9月の経済活動指数(IBC―br)は前月比プラス0・44%(季節偏差調整済み)だったと発表した。  IBC―brはブラジルの経済活動の状態を評価する指標の一つで、ブラジル中銀が経 ...

続きを読む »

《ブラジル》スーパー所有の「自由の女神」の虚像に敬礼=ブラジルの極右市民の“奇妙”な抗議行動

 17日、ブラジル国内で、最高裁のジウマール・メンデス判事への抗議デモが行われた。全国的に決して大きな成功とはいえなかったこのデモの中で、サンパウロ州内陸部の極右市民が行ったデモは、その特異な行動で注目を集めた。  場所はサンパウロ州アラサトゥーバ。同市でのデモは数10人が集まった程度のものだったが、彼らがそのときとった行動は、 ...

続きを読む »

《ブラジル》トフォリ最高裁長官が旧COAFのデータ送付命令=60万件にものぼる記録=検察や上院などから強い反発=大統領長男の疑惑再燃か

トフォリ最高裁長官(Gil Ferreira/Agência CNJ)  ジアス・トフォリ最高裁長官が、中銀財務情報部(旧金融活動管理審議会、COAF)に、過去3年間の捜査データ約60万件分を送るよう命じ、物議を醸している。その中には、ボウソナロ大統領長男のフラヴィオ上議によるラシャジーニャ(議員たちが、幽霊職員も含む議員付職員 ...

続きを読む »

《サンパウロ州バルエリ市》路上生活者4人が毒物で死亡=入院含む被害者は合計9人=「貰った飲み物分けた」と供述

 サンパウロ大都市圏バルエリで16日の朝、路上生活者ら4人が死亡する事件が起こった。毒物を飲んだことが死因と見られている。17、18日付現地各紙が報じた。  亡くなったのはエジソン・ダ・シウヴァ氏(40)、ルイス・ダ・シウヴァ氏(49)、マルロン・ゴンサウヴェス氏(39)、デニス・ダ・シウヴァ氏(33)の4人で、エジソン・ダ・シ ...

続きを読む »

BRICS会議=73項目の首脳宣言採択=南米言及せず、保護主義懸念

14日の会議で議長を務めるボウソナロ大統領(Alan Santos/PR)  【既報関連】ブラジリアで行われた、ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカの5カ国(BRICS)首脳会議は14日、73項目にわたる首脳宣言採択をもって閉幕したと14、15日付ブラジル国内紙、サイトが報じた。  世界経済が減速する中で採択された首脳宣言 ...

続きを読む »

《ブラジル》ルーラがペルナンブッコ州の音楽イベントに登場=大観衆前に釈放後の本音叫ぶ

 ルーラ元大統領は17日、ペルナンブッコ州の州都レシフェで行われた自身の音楽祭に出演。大観衆の歓声を浴びて、スピーチを行った。18日付現地紙が報じている。  この日のイベントは、「ルーラ・リーヴリ・フェスティバル」と銘打たれ、歴史的に同州の左派活動家が集まるノッサ・セニョーラ・ド・カルモ広場で行われた。イベントは、地元レシフェの ...

続きを読む »

U17W杯=若きセレソン逆転で優勝=メキシコ相手に2対1で勝つ

 17日にブラジリア近郊のガマで行われた男子サッカー17歳以下ワールドカップ(以下「U17W杯」)の決勝戦で、U17ブラジル代表がU17メキシコ代表を2対1で破り、同大会4回目の優勝を飾った。18日付現地各紙が報じている。  今回の決勝は、4度目の優勝を目指すブラジルと3度目の優勝を目指すメキシコが激突。前半は両者とも0対0で折 ...

続きを読む »

東西南北

 17日、ジウマール・メンデス最高裁判事の辞任もしくは罷免を求めるデモが行われた。これは、先週はじめからネットで話題になりはじめ、特に、ツイッター上では連日、数10万にのぼるハッシュタグが起こり、その数は世界有数の数に至った。このため、デモはさぞかし大きなものになると思われた。だが、いざ、蓋を開けて見ると、どこの会場も集まったの ...

続きを読む »

サンパウロ市カンブシ区=平野運平像また盗まれる=6月に没後100周年で再設置=市に盗難の真相を調査依頼

 第1回日本移民の通訳を務めた平野運平を顕彰して建てられた胸像は、幾度も盗難被害に遭った後、没後100周年を記念して今年6月に改めてサンパウロ市カンブシ区エスタード大通り沿いの平野運平広場に再建されていた。それが、再び盗まれていたことが今月判明した。  静岡県人会(原永門会長)と共に再建を主導した平野農村文化体育協会の山下薫ファ ...

続きを読む »