ホーム | ブラジル国内ニュース | 《リオ》再びサッカー宿泊施設火災=バングーのユースチーム被害

《リオ》再びサッカー宿泊施設火災=バングーのユースチーム被害

 10人の犠牲者を出した8日のフラメンゴのトレーニング・センター火災からわずか3日後、同じリオ西部で、別のサッカー・クラブのユース選手が泊まっていた施設でも火災が発生した。こちらは惨事には至らなかった。12日付現地紙が報じている。
 火災現場は、カンポ・ドス・アフォンソスにある空軍スポーツ・コミッション(CDA)所有の宿泊施設。そこをリオ州選手権1部(全国選手権登録はなし)のクラブ「バングー」のU20(20歳以下)のユースチームの選手が利用していた際に起きた。
 このとき18歳の選手2人が寝ていたが、火災に気がつき、400メートル先にあった病院に避難した。幸いにして火は大きく広がらず、駆けつけた消防隊によって10分ほどで消火された。
 ジエゴ選手はすでに退院しているが、マテウス選手は、煙を大量に吸い込んでいたために入院治療を続けている。だが、程度は軽いという。このときに敷地内にいた他の5選手と従業員1人も手当てを受けている。
 火災の原因は現在調査中。これまでに集められた情報によると、宿泊施設の冷房機器から火花が散り、それが選手たちが使っていた毛布に飛び散った結果、火がついたという。
 フラメンゴの火事事故も冷房機器のショートが引き起こしたものだとされていた。
 今回、火災の起きたCDAの別の敷地には2016年リオ五輪の際の選手村があり、そこにはブラジルの体操代表が宿泊していた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年9月26日 東西南北  24日、イポッピによるボウソナロ政権への世論調査が発表され、「良い」が40%で「悪い」が29%と、政権発足後、最良の数字を記録した。ただ、「ボウソナロ大統領への信用度」は「信頼しない」が51%で、「信頼する」が46%だった。一方「悪い」と評価された分野は「失業対策」が60%、 […]
  • 東西南北2020年9月25日 東西南北  ダッタフォーリャが24日に発表したサンパウロ市市長選の世論調査によると、セウソ・ルッソマノ氏が29%でトップに立った。同氏は2012年、16年の市長選でもキャンペーン直前までトップで、そのときはいずれも31%あったという。だが、その両年共、同氏は3位に終わっている。現職のブル […]
  • 東西南北2020年9月24日 東西南北  米国のタイム誌が22日、「世界で最も影響力のある100人」に、ブラジルからはボウソナロ大統領とユーチューバーのフェリペ・ネットの2人を選んだ。ボウソナロ大統領といえば、今やトランプ大統領と並ぶ“世界的な政治家”。タイム誌が7、8年前に、ジウマ大統領を同様の企画で「進歩的な女性 […]
  • 東西南北2020年9月22日 東西南北  20日に行われた女子ビーチバレーの大会で3位に入った2人組のチームのひとり、カロル・ソルベルグがインタビュー中に突然、「フォラ(やめろ)、ボウソナロ」と大統領を批判する発言を行い、話題となった。ブラジル・バレーボール連盟(CBV)は、この発言に強い不快感を示した。同連盟は、公 […]
  • 東西南北2020年9月19日 東西南北  18日、ブラジルのネットはなつかしい写真で溢れた。それはこの日が、ブラジルでのテレビ本放送70週年記念日だったからだ。1950年、今はなきトゥピー局が放送を開始したのが最初となる。日本のNHKが本放送をはじめたのが1953年2月1日なので、それよりも2年半近く早かったことにな […]