ホーム | 特集 | 2019年新年号 | あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます

呉屋文協会長

呉屋文協会長

 ニッケイ新聞読者の皆様、あけましておめでとうございます。
 旧年中はブラジル日本文化福祉協会およびブラジル日本移民110周年記念祭典委員会に対し、温かいご理解ご協力を頂き、誠にありがとうございました。
 昨年は、ブラジル日本移民110周年を記念する祭典がブラジル各地で開催され、先駆者のご尽力に深い敬意と感謝の意を表し、またそれを通してブラジル日系社会が一致団結を成し得た大変有意義な一年となりました。
 何より、皇室から眞子内親王殿下によるブラジルご訪問を賜りましたことが、ブラジル日本移民110周年記念祭典をより崇高で感動的なものへと高められた、大きな要因となりました。その中でも特に、移民の父とされる上塚周平植民地入植100周年記念式典へのご臨席、および皇室より初となるカフェランジアの平野植民地をご訪問下さいましたことは、ブラジル日系社会にとって大変意義深いことでございました。
 それ以外にも、リオ・デ・ジャネイロ、ロンドリーナ、ロランジア、マリンガ、カンピーナス、マリリア、ノロエステのリンスとアラサツーバ、そしてマナウス、ベレン、トメアスーにもお立ち寄り下さり、各地の慰霊碑の前で深々と頭を垂れて鎮魂の祈りを捧げられる眞子内親王殿下の真摯なお姿に、多くの人々が心を打たれました。
 ここサンパウロにおきましても、日本祭り会場での記念式典が盛会裏に挙行できましたことは、眞子内親王殿下のご臨席はもとより、皆様のご協力のお陰だと心から感謝しております。この場をお借りいたしまして、改めてお礼申し上げます。
 さて、今年2019年は亥の年にあたります。亥は12ある干支の最後、12番目の干支として「新たに始まる次のステージに向けた準備期間にあたる」と聞いています。文協といたしましても、亥の干支の意味にちなんで、次のブラジル日本移民120周年、130周年に向けての準備を始めたいと考えております。
 そのために昨年皆様にご協力頂いたリッファ(協力券)の購入、販売および寄附帳へのご賛同による収益金をもって、サンロッケ市の国士舘大学スポーツセンター(仮称:文協総合センター)をブラジル日本移民110周年記念の遺産として整備いたします。
 特に若い世代が楽しんでここを利用することによって、新しい出会いや活動の幅を広げ活性化する中に、次世代の日系社会を率いる若いリーダーも多く誕生することを期待しております。
 最後になりましたが、ニッケイ新聞読者のみなさまのご健勝と益々のご発展を心よりお祈りし、新年のご挨拶とさせていただきます。
 本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

ブラジル日本文化福祉協会

会長 呉屋 春美

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • リベルダーデの名の由来と人骨発見の関係2018年12月11日 リベルダーデの名の由来と人骨発見の関係  先週、「リベルダーデ区の建設現場から帝政時代の奴隷の人骨が発見された」とグローボTV局をはじめ、伯字メディアが盛んに報じた。ガルボン・ブエノ街の建物を取り崩し、商業ビルを建築するために地下を掘っていたら7体の人骨が出てきたという。  リベルダーデ(自由)広場の名前の […]
  • 劇団夢桟敷=舞台で蘇った「肥後もっこす」=上塚周平描く真迫の演技=笑いあり涙ありで観客熱狂2018年10月11日 劇団夢桟敷=舞台で蘇った「肥後もっこす」=上塚周平描く真迫の演技=笑いあり涙ありで観客熱狂  【既報関連】熊本市の劇団「夢桟敷」(坂本真理代表)による「移民の父」上塚周平の生涯を描いた演劇『万華鏡~百年物語』の公演が、今月6日、聖市の熊本県人会で催された。夢を抱えて海を渡った笠戸丸移民の失望、挫折、そして苦闘。移民事業の将来を一身に背負い、どん底に身を落として […]
  • 移民の父、上塚の生涯描く=演劇「万華鏡~百年物語」=劇団員16人来伯、6日から2018年9月28日 移民の父、上塚の生涯描く=演劇「万華鏡~百年物語」=劇団員16人来伯、6日から  【既報関連】熊本市の劇団夢桟敷(坂本真理代表)は、〃移民の父〃上塚周平の生涯を描いた演劇『万華鏡~百年物語』の公演を、10月6日午後3時から聖市熊本県人会ホール(Rua Guimaraes Passos, 142)、9日午後7時半からプロミッソン市劇場(Rua […]
  • 日系社会にとって2019年はどんな年か?2019年1月9日 日系社会にとって2019年はどんな年か?  日系社会にとって、2019年はどんな年になるのか?――ブラジルではボウソナロ新大統領が就任した一方、日本では平成の世が30周年を迎え、5月に改元するという大きな節目にある。  四世ビザ制度が軌道に乗れない中、34万人もの外国人労働者を受け入れる方向に日本政府は大きく […]
  • 9氏に在外公館長表彰=110周年で総領事館に協力=「受賞励み、もっと尽くしたい」2018年12月13日 9氏に在外公館長表彰=110周年で総領事館に協力=「受賞励み、もっと尽くしたい」  在聖総領事館(野口泰在聖総領事)は「平成30年度在外公館長表彰伝達式」を5日、総領事公邸で行った。今年はブラジル日本移民110周年に際して同館活動を支援し、また、長年に亘って日系社会の発展に貢献してきた9氏が栄誉に浴した。  同日午前11時、受賞者の一人である尺八奏 […]