ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 大統領就任の演説に際してさえも政敵叩きを行うという、国際的にも珍しい言動で国際的に話題となってしまったボウソナロ大統領。夫人の手話など、話題にも事欠かない就任式だったが、もうひとつ世間に注目されたのは、別名「カヴァーロ・ぺチスタ(労働者党の馬)」だ。それはボウソナロ夫婦が由緒あるオープンカーでブラジリアをパレード中、護衛の兵士が乗った白馬の内の一頭が車の方によろけて進行をさえぎる形になったことだ。冗談好きのブラジル人たちの間では、「馬にも反対勢力がいたのか」と、馬の行動がジョークになった。ただ、実際の反対勢力の力が果たして馬1頭程度で済むか。
     ◎
 大晦日から元旦に代わる「ヴィラーダ」の瞬間は、どこでも派手な花火で盛り上がった。サンパウロ州イタピーラでは、花火を見ていた6歳の男の子の額に打ち上げ花火の一部があたり、病院に運ばれて緊急手術を行う事態が起きたという。また、同州プレジデンテ・プルデンテでは、27歳の商人が年越しのフェスタ「レヴェイロン」で悪のりし過ぎ、38口径の銃を発砲して逮捕される一幕も。楽しむのは良いが、くれぐれも度は越さないように。
     ◎
 正月が真夏にあたるブラジルでは、この季節、南東部を中心に猛暑と豪雨がつきものだ。サンパウロ州では元旦に、カジャマールとサンターナ・デ・パルナイーバの両市で大雨が降り、冠水が起きて、道や家が水浸しになる事態となった。予報では、サンパウロ市では今日と明日、寒冷前線の影響で大雨が降るとか。雨自体は歓迎だが、くれぐれも水害が出るような事態は避けたいところ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2019年1月16日 東西南北  米国のトランプ大統領が14日、ボウソナロ大統領をほめた。トランプ氏はニュー・オーリーンズでの全米農業機構会議での演説で、「03年のブラジルとの貿易関係活性化以来、初めて、ブラジルに牛肉が売れた。あの国には今、いい大統領がいる。なんでもあの国の人々は彼を〃南米のトランプ〃と呼ん […]
  • 東西南北2019年1月12日 東西南北  11日、陸軍総司令官のエドゥアルド・ヴィラス・ボアス氏の退任式とエジソン・レアル・プジョル氏への引継式が行われた。ボアス氏は、まだジウマ政権だった2015年に陸軍総司令官に就任。ジウマ氏の大統領罷免後も、テメル政権を経て、ボウソナロ政権成立に至るまでの激動期に陸軍総司令官を務 […]
  • 東西南北2019年1月15日 東西南北  ボウソナロ大統領の長男でリオ州議のフラヴィオ氏(2月から上議)の「疑惑の職員」と騒がれている、ファブリシオ・デ・ケイロス氏はつい先日、癌の手術で入院していたサンパウロ市アルベルト・アインシュタイン病院を退院した。だが、その直後に、入院中に妻や娘たちと元気にサンバを踊っていた動 […]
  • 東西南北2019年1月10日 東西南北  サンパウロ市のブルーノ・コーヴァス市長が、何人かの局長の入れ替えを行った。その中で最も注目されているのは、エドゥアルド・アレッシャンドレ・シュナイデル氏に代わって新たに迎え入れられた、新教育局長のジョアン・クリ・ネット氏だ。クリ氏は、マルシオ・フランサ前サンパウロ州知事時代に […]
  • 東西南北2019年1月11日 東西南北  9日付本面で、ボウソナロ大統領が圧力をかけた形で、国立再生可能天然資源環境院(IBAMA)のスエリ・アラウージョ院長が辞任したという話を書いたが、そのIBAMAが9日、2012年に自然保護区で釣りを行ったことでボウソナロ大統領に課していた罰金1万レアルを帳消しにした。IBAM […]